【おしゃれ×かわいい】静電気除去ブレスレットおすすめ10選&手作りブレスレットの作り方解説

ふとした瞬間「バチッ」と襲ってくる静電気に地味にストレスを感じてませんか?

「どうしてこんなに静電気に悩まされなきゃいけないんだ~!」と叫び出したくなってるあなたに、おすすめのアイテムが今回紹介する「静電気除去ブレスレット」です。

でも「本当に効果あるの?」「どこで買えばいいの?」と中々購入できない方も多い様子。メジャーなアイテムでない分、疑心暗鬼になってしまう方が多いのも仕方がありません…。

今回、ネットで購入できるおすすめの静電気除去ブレスレットを、男女別に紹介するのでぜひチェックしてみてください。

また、「静電気除去ブレスレット」実は手作りも可能です。記事後半で作り方も紹介しますので最後までしっかりチェックしていってくださいね!

静電気はうんざり…常につけていられる「ブレスレット」がおすすめ

静電気対策グッズは色々ありますが、今回は「ブレスレット」を紹介します。というのも、ブレスレットなら常に身に着けておくことができ、24時間静電気対策ができるためです。

また、「静電気対策と気づかれないおしゃれなアイテム」が非常に多く、静電気除去グッズの中でも「おばさんくささ」を気にせず抵抗なく使えるアイテムが多いためでもあります。

では、早速静電気除去ブレスレットを紹介していきましょう。

おしゃれを邪魔しない&かわいい静電気除去ブレスレット5選

まずは、女性向けのおしゃれな静電気除去ブレスレットをご紹介していきます。

コジット 静電気対策レザーブレスレット グレージュ

おすすめ度 ★★★★★
素材 本体:牛革、パーツ:合金、裏地:ポリエステル
ブレスレットの長さ 幅0.9cm、長さ24cm
メーカー・ブランド コジット
価格 600円

シンプル×簡単につけられる

「コジット レザーブレスレット」は一見、本当に「ただの」レザーブレスレットに見えるシンプルなデザインが魅力。

ですが魅力は見た目だけではなく、内側にも隠されています。まず、隠しゴム仕様でバックルを外すことなく簡単に着脱が可能な点。

次に、ブレスレットの内側に帯電防止効果のある生地を使用しており、紐状のものよりも肌に触れる範囲が広く、静電気防止をより期待できる点です。

価格も安いため、静電気除去ブレスレットがどんなものか試してみたいという方はまず「コジット レザーブレスレット」を使用してみるのがおすすめです。

ELEBLO(エレブロ)静電気抑止 スターチャームブレス

おすすめ度 ★★★★★
素材 ポリエステル70%、ステンレス糸7%、レーヨン23%
ブレスレットの長さ 約14~19cm
メーカー・ブランド SHF(サンハーティネス) ELEBLO
価格 1,180円

華奢なデザイン×星がかわいい

「スターチャームブレス」は華奢なデザインで、「静電気対策」ではなく「おしゃれとしてブレスレットをつけたい」という方にもおすすめのブレスレットです。

デザインを邪魔しない様、紐の部分に静電気除去繊維(ステンレス糸)を混ぜているため、静電気除去効果も◎。

ちょっとしたプレゼントにも喜ばれる静電気除去ブレスレットです。

ELEBLO レースブレス

おすすめ度 ★★★★★
素材 本体:真鍮、ポリエステル、ABS樹脂、ナイロン
ブレスレットの長さ 約14~19cm
メーカー・ブランド SHF(サンハーティネス) ELEBLO
価格 1,296円

レース編み×ハートの甘いデザイン

「ELEBLO レースブレス」はレース編みのブレスレットとハートモチーフのストーンをあしらったブレスレットとの2本セット。

静電気を除去する効果があるのは、金糸とレースブレスの内側に貼られたテープ(静電気除去テープ「放電君」)なので2本のブレスレットどちらにも効果が期待できます。

重ね付けのほうが効果は実感しやすいのですが、静電気が気にならない季節は1つで使用してもOKと1年中楽しめるデザインが魅力です。

ヒロインスタイル 静電気除去ブレス モコモコ

おすすめ度 ★★★★★
素材 ウーリーナイロン糸、導電性繊維
ブレスレットの長さ 内径約5.5cm
メーカー・ブランド ヒロインスタイル
価格 240円

低価格&金属アレルギーの方にうれしい

「静電気除去ブレス モコモコ」は静電気除去素材のウーリーナイロン糸のみを使用したブレスレットです。

1本240円と低価格なので、コストを抑えたい方におすすめ。また、飾りなども付いていないため、金属アレルギーの方や運動中につけておきたいという方にもおすすめです。

カラーは4色(パープル、ピンク、ブラウン、ブラック)からお好みに合わせて選べるため、男性もお使いいただけます。

静電気除去 華奢 魅せブレスレット

おすすめ度 ★★★★★
素材 ポリエステル、真鍮
ブレスレットの長さ 14~19cm
メーカー・ブランド 松栄興業
価格 1,490円

チェーンタイプで調整可能

「華奢魅せブレスレット」は静電気除去効果のある糸を縫い糸として使用したブレスレットです。

チェーンで調節ができるタイプですので、「手首が太めでブレスレット似合わない…」と思っている方にもぜひ使っていただきたいタイプ。

カラーはオレンジ、グリーン、ネイビーの3色から選べます、大人っぽいデザインなので、普段使いにもビジネスシーンにも使いやすいと評判です。

男性にもおすすめ!実用的&職場でもOKな静電気除去ブレスレット5選

続いて、男性向けにおすすめの静電気除去ブレスレットを5つご紹介します。

Nindo メンズブレスレット

おすすめ度 ★★★★★
素材 チタン・ゲルマニウム
ブレスレットの長さ 幅1.2cm・長さ22cm(サイズ調整可能)
メーカー・ブランド Nindo(ニンドー)
価格 2,299円

静電気除去もできる磁気ブレスレット

男性には静電気除去とともに、血行促進やコリ・痛みの改善効果などが期待できる磁気ブレスレットがおすすめです。

実は静電気は疲れがたまっている時や体調が悪い時などにも起こりやすいともいわれているため、抗疲労や体調を整えてくれる効果が期待できるブレスレットは特に効果を実感しやすいアイテムといえます。

また、重厚感があり、男性がつけていても違和感のない男っぽいデザインで、黒を基調としているため、スーツに合わせても自然となじんでくれますよ。

Next Step 静電気除去 ブレスレット

おすすめ度 ★★★☆☆
素材 チタン・ゲルマニウム
ブレスレットの長さ 18.5cm、20.5cm(2サイズ)
メーカー・ブランド Next Step
価格 1,480円

スポーツをするときにも付けやすいデザイン

「Next Step 静電気除去ブレスレット」はゲルマニウム(血行の改善、コリ緩和)も使用した健康アクセサリーでもあります。

また、チタン製であることから変色しにくく、お手入れが簡単です。金属アレルギーにもなりにくいため、肌が弱いという方でも比較的使いやすい金属です。

レッド、ブラック、ホワイト、ブラウンの全4色があり、男性だけではなく、女性にも人気のブレスレットです。

コランコラン Sガード フィタ

おすすめ度 ★★★★★
素材 導電繊維
ブレスレットの長さ S(16.5cm)・M(18.5cm)・L(20.5cm)
メーカー・ブランド コランコラン(COLANCOLAN)
価格 2,160円

サイズ&カラー展開が非常に豊富

「コランコラン Sガード フィタ」は天然ゴム繊維と一緒に導電繊維を一緒に編み込んだ静電気除去ブレスレットです。

導電繊維は肌に触れる面積が大きいほど静電気を逃がしやすくなるという特徴があるため、導電繊維が肌に振れやすくなるよう改良が重ねられ、効果がしっかり見込めるアイテムです。

また、おすすめする理由はカラー展開の豊富さやサイズが充実していることもあげられます。カラーは組み合わせにより全18タイプから選ぶことができ、カラーで雰囲気もガラッと変わるので、女性人気も高いブレスレットです。

okuda-belt ブレスレット

おすすめ度 ★★★★★
素材 ベジタブルタンニンなめし牛革
ブレスレットの長さ 約41cm
メーカー・ブランド okuda-belt
価格 2,400円

豊富なカラーで個性を出しやすい

「okuda-belt レザーブレスレット」は、ステッチの下糸に導電性繊維糸を使用しています。
レザーのカラーも豊富ですがステッチの糸のカラーも豊富なので、自分の好みの1本を見つけることができます。

また穴なしのベルトなので、サイズを気にせず使用できるのも魅力の1つ。レザーブレスレットでおしゃれを気にしつつ、静電気除去ができる人気の逸品です。

Pasiro ゲルマニウム ブレスレット

おすすめ度 ★★★★★
素材 ゲルマニウム、ハマタイト、タングステン
ブレスレットの長さ 幅10mm、長さ20cm、
メーカー・ブランド Pasiro
価格 3,980円

強い金属でいつまでもキレイ

「Pasiro ゲルマニウム ブレスレット」は丈夫なタングステン製のブレスレットです。

タングステンはダイヤモンドにも匹敵する硬さで、さびにくく、変色しない金属。また、アレルギーが起こりにくい素材であることも知られています。

ゲルマニウム4個、ヘマタイト6個ついており、静電気除去の他、睡眠改善、肩こり解消、血行促進などの効果を期待できます。

静電気除去ブレスレットは手作りもできる!

ところで、静電気除去ブレスレット「手作りはできないの?」という疑問をお持ちの方もいると思います。

答えは「できます。」商品紹介でも何度が登場していますが、「導電性繊維」を用意すれば簡単に作ることができます。詳しく見ていきましょう。

絶対必要な材料は「導電性繊維」

市販で購入できる導電性繊維は以下の2つがあります。

ポイント
  • ハマナカ「ウォーミィ(毛糸)」
  • フジックスの「せいでん(ミシン糸)」

ハマナカには「組ひもサンダーロン」という導電性繊維も販売されているようですが、現在(2019年4月)通販サイトなどでも取り扱いがないようなので、確実に手に入るのは「ウォーミィ」か「せいでん」のどちらかです。

また、ユザワヤなどの手芸店を回ってみましたが、店頭に置いてる店舗は非常に少ない様子。ネットで購入するのがおすすめです。

また、どちらを使っても問題ないですが、「ウォーミィ」は時期によっては売り切れが多いため、冬になり静電気が本格化する前に早めの購入をおすすめします。

導電性繊維を用意したら、あとは、ミサンガなどを作るときと一緒。飾りをつけたい場合はチャームやパワーストーン、ビーズなどを用意すれば準備OKです。

今回は、フジックスの「せいでん」を使用しミサンガを作っていきます!

静電気ブレスレットの作り方

今回フジックスの「せいでん(ミシン糸)」を実際に購入し、ミサンガを作ってみました!今回私が作った手順をご紹介します。

1.糸を用意します。

手首の長さ+30cmにカットし、同じものを6本用意し、端を結びます。


2本ずつで3束に分けます。今回は細いミサンガを作りましたが、糸を増やせばその分太くできます。

2.右2本で編みます。

まず、3つに分けた右2束を使用します。一番右の糸を真ん中の糸の下に通します。真ん中の糸を下にグッと引っ張っておくとわかりやすいですよ。





真ん中の糸は下に、右の糸は左上に引っ張ります。基本的に後は同じことの繰り返しです。


左上に引っ張った糸と下に引っ張った糸(軸糸)で同じことをもう一度繰り返します。軸糸はまっすぐ引っ張ったまま、輪っかを作り穴に先を通し、左上に引き上げます。

1本の糸で2回編み、次の糸に移っていきましょう。

3.左2本で編みます


さっき編んでた糸(真ん中になった糸)と左の糸を同じように編みます。2本のうちの右の糸を左の糸(軸糸)の下に通して、輪っかを作り先を穴に通します。



左に糸の先を移動し、軸糸は下に、編んでる糸は左上に引き上げます。


先ほどと同じように2回繰り返しましょう。

4.右から左へ繰り返し編んでいきます。

元々一番右にあった糸が、一番左に行くまで編んだら、一番右になった糸を使って同じように編んでいきます。

5.余裕があればチャームなど飾りをつけましょう。

今回いい感じのチャームがなかったので、小さいビーズを通してみました。

6.手首にまける長さになるまで編んでいけば完成!

慣れれば30分ほどで出来上がります。

導電性繊維が肌に触れている面積が広いほど効果が期待できるようなので、今回はせいでんのみ使用して編みましたが、カラフルな刺繍糸を使って編めば可愛いミサンガも作れます。

次回は糸の本数を増やして太くしたいなぁと思ってます。

編み方が今回紹介した画像と逆ですが、参考までに動画も観てみるとわかりやすいと思います。

不器用だけど市販品にも好みのものがない時は…「ハンドメイド」を買う!


参照元:https://www.creema.jp/item/6910180/detail

不器用でとてもじゃないけど手作りなんて無理。という方は、ハンドメイドのアイテムを購入するのもおすすめです。

「creema」や「minne」などのハンドメイトサイトでは導電性繊維を使用した静電気除去グッズも多く出品されていますので、ぜひ自分好みのアイテムを探してみてください。

ハンドメイド・手作り・クラフト作品 のおすすめ人気通販|Creema(クリーマ) ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト

静電気を起こしやすくなる時があるって知ってた?

静電気除去ブレスレットを使っていても、中々効果を実感できていないという時、実は、疲労や寝不足を回復・解消すればびっくりするくらい静電気が収まることがあります。

理由は「放電」ができているかどうかに関係しています。

疲れているときや寝不足の時は注意する!

静電気は、衣服などに使用される合成繊維の「摩擦や剥離(はくり)」などが原因で起こりますが、疲労がたまっているとき、寝不足の時は静電気が「たまりやすく」なります。

また、冷え性や肩こり、乾燥肌でお悩みの人も同じく「帯電体質」になってしまっている可能性があります。

実は私たちの体の表面は常に電気を帯びおり、うまく放電(コロナ放電)できるかどうかが大切です。(コロナ放電できない人=「帯電体質」です)

帯電体質の方は、新陳代謝の悪い人に多いです。

仕組みとしては、代謝が悪い⇒血液が濁り酸化する⇒体内のイオンバランスが崩れる⇒マイナスイオンが不足する⇒マイナスイオンを取り戻そうと電気を呼び寄せるという流れ。

普段は静電気を起こしにくくても、健康状態やストレスで帯電体質になってしまうことがあるので疲労がたまっている、寝不足だと感じる場合は、早めに改善するように努力しましょう。

その場でできる3つの静電気対策で回避!

ただ、寝不足や疲労が原因と気づいてもすぐに解消するのが難しいですよね。続いては、その場でできる、静電気対策を3つほどご紹介します。

その場でできる静電気対策"]

  • 車の乗り降りの際は、窓ガラスやボディの金属以外の部分に触る
  • ドアノブに触れる前に、自分の息で手を湿らせる
  • 金属で金属に触れる

まずは、何かに触れる際に金属系以外の素材に触れましょう。壁や木、土、コンクリートなどです。

金属は急激に放電するため痛みを伴いますが、金属以外のものはゆっくり放電するため、バチっと痛みを伴う静電気は回避できます。

静電気は乾燥していると発生しやすいという傾向があるため、触れるものがない場合は、自分の息を手に吹きかけ一時的でも湿らせるというのも有効な手段です。

また、鍵(金属)でドアノブ(金属)に触れるのも金属部分から放電できるため、バチっという痛みを回避することができます。

本当にすぐできるような簡単な対処法ばかりなので、バチっと来そうなときにはぜひ実践してみてください。

静電気のストレスから解放されよう

今回は、静電気除去ブレスレットについてご紹介してきました。

静電気除去ブレスレットというと、「おばさんくさい」というイメージもあるかと思いますが、おしゃれなデザインのものも増え、日常的に使いたいデザインのアイテムも非常に多くあります。

静電気除去ブレスレットがあるだけで、ストレスや痛みから解放されますよ。静電気で悩まされているなら、ぜひ手に取ってみてください。