アルガンオイルのおすすめメーカーランキング!美人度があがる人気商品を徹底比較

ホホバオイルやココナッツオイルなど、スキンケアで活躍する話題のオイルは数々ありますが、中でもアルガンオイル(ARオイル)の効能はずば抜けています。

抗酸化作用のあるアルガンオイルは、紫外線予防効果もある事から美容オイルとして肌や髪にも使いやすく、ベタつかず馴染みやすいオイルとして私たちの生活に浸透してきました。

アルガンオイルの使い方や効能・効果。そして今すぐ使いたいアルガンオイルメーカーなど、知りたい!をたっぷり紹介します。

アルガンオイルはどんな植物オイル?

アルガンオイル1
アルガンオイルの原料である、アルガンツリーは原産地であるモロッコでは「モロッコの黄金」特徴称されて古来から珍重されています。50mlを抽出する為には、種を200個必要するというのですから、希少価値が高いオイルであることがわかります。

素晴らしい抗酸化力を持っている

地中海に面したモロッコは北アフリカに位置しますが、ヨーロッパ文化が古くから栄えた事からお洒落で都会的な土地です。この熱帯地方に自生するアルガンツリーの実には、他の植物オイルにはない大きな特徴があります。それは高い抗酸化力!

アルガンオイルは、シミの原因になるチロシナーゼ等の働きそのものを抑制し、メラニンが生成されないようにしてくれます。一般的に、オイルをぬると「オイル焼けする」と言われデイリーケアには避ける事が多いのですが、アルガンオイルにはメラニン抑制効果があるために皮皮膚や髪の美容オイル・頭皮のマッサージとしても注目されています。

保湿力の高さが素晴らしい!アンチエイジングには欠かせないオイル

1日中日差しが照りつけるモロッコにあり、雨が降らなくても枯れることがないアルガンツリーは保水力があり生命力に溢れています。そのアルガンツリーから抽出したアルガンオイルは、私達の皮脂と構造がよく似ているので馴染みやすい特性をもっています。

肌の弾力は、角質層の内部の細胞間にヒアルロン酸やコラーゲン・エステラチンと共に油分がそれを包みこんでいるから保たれます。化粧水を馴染ませる前にアルガンオイルを肌に浸透させると、化粧水で与えられた水分をしっかり抱えて逃げ出さないようにしてくれるのです。

特に年齢肌による皮脂不足をカバーしながら、水分の蒸発を防ぐのでアンチエイジングには欠かせない万能オイルとなりました。

肌のターンオーバーを促進する再生パワー

抗酸化力のあるビタミンE、リノール酸・リノレン酸が非常に豊富で、肌に浸透するとターンオーバーを活発にして肌の再生力を高めてくれます。

美容に良いオイルはたくさん・・・アルガンオイルと他のオイルと何が違うの?

オイル
ココナッツオイルやオリーブオイルなど、食用・スキンケアと幅広く活躍するオイルはメディアも注目です。どれもオーガニックな植物油で人気がありますが、アルガンオイルと「何が違うんだろう」と考えた事はありませんか?

植物オイルはその用途や使いやすさで、自分のライフスタイルに合わせて選びたいもの。アルガンオイルと使い分けるためにもその違いを把握しておきましょう。

植物オイルの定番 オリーブオイル

コスパの高さでは、オリーブオイルに優るものはありません。加熱料理からサラダのドレッシングだけでなく、スキンケア用品としても話題です。香りに癖がないので「どんな人にも使いやすい」のがポイント。

エキストラバージンオイルは、ドレッシングのようにそのまま使ったり、ヘアケア向きのオイル。ピュアオイルは加熱に向いたオイルで使い分けをする事で美容や健康をサポートします。

動脈効果や心筋梗塞予防やアンチエイジングなど多様な効果が期待でき、コスパの高さで日本では一番売れている植物オイルでしょう。

人気急上昇中のココナッツオイル

機能性食品でもあり栄養価が高いことで、何時ものオイルの代用をする人も増えています。加熱しても、サラダのドレッシングとしても使える手軽さや、ダイエットの友としても人気が高まっています。

バター代わりやコーヒーに入れたりと、おやつ感覚で口にできるのも魅力。海外セレブが火付け役となり、爆発的な人気になりました。スキンケア用、食用のココナッツオイルがあり、簡単に手に入れることができるようになったことで年々需要が増えています。

マッサージや手作りスキンケアで活躍!ホホバオイル

アロママッサージでは定番のオイルで、手作り化粧品でもよく使われます。ホホバの種から抽出されたオイルで、ステアリン酸を豊富にふくんでいます。

保湿や抗炎症・殺菌作用がありニキビ肌にも使えるサッパリしたオイル。紫外線を防止する作用もあるのでデイリーに使いやすいです。酸化しにくい特徴もあるので、石鹸やシャンプーにも配合されます。

アンチエイジング効果が抜群のアルガンオイル

どれも美容や健康に高い効能がありますが、抗酸化物質の多さはアルガンが抜きん出ています。特に年齢肌の改善や、乾燥肌の改善には肌のターンオーバーを促進する万能オイルです。

安心して使うためのアルガンオイルの選び方

アルガンオイル2
たくさんあるアルガンオイルですが、それぞれに個性があります。その中から自分に合うものをどう見つければよいのか迷うでしょう。そこでアルガンオイルのどこを見れば良いのか、どんなポイントをチェックすべきかを紹介します。

品質をしっかりチェック

アルガンオイルは、モロッコでも「ベルベル人の家庭内」で使われていたもの。伝統的なオイルの効能に世界中が注目し日本にも広まってきました。アルガンツリー森林公園は、ユネスコ生物園保護区に指定されているように、環境資源としても大切な樹木です。

貴重であるからこそ、アルガンオイルメーカーは社会貢献の1つとしてアルガンツリーの保護をしているところが多いです。このようなメーカーは高品質なオイルを生産し、地域社会への還元している事が多いので品質と共に、メーカーがどのような活動をしているかもチェックしましょう。

オーガニック認証を受けているのか

品質の基準の1つに、オーガニック認証があります。アルガンオイルの認証機関は日本にはありませんので、エコサートやコスメビオなどの認証があるかをチェックしてください。

アルガンオイルの抽出方法もチェック!

オイルは加熱した方が抽出は早く、コスパも良いのですが質の高いオイルを抽出できるのは低温圧搾法(コールドプレス法)です。少量しか抽出はできませんが、栄養素をそのままオイルに詰め込むことができるので高品質です。化粧品用に使うオイルなら、特に抽出方法もチェックしましょう。

価格もチェックすること

使うのであれば気になるのはコスパでしょう。アルガンツリーから実が収穫できるのは夏場だけ。それ樹木から落ちたものしか収穫することはできません。希少価値のある実から抽出することや、人気の高まりから粗悪品も出回るようになりました。

添加物を混ぜて見た目を良くしたり、高温抽出で大量生産したものは酸化しやすい粗悪品です。本物のアルガンオイルは、黄金色でサラッとしたテクスチャ。肌にのせるとすぐに浸透するので、ベタつきがまったくありません。

商品を手にしてはじめて「粗悪品だった」とガッカリする人も多いのも事実。極端に安いものに飛び付かず、成分や効果に容量のバランスが良いかもよく見てください。

アルガンオイルを使ってできること

女性スキンケア
全身に使えるアルガンオイルは、使いやすくベタつかないのが一番の特徴です。せっかく使うのなら効果的に利用したいものです。

スキンケアオイルとして使う

アンチエイジング効果が高い事から、マッサージオイルとして使う人もいるようですが、洗顔した後にアルガンオイルのばしてホットタオルでオイルパックをしてみましょう。

じっくり肌に馴染ませると、ふっくらした土台の肌が作れます。その後に化粧水をパッティングすると吸い込むように水分が入り込みます。初めてなら、手持ちの乳液や美容液に混ぜると使いやすいです。

乾燥が強い冬場や紫外線で疲れた肌は、最後のクリームにアルガンオイルをプラスしてさらに保湿してみましょう。ハンドケアに、アルガンオイルをそのまま塗り込んだりハンドクリームに混ぜても見違えるように肌が蘇ります。

ヘアケアに使って美髪

タオルドライした後に、傷みや乾燥が気になる毛先を中心に馴染ませドライヤーでよく乾かしてください。ブラッシング前にさらに馴染ませると髪をコーティングし艶と潤いを与えますし、頭皮マッサージをしてからシャンプーすると、抜け毛予防や毛穴の汚れを落として美髪アップ効果もあります。浸透性が非常に高いオイルですから、使ってすぐに効果効能を感じることができるのは魅力です。

ボディケアにも使えます

バスオイルに使う人もいますが、おすすめはアルガンオイルにアロマオイルを混ぜてのマッサージ。とくに浮腫みやすい脚のマッサージに使うのがおすすめです。赤ちゃんのマッサージオイルにも使えますので、親子でボディケアも素敵です。

食事でも使いたいアルガンオイル

食用のアルガンオイルは、焙煎(ロースト)抽出したもので、ナッツの香りが特徴的。百貨店や専門店、ネットショップで手に入れられます。スキンケア用のアルガンオイルは苦味があり、サラダのドレッシングには不向き。食用とスキンケア用は分けて利用してください。

おすすめ食用アルガンオイル ベスト5

食事風景

三ツ星フレンチレストランでも利用される食用アルガンオイルにも、抗酸化作用のある栄養がたっぷり含まれています。体の中から美しく、アンチエイジングしたい人は、特別な日にアルガンオイルで料理してみてはいかがでしょうか。

 

第5位 アルガン デ モガドール エクストラバージン アルガンオイル

アルガン デ モガドール

  • 認証機関:有機JIS
  • 抽出方法:低温圧搾法

 

透明感のある美しいオイル

黄金色のエクストラヴァージンオイルは セレブ達も夢中になるフレッシュな風味が魅力のオイル。Qualite-FranceSASのオーガニック認証を受けたノンローストタイプは、ドレッシングやスキンケアオイルとして使うなど用途の幅が広く人気。加熱調理には、ローストタイプもあるので使い分けてみましょう。

ローストしてから低温圧搾したピュアアルガンオイルで、香ばしい風味が魅力です。サラダにドレッシングとして利用したり、そのまま飲っむ事もできるくらいに口当たりが素晴らしいです。

酸化に強いオイルですが、加熱すると栄養価が落ちるのであえ物やバターの代わりにパンに塗って食べるなどがおすすめ。アンチエイジングには小さじ1、健康効果を高めたいのであれば大さじ1を毎日飲むと良いそうです。

 

第4位 ZITARGANE エキストラバージン ピュアアルガンオイル100% ノンローストタイプ

ZITARGANE

  • 認証機関:Qualite-France SAS
  • 抽出方法:低温圧搾法

 

使いやすさが人気

Qualite-FranceSASの基準をクリアした原料を使ったピュアオイル。コスパの良さから、食用だけでなくスキンケアオイルとして利用している人が多いのようです。

香りは濃厚で、アルガンオイル特有のナッツ感を食卓で楽しみたい人におすすめです。アルガンオイルの中では、少し重い感じはするので好みは分かれるかもしれません。

 

第3位 エミール ノエル オーガニック ヴァージン アルガンオイル

  • 認証機関:有機JIS
  • 抽出方法:低温圧搾法

 

パリの香りを楽しめる

フランスではオーガニックオイルを扱う会社として有名。世界中のオーガニック植物でオイルを生産しています。厳しい管理基準をクリアしたオイルだけが市場に出回るので価格もワンランク上。

酸味がほどんどなくなめらかですが、ナッツの風味はしっかりあり、アイスやヨーグルトにかけるとその香りを引き立て旨味が際立ちます。

 

第2位 ポドル アルガンオイル

ポドル

  • 認証機関:ACO(Australia Certificate Organic)
  • 抽出方法:低温圧搾法

 

高級レストランでも使用

3つ星レストランジェフ御用達のブランドで、オイルメーカーの老舗。ヨーロッパEUオーガニック認証を受けたオイルで、コクと甘味があります。ヨーロッパではアイスやヨーグルトにかけて楽しむ事が多く風味づけに料理にかけて食べる事もあるようです。

一度食べると病みつきになる、豊かな風味と旨味。ついつい食べ過ぎてしまいますが、1日大さじ1で健康に美容にも効果がありますので本物のアルガンオイルを堪能してください。

 

第1位 BIOPLANETEヴァージンアルガンオイル

BIOPLANETE

  • 認証機関:有機JIS
  • 抽出方法:低温圧搾法

オイル感がなくてスッキリ

オイルメーカーとしてはヨーロッパのトップクラスのBIO PLANETE(ビオプラネット) 。ヴァージンココナッツオイルでも有名で、オイルなのにサラサラしており雑味がないのが特徴。

40℃以下のコールドプレス法で抽出した一番絞りのオイルを、3Dフィルターでろ過してから更にろ過を繰り返す丁寧な行程で雑味がなく癖のないまっさらなオイルを作り出します。

スキンケアに使いたいアルガンオイルベスト15選

女性なら気になるアンチエイジングにアルガンオイルを使うことが多いのですが、ボディオイルとして使うとまた違った魅力を発見することができます。化粧用にアルガンオイルを使うなら、「本当にオイル?」と驚いてしまうほどのサラサラ感があるものが使いやすいです。

 

第15位 無印良品 アルガンオイル

  • 認証機関:記載なし
  • 抽出方法:低温圧搾法

 

安定した人気の無印良品

スキンケア用品も安くて品質が高いと人気の無印良品。ピュアオイルも手頃な値段で手に入る事から利用者も多いようです。ホハバオイルやスクワランオイル、スウィートアーモンドオイルなども揃っているので、使って比較しても良いでしょう。

シンプルなボトルは、生活用品の中に溶け込みやすい為に「飾らない自分」でいたい現代女性にピッタリ!「初めて使うなら無印で」の人も多く、日本人のための安定したブランドです。

第14位 エトヴォス アルガンオイル

  • 認証機関:EU認証
  • 抽出方法:記載なし

乾燥肌におすすめのアルガンオイル

モロッコ王立認定農園のアルガンツリーの実から抽出されたオイルで、鮮度の高さはピカ一。希少価値のあるアルガンオイルの中でも、品質の高さが際立ちます。

それだけに高額なオイルですが「本当にオイル?」とビックリするくらいにサラサラでベタつきません。乾燥肌やアトピー肌でも安心して使える完全無添加オイルです。

第13位 アルガンドール コスメティックオイル

  • 認証機関:ECOCERT
  • 抽出方法:手搾り抽出

伝統的な製法で抽出

古来からの製法、石臼で実を絞り抽出したオイルを、アルガンドール研究所により品質検査を受けて瓶につめられます。濃厚で伸びが非常に良いので、コスパ面でも優秀。

20ml、50mlの2サイズが用意されていますので、使う部位で選らべるのもポイントです。アットコスメ店や、スパ・サロンでも使用されている品質確かなオイルで美肌体験してみませんか?

第12位 オブ アルガンオイル 0-FR

  • 認証機関:ECOCERT
  • 抽出方法:記載なし

香り付きのアルガンオイルもあります

フランキンセンスが香るアルガンオイルは0-FR、爽やかなベルガモットの香りを楽しめるアルガンオイル0-BEも人気があります。アルガンオイルに精油をブレンドしたオイルが特徴的。

自分でブレンドする必要がないので、マッサージオイルとして使いたい人は香り付きがおすすめです。シャンプーやヘアオイル・ミルクなども揃っているブランドですのでライン使いもやってみたくなります。

無香タイプのアルガンオイル0-FRは、アルガンオイル特有のにおいがないので「アルガンオイルのにおいが気になる」人も安心。好きな精油をブレンドして色んな使いかたをしてみましょう。

第11位 ビオオイル アルガンオイル

ビオオイル アルガンオイル

  • 認証機関:ECOCERT
  • 抽出方法:低温圧搾法

フランスのオーガニック化粧品ブランド

フランスでは有名なオーガニック化粧品のブランド。メルヴィータ専用農地でアルガンツリーを栽培しており、完全無添加のアルガンオイルを販売しています。

洗顔後のブースターとして、ベストコスメアワードの入賞経験もあり。ロールオンタイプの携帯サイズもあり、使う女性のライフスタイルに合わせたラインナップが揃っているのも魅力。

第10位 ローズ ド マラケシュ アルガンオイル

ローズ ド マラケシュ

  • 認証機関:記載なし
  • 抽出方法:コールドプレス製法(低温圧搾法)

ローズ ド マラケシュ アルガンオイルの特徴

  • オイルはスポイトで取り出し
  • ダマスクローズの香りが気持ちいい
  • 遮光ビン入りでとても安心

ローズ ド マラケシュ アルガンオイルはこんな人におすすめ

  • 手持ちのスキンケアと混ぜて使いたい
  • 徹底したオーガニックオイル
  • 香りが良いものが欲しい

オリーブオイルの7倍の美肌成分が含まれる、ローズ ド マラケシュのアルガンオイル。スポイトでオイルを取り出せるので、衛生面にも優れています。

女性雑誌にも紹介され、一気に認知されるようになりました。日本製の搾油機をモロッコ工場に設置し、濃密なピュアオイルを抽出しているのも独特な方法です。無鉱物油、防腐剤不使用、モロッコ美容の伝統的な原料のアルガンオイルです。

第9位 レミオ オーガニックアルガンオイル

レミオ

  • 認証機関:ECOCERT(エコサート)・USDA・AGRICULTURE BIOLOGIQUE
  • 抽出方法:コールドプレス製法(低温圧搾法)

レミオ オーガニックアルガンオイルの特徴

  • モロッコの伝統が生んだアルガンオイル
  • 多くのオーガニック認証を受けている
  • オイル抽出なでは伝統的な手作業

レミオ オーガニックアルガンオイルはこんな人におすすめ

  • オーガニックで高品質
  • 毎日のケアで美肌になりたい
  • 全身のケアに安心して使いたい

モロッコのベルベル族のオーナーと直接契約し、新鮮なアルガンツリーの実をコールドプロセス法で圧搾しています。多層式カーボンフィルターでろ過されたアルガンオイルは、不純物のまったくないクリアなオイル。香りがよく、肌がしっとりすると好評です。

オーガニックと簡単に言うことはできますが、世界的な認証を受けていることで消費者が安心して手に取ることができるはず。その企業努力もあってのオーガニックアルガンオイルであることも使っていただければ納得できます。

第6位 THE GOAT アルガンオイル

  • 認証機関:ECOCERT
  • 抽出方法:コールドプレス製法(低温圧搾法)
  • 年齢肌を考えたアンチエイジングオイル
  • ECOCERT認定の高品質オイル
  • べたつきがなく使いやすい
  • 子供と一緒に使いたい
  • 最近肌の元気がなくなってきた
  • 乾燥が酷く困っている

添加物フリーの100%ピュアオーガニックオイルなので、敏感肌・乾燥肌や赤ちゃんも安心して使えます。オーガニックの世界基準である、「ECOCERT」認定ですから、万が一口に入れても安心です。アンチエイジング化粧品にこだわるGOATだからこそ、年齢肌の悩みをかかえた人に使っていただきたいですね。

第5位 リュミエールブラン グラース

  • 認証機関:ACO
  • 抽出方法:コールドプレス製法(低温圧搾法)
  • 遮光ビンを使い酸化防止
  • 伸びにすぐれたオイル
  • 100%アルガンオイルで必須脂肪酸が豊富
  • 最高のオーガニックオイルを使いたい
  • タレントも使っているなら信頼できそう
  • 肌にも髪にも使いやすいものが欲しい

アルガンオイルと一口にいっても、メーカーによってオイルの色や粘度も微妙に異なるのが特徴です。乾燥肌には、少し重めのオイルの方が肌のしっとり感はありますが、オイリー肌の人はサラッとしたオイルの方が使いやすいもの。

リュミエールブラン グラースはその中間に位置するオイルなので、どんな肌質の人も使いやすいと感じるはず。タレントにも愛用者が多いので「身近に感じる」アルガンオイルかもしれません。

第4位 コディナ CODINA アルガンオイル

  • 認証機関:ナチュール・エ・プログレ
  • 抽出方法:独自の低温圧搾法

コディナ CODINA アルガンオイルの特徴 

  • 伝統的な製法によりアルガンオイル本来の香りがある
  • 純度の高い未精製オイル
  • 浸透性が高いサラッとしたオイル

コディナ CODINA アルガンオイルはこんな人におすすめ

  • コスパが良く使いやすいものを探している
  • 高級感のあるボトルならプレゼントにもできそう
  • 使い切りサイズがあるものが好き

伝統的な手作業で種を取りだし、時間をかけて圧搾。それからろ過を繰り返し、不純物を取り除きますから高品質のアルガンオイルです。
アルガンの実の香りそのままに、ボディトリートメントや頭皮ケアできますので、体だけでなく心も癒します。

第3位 ジョンマスター アルガンオイル

  • 認証機関:USDA・エコサート
  • 抽出方法:コールドプレス製法(低温圧搾法)

ジョンマスター アルガンオイルの特徴

  • 全身に使えるなめらかなオイル
  • 天然100%のオーガニックオイル
  • ベストコスメ大賞にも輝いた実力派

ジョンマスター アルガンオイルはこんな人におすすめ

  • 髪のうねりをケアしたい
  • アンチエイジングケアに使ってみたい
  • 手持ちの化粧品にプラスして使える極上オイルを探している

食品基準のUSDAのオーガニック基準を取得。オイルなのにベタつきのないテクスチャで全身のケア気軽に使えます。髪や肌がやわらかく変化する抜群の保湿力。濃厚なオイルが浸透することで内側から元気にしてくれます。

第2位 Acure Organics, 100%認定オーガニック・モロッコ原産アルガンオイル・トリートメント

  • 認証機関:USDA、QAI
  • 抽出方法:コールドプレス製法(低温圧搾法)

Acure Organics アルガンオイル・トリートメントの特徴

  • 高品質なのの価格が手ごろ
  • ポンプ式で使いやすい
  • 海外でも大人気

Acure Organics アルガンオイル・トリートメントはこんな人におすすめ

  • 手頃な価格で高品質のオイルが欲しい
  • 香りがしっかりしているものが好み
  • エイジングケアに全身使いたい

海外製のアルガンオイルは香りが強いイメージがありますが、こちらは使いやすいナッツの香りでテクスチャも滑らか。コスパの良さはピカ一です。

スキンケアのブースターとして利用している人が多いのですが、妊娠線ケアやヘアケアにも使えるのでプレゼントとしても喜ばれます。

アルガンオイルまとめ

精製度を高くすると、アルガンオイルに含まれる栄養が減少します。アレルギー体質の人は、このようなオイルの方が安心して使える反面、アンチエイジング効果が薄れてしまうのがデメリット。

上質なオイルを酸化させないためには、じっくり時間をかけて精製し熱を加えない事・オイルを入れる瓶にもこだわるなどの配慮もあります。

気に入ったオイルやコスパにすぐれたオイルは、継続して使ってしまうものですが季節や体調で肌の調子も変化します。いくつかのアルガンオイルを試して、季節や利用箇所で替えてみたりとアルガンオイルをとことん楽しみましょう。