フィッシュロースター

今回ご紹介するのは、フィッシュロースターです。単にロースターといった場合は、様々なタイプの製品を含みますが、フィッシュロースターといった場合は、基本的にフタ付きで、魚を焼いたときに出る煙やニオイが気にならないように工夫された製品を指していることが多いようです。この記事でもこのタイプの魚を焼く際に便利な製品をご紹介しています。

もっともフィッシュロースターと呼ばれる製品でも、魚だけしか焼けないわけではありません。お肉や野菜も上手に焼けます。そのため製品名としては、マルチロースター、ワイドグリルといった名称を採用しているメーカーもあります。

販売しているメーカーとしては、パナソニック、東芝、象印、タイガーなどの総合家電・調理家電メーカー、アイリスオーヤマ、山善、VERSOSなどのジェネリック家電を多く販売しているメーカーなどがあります。一般の家電メーカーの製品では実売価格が1万円前後の製品が多く、ジェネリック家電のメーカーの製品では5千円前後の製品が多くなっていますから、一応の目安にしてください。

フィッシュロースターがあれば、魚はもちろん、様々な食材を手軽に焼けますから、自分に合った製品がないか探してみてください。



【美味しい魚が手軽に焼ける】フィッシュロースターの選び方

焼き魚

フィッシュロースターの選び方についてご説明します。是非ご参考にしてください。

【サンマが一度に4尾焼ける!?】庫内・焼き網の大きさをチェック

「サンマが一度に4尾焼ける」というのは、ワイドタイプのロースターで良くある売り文句です。家族の人数が多くなければ、実際にサンマを一度に4尾焼きたいということはあまりないと思いますが、庫内のサイズは大きめの方が様々な食材に対応することができて、何かと使いやすいのは事実です。

本当は庫内の幅や奥行だけでなく高さも含めたサイズを知りたいところですが、庫内のサイズを明記しているメーカーは多くありません。この場合、焼き網寸法と本体の外寸を目安に判断することになります。

基本的には少し大きめの製品を選ぶことをおすすめしますが、一人暮らしの人の場合や、テーブルの上で使いたいといった場合は、あまり大きい製品はむしろ不便です。この場合、コンパクトなサイズの製品を選ぶようにしてください。

また大きさをチェックする際には、重さもチェックしておきましょう。特に使わないときは収納しておくといった人は、できるだけ軽い製品を選んでおくと良いでしょう。

【フィッシュロースターの最大の長所】お手入れしやすい製品を選ぶ

魚を焼くときにガスコンロの魚焼きグリルを使っている人も多いと思いますが、魚焼きグリルは掃除が面倒ですよね。実際に掃除が大変そうだから使うのを止めたとか、使わないようにしているといった人も結構見かけます。

この点、フィッシュロースターは、フタや水受皿を外して掃除することができるので、掃除が実に簡単です。フィッシュロースターを選ぶときはお手入れ方法もしっかり確認して、分解掃除ができるいもの、それもできるだけ簡単に分解できるものを選びましょう。またフッ素加工などの表面加工がされているものが、脂汚れも落ちやすくおすすめです。

【台所以外の部屋でも使える?】ニオイや煙の対策も重要

フィッシュロースターは電気ヒーターで食材を焼きますから、台所以外でも使用可能です。ただニオイや煙がひどいようだと、結局は換気扇の近くでないと使えないということになります。

もともと台所の換気扇の近くで使用する予定なら問題ないかもしれませんが、ダイニングで使う場合などには、ニオイ対策・煙対策がしっかりした製品を選びましょう。多くの製品にフィルターが付いていますが、その性能は異なります。ニオイや煙の除去率を実際に検証して、結果を公表しているメーカーの製品ならかなり信用できますから、こういった製品がおすすめです。

フィッシュロースターの人気おすすめ製品ランキング

ここからは、人気のフィッシュロースターをランキング形式でご紹介します。それぞれの製品の特徴を見極めて、自分にあった製品を見つけてください。

第8位 VERSOS ワイドマルチロースター VS-KE12

VERSOSワイドマルチロースターVSKE12

本体サイズ外寸(幅×奥行×高さ) 約48.5×28.0×19.5cm
本体サイズ庫内(幅×奥行×高さ)
焼き網サイズ(幅×奥行) 34.0×18.5cm
質量 約4.4kg
消費電力 1100W

鮮やかなオレンジカラーが映えるフィッシュロースター

VERSOSワイドマルチロースターVSKE12サンマ焼

メーカーのVERSOS(ベルソス)は、ジェネリック家電・アイデア家電の企画・開発・輸入を主な事業としています。この製品も最先端の機能を搭載しているようなモデルではありませんが、フィッシュロースターとしての基本的な機能は押さえた上で、低価格で販売されています。

ワイドサイズで、分解掃除が可能(本体・ヒーターは丸洗い不可)、両面焼きで裏返し不要など、機能的には十分なものを備えています。フタに調理時間の目安が記載されているのも、ちょっと便利です。

第5位 吉井電気株式会社 フィッシュロースター AFR-1103S

吉井電気株式会社フィッシュロースターAFR1103S

本体サイズ外寸(幅×奥行×高さ) 約45.5×30.0×17.5cm
本体サイズ庫内(幅×奥行×高さ)
焼き網サイズ(幅×奥行) 約31.6×19.8cm
質量 約3.8kg
消費電力 1000W

ワイドで軽量、そして低価格

メーカーの吉井電気は、アビテラックスやエラヴィタックスというブランド名で、冷蔵庫やホットプレートなどの商品を販売しています。いわゆるジェネリック家電のメーカーで、特別高性能というわけではありませんが、必要な機能を満たした製品を低価格で提供しています。

この製品は本体重量が約3.8kgで、ワイドに焼ける製品としては軽量な製品です。フィッシュロースターは、テーブルの上で使ったりすることもできる製品ですが、持ち運んで使う場合は軽量な方が便利です。

また焼き網にフッ素加工がされ油汚れが落としやすかったり、セラミック触媒消臭フィルターが臭いや煙を軽減したりと、フィッシュロースターに求められる基本的な性能は十分に備えています。

コスパを重視して製品を選びたい方におすすめです。

第3位 山善 ワイドグリル NFR-1100

山善ワイドグリルNFR1100

本体サイズ外寸(幅×奥行×高さ) 46.0×30.0×21.0cm
本体サイズ庫内(幅×奥行×高さ)
焼き網サイズ(幅×奥行) 31.5×20.5cm
質量 4.5kg
消費電力 1100W

安定して売れ続けている人気商品

山善ワイドグリルNFR1100おすすめポイント

この製品は、今回ご紹介しているものの中で、Amazonのカスタマーレビューが最も多く集まっているものです(2017年11月現在)。レビューの評価も平均で星4つ以上を獲得しています。Amazonでの取り扱い開始は2010年で最新の機種というわけではありませんが、長年売れ続けている人気商品です。

つまみを回すだけでフタが外れ簡単に分解掃除が可能、ベル付きの30分タイマー、安全装置のサーモスタットと、一般的なフィッシュロースターの機能は全て揃っています。

安心して購入することができるフィッシュロースターの定番商品の一つです。

第2位 パナソニック スモーク&ロースターけむらん亭 NF-RT1000

パナソニックスモーク&ロースターけむらん亭NFRT1000

本体サイズ外寸(幅×奥行×高さ) 45.0×35.5×18.5cm
本体サイズ庫内(幅×奥行×高さ) 32.8×22.3×5.2cm
焼き網サイズ(幅×奥行) 28.5×19.5cm(内寸)
質量 5.4kg(くんせい容器、くんせい網含まず)
消費電力 1300W

くんせいも作れる、最高ランクのロースター

パナソニックスモーク&ロースターけむらん亭NFRT1000スモークチーズ

「スモーク&ロースター」の名前の通り、簡単に燻製(くんせい)が作れるロースターです。燻製を作る場合は、くんせい容器にチップを入れ、くんせい網を載せ、その上に食材を載せて、アルミ箔を被せます。後は、調理時間を合わせて、スイッチを押すだけです。これだけで様々な食材の燻製が作れます。もちろん除煙対策もバッチリなので、部屋が煙たくなってしまうようなことはありません。

魚を焼くための機能も充実しています。新たに「切り身」の専用メニューが用意され、より美味しく焼けるようになっています。10位にランキングした製品と比べていただければ分かるのですが、従来は「切り身/干物」メニューだったものが独立して、切り身をより美味しく焼けるようになったものです。

また「オートクリーン」モードが搭載され、お手入れも簡単にできるようになっています。多機能、高性能のロースターですが、その分価格は高くなります。今回ご紹介している中でも最も高価な製品です。燻製を作る予定がなく魚や他の食材を焼くだけなら、他のもっと安価な製品で十分かもしれませんが、購入した人の満足度は極めて高い製品です。

まとめ

フィッシュロースターの選び方とおすすめ製品をご紹介しました。自分に合いそうな製品は見つかりましたでしょうか。

フィッシュロースターがあれば、魚を手軽に焼いて食べることができます。肉よりも魚を中心にした食生活の方が健康にも良いとされていますから、これを機会にフィッシュロースターを手に入れて、美味しく魚を食べる、健康的な生活にシフトしてみてはいかがでしょうか。