【2020年】おすすめヘアオイル20選!あなたにぴったりなタイプが見つかる!診断チャート付き

「ヘアオイルを買いたいけど、たくさんあってどれがいいか悩む…」というあなたのために、20個のヘアオイルをご紹介します!

……。

いま、「20個もある中から選ばなきゃいけないの…?」と感じませんでしたか?

安心してください!

あなたにぴったりのヘアオイルをみつけられるよう、20個のヘアオイルを6つのタイプに分類しました!
どのタイプを選ぶべきなのかも、チャート表により瞬時に把握できます。

あとはランキング形式で記載されている2~4つのおすすめ商品の中から選ぶだけ。

ツルツル、つやつやの髪をつくり、入浴後就寝前のケアとして

ぜひ理想の髪へと導いてくれる、最高のヘアオイルをみつけてください!

ヘアオイルがおすすめの理由!嬉しい3大効果とは

今現在、ヘアオイルの購入を検討しているあなたは、何かしらの髪に関する悩みを抱えていることでしょう。

髪の傷みが気になる?
ダメージを補修したい?

ヘアオイルには様々な効果があるので、あなたの悩みも高確率で解決してくれるはずです。

ヘアオイルが私たちに与えてくれるいくつもの恩恵のうち、代表的な効果を3つご紹介します。

髪に潤いプラス

「髪に潤いが欲しい」。
これはヘアオイルを求める人の中で、最も多い要望ではないでしょうか?

現代ではシャンプーやトリートメントだけじゃなく、ヘアスプレーやヘアクリームなど、様々なケア用品が販売されていますよね。

たくさんあってどれがいいのか迷ってしまうもの。
しかし潤いをプラスするという点で、ヘアオイルほど即効性と多様性に優れているものはありません。

ヘアオイルはオイルですから、当然保湿効果があります。使えばすぐに効果を実感できるはずです。

ヘアオイルはパサついた髪に潤いを与えて、艶のある髪へと導いてくれます。

髪のパサつきを抑える

ヘアオイルを毎日のケアに使用していくことで、パサつき自体を軽減できます。

髪がパサつくのには様々な原因が考えられますが、1つは髪の乾燥によるものです。
乾燥することで静電気が発生しやすくなり、モワッと広がる髪にしてしまいます。

また、毎日のドライヤーも髪がパサつく要因の1つです。
髪は熱に弱いので、ドライヤーに限らず、ヘアアイロンやコテなどの使用も傷みやパサつきを引き起こします。

これらの悪影響を食い止めるためには、髪の保湿が必要です。

ヘアオイルなら、毛先につけるだけでパサつきを抑え、まとまりやすい潤い髪へと導いてくれます。

毛先だけで済むのでコスパにもなりますし、髪全体がベタベタすることもなく、理想的な美しさを手に入れられますよ。

必要な箇所に必要な分だけ潤いを与えられるのも、ヘアオイルの優れた点です。

髪のツヤ感アップ

女性なら誰もがツヤ感のあるサラサラな髪に憧れますよね。

毎日のケアにヘアオイルを使用していれば、自然と髪に艶がでて、ワンランク上の美しい髪を実現できます。

そもそも、髪にツヤ感がなくなってしまうのは、キューティクルが剥がれてしまうから。
原因は半乾きのまま寝たときの摩擦や、ドライヤーの熱などによるものです。

一度剥がれてしまったキューティクルは戻せません。

しかしヘアオイルを使用すれば、キューティクルの損失は最小限に抑えられます。

ヘアオイルは、開いて剥がれやすくなったキューティクルに栄養を与え、閉じた状態に戻してくれます。
毎日ケアを続けていけば、キューティクルがしっかり維持できるので、次第にツヤ感が増してきますよ。

始めは効果を実感し難いかもしれませんが、根気強く続けてツヤツヤの美しい髪を手に入れましょう!

ヘアオイルの選び方

いざヘアオイルを買おうと思うと、いっぱいあってどれがいいか迷ってしまいますよね。

ネットのランキング情報などを参考にしたり、とりあえず普段使っているブランドのヘアオイルにしてみたりと、こだわりなく購入している人も少なくありません。

実は、その選び方は間違っています!
ヘアオイルは自分の髪質にあったものを使用しなければ、効果を最大まで得ることができないのです。

人気があったり高かったからといって、必ずしも効果が得られるわけではないのです。

もし、なんのこだわりもなく間に合わせで選んだヘアオイルを未だに使い続けているのなら、ぜひ一度見直すことをおすすめします。
あなたが使うべきヘアオイルは、もしかしたら別にあるのかもしれませんよ。

では、自分に合うヘアオイルの見つけ方とは一体どんなものなのでしょうか?
ヘアオイルの選び方について、詳しく解説していきます。

ヘアオイルの種類で選ぶ


ヘアオイルは大きく分けて2種類あります。天然由来の植物性ヘアオイルと、石油由来の鉱物性ヘアオイルです。

それぞれ得られる効果が異なるので、あなたの希望に沿う成分のものを選びましょう。

植物性ヘアオイル

植物性ヘアオイルは、天然由来の植物油を使用しています。

代表的な植物性オイルには、椿油、アルガンオイル、ホホバオイル、ボタニカルオイル、ひまわりオイルなどがあります。

天然由来成分のため、髪や頭皮に優しいのが特徴です。

天然由来成分100%のオーガニック商品であれば、毛穴を塞いでしまうこともないので、頭皮マッサージにも使用できますよ。

髪に栄養を与えたり、マッサージに使用できたりと、植物性ヘアオイルは主にケアの面で効果を発揮してくれます。

ダメージ補修などの目的でヘアオイルを使いたいなら、植物性ヘアオイルを選ぶようにしましょう。

鉱物性ヘアオイル

鉱物性ヘアオイルは、鉱物油がベースのヘアオイルです。

鉱物油とは、石油からプラスチックなどを作った後に出る廃油を脱色し、精製して不純物を取り除いた純度の高い油のことです。

石油などと聞くと、肌によくないようなイメージを抱いてしまいますよね。
けれど鉱物性オイルは、ワセリンやベビーオイルに使用されている成分なんです。

肌や髪への浸透性がないため、髪に残ってしっかりコーティングしてくれるので、指通りが良くなるなどの効果が得られますよ。

また、鉱物性ヘアオイルには、ほとんどの商品にシリコンが含まれています。
ツヤ感が増したり、しっとりした仕上がりになったりと、より美しい見た目にしてくれるのがシリコンの特徴。

鉱物性ヘアオイルは、主に見た目を良くしたいなど、スタイリング性を重視する人に向いています。

ダメージ補修などのケア力を重視するなら植物性、見た目の美しさを重視するなら鉱物性と、あなたの希望に合うヘアオイルを選ぶようにしましょう。

自分の髪質で選ぶ

ヘアオイルには成分の違いの他に、テクスチャーによる違いもあります。
トロッとしたヘアオイルと、サラサラのヘアオイルでは、それぞれ相性の良い髪質が異なります。

あなたにぴったりのテクスチャーのものを選びましょう。

毛量が多い・毛が太い・クセが強い人には:トロッとしたヘアオイル

髪の毛の量が多い人や、毛が太い、クセが強い髪質の人は、テクスチャーが重めのヘアオイルがおすすめです。

しっとりしているので、髪のボリュームを抑えてくれ、適度なツヤ感もプラスしてくれますよ。

毛量が少ない・毛が細くてやわらかい人には:サラサラとしたヘアオイル

髪の毛の量が少ない人や、毛が細くてやわらかい猫っ毛の人は、さらさらしたテクスチャーのヘアオイルが最適です。

トロッとしたヘアオイルを使用してしまうと、髪の毛が潰れてペッタリした印象になってしまいます。
特にもともとボリュームを出せずに悩んでいる人は、更に潰れる原因となりますので、サラサラしたヘアオイルを使うようにしましょう。

ただし、猫っ毛の人でも髪の傷みがひどすぎる場合は、サラサラしたヘアオイルでは潤いが足りないこともあります。
髪のダメージがひどい人は、少し重めのテクスチャーがおすすめです。

わからないときは行きつけのサロンで相談してみるのがおすすめ

「自分の髪が太いか細いのかわからない」という人もいるかと思います。

そんなときは、行きつけのサロンで担当の美容師さんに聞いてみるのも1つの手です。
あなたに合うヘアオイルを提案してくれるはずですよ。

ほかにも、安価な商品でいろいろ試してみるという方法もあります。

美容師さんに聞きにくかったり、「サロンに行ったばかりでまた行くのも…」という人は、プチプラ商品でいろいろ試してみましょう!
好みの仕上がりや香りが好きに選べるので、おすすめの方法ですよ。

好みの香りで選ぶ

ヘアオイルは好きな香りのものを選ぶことも重要です。

いくら高い効果が得られるヘアオイルであっても、苦手な匂いだと使用に苦痛を感じてしまいますよね。
ヘアオイルは続けて使うことによって、どんどん髪質が良くなるものです。
日常的に使いたくなる香りを選びましょう。

香りは実際に使ってみないとわからないものですが、口コミ情報などが参考になります。
特に匂いに敏感な人にとっては大切な要素ですので、他の人の評価をしっかりチェックしておきましょう!

自分に合うヘアオイルを選ぶことが大切

ヘアオイルは髪質や求める効果によって選ぶことが大切です。
こだわらずに人気やブランドで選んでしまうと、期待する成果を得られない場合がありますので注意しましょう。

たとえ1,000円台のヘアオイルであっても、あなたに合ったものであれば、高い効果を実感できますよ。

「これだ!」というものに出会えれば、長く愛用したくなって、髪質もどんどん良くなっていくはず。

大切なのは自分に合うヘアオイルをみつけることです。

今回は、20個のヘアオイルをタイプ別に分類してランキング形式でご紹介します。
ぜひ参考にして、あなたにぴったりのヘアオイルをみつけてください!

あなたにぴったりのヘアオイルは?ひと目で分かるタイプ診断

あなたに合うヘアオイルをみつけるために、まずはタイプ診断をしてみましょう。

髪質やヘアオイルに求める効果に合わせて、6つの属性に分けられるチャート表をご用意しました。あなたがどのタイプか確認してください。

あなたのタイプがわかったら、早速おすすめのヘアオイルランキングをみてみましょう!
下記のリンクをクリックしてランキングへ移動します。

【タイプA】迷ったらこれ!オールマイティーヘアオイルトップ2

タイプAの人は、スタイリング剤としても使え、ヘアケア効果も期待でき、どんな髪質にも合う万能型のヘアオイルがおすすめです。

自分の髪質がわからなかったり、色々な用途で使用したいなら、特定の効果に特化しているものではなく、オールマイティーにカバーしてくれるヘアオイルを選びましょう。

「迷ったときはこれ!」という2つのヘアオイルをご紹介します。

1.「モロッカンオイル」モロッカン オイル トリートメント

ご存知の方も多いのではないでしょうか?
不動の人気を誇る『モロッカンオイルトリートメント』。

公式サイトにも書かれている通り、どんな髪質の方にも合います。
理由は、主成分がアルガンオイルだから。

アルガンオイルは、モロッコで採れるアルガンツリーという実から抽出される植物油なのですが、1つの実から少量しかとれないとても希少なものなんです。

優れた保湿力と、髪の老化を防止したり滑らかにする効果持っているのがアルガンオイルの特徴です。

また、『モロッカンオイルトリートメント』にはシリコン成分も配合されています。ヘアケアだけじゃなく、ツヤ感アップなど見た目にも効果大。

美容成分も多量に含まれていますので、使えば使うほど髪がきれいになるのも『モロッカンオイルトリートメント』の魅力です。

モロッカンオイルトリートメントの詳細

価格 ¥4,300 (税抜き)
メーカー モロッカンオイル
商品名 モロッカン オイル トリートメント
容量 100ml
成分 アルガニアスピノサ核油、シクロメチコン、ジメチコン、香料など

2.「ナプラ」N. ポリッシュオイル

『N.ポリッシュオイル』は、ひまわりオイルやホホバオイルなど、すべて天然由来成分で作られたヘアオイルです。

オーガニックオイルなのでヘアパックもできます。
肌に優しいので、手に残ったオイルは保湿にも。非常に使い勝手がいい万能型のヘアオイルです。

アウトバストリートメントにもスタイリング剤にもなりますが、最もおすすめなのが『N.ポリッシュオイル』を使用した「濡れ髪」。
とてもナチュラルで魅力的なウエットヘアになるので、ぜひ試してみてください!

マンダリンオレンジ&ベルガモットの香りも魅力。

N.ポリッシュオイルの詳細

価格 ¥3,400 (税抜き)
メーカー ナプラ
商品名 N.ポリッシュオイル
容量 150ml
成分 ヒマワリ種子油、ホホバ種子油、オレンジ果皮油、トコフェロール、香料など

【タイプB】の人におすすめ!プチプラヘアオイルベスト4

タイプBの人には、色々試して自分好みのヘアオイルをみつけられるプチプラ商品がおすすめ!

プチプラで愛用のヘアオイルをみつけられれば、コスパも良くて嬉しいですよね!
「やっぱりちょっと違った…」と思ったときでも、お手頃な価格で自分の好みが把握できるので損はありません。

たとえばサラッとしたヘアオイルが合わないと感じたら、次はテクスチャーが重めのヘアオイルを試してみましょう。
その商品のどこに満足がいかないのかを分析して追求していけば、いずれ自分にマッチする最高のヘアオイルにたどり着けますよ!

開封後のアイテムはメルカリなどのフリマアプリで売ることもできるので、とてもおすすめの方法です!

1.「ウテナ」ゆず油 無添加ヘアオイル


『ゆず油無添加ヘアオイル』は、植物由来成分100%なのでヘアパックにも使えます。
もし試してみて「やっぱり別のものがいい」というときでも、ヘアパックにして使い切れるので、まず試すなら『ゆず油無添加ヘアオイル』がおすすめです。
香りも爽やかでリラックスできるので、ヘアパック向きでもあります。

もちろん、日常のヘアケアとしても優秀です。
ベタつかずサラッとまとまり、髪に潤いがでると、愛用者も少なくありません。

ゆず油無添加ヘアオイルの詳細

価格 ¥1,000 (当社調べ)
メーカー ウテナ
商品名 ゆず油 無添加ヘアオイル
容量 60ml
成分 コメヌカ油、ユズ種子油、オレンジ油、トコフェロールなど

2.「リーゼ」オイルオアシス


リーゼの『オイルオアシス』は、なんと言ってもコスパが魅力
容量も多くないのでお試し用に最適です。

ハイブリッドヒマワリ油が配合されていて、ダメージ補修に効果が期待できます。
シリコン成分も含まれているので、髪の表面をコーティングしてツヤツヤの潤い髪にしてくれますよ。

テクスチャーが重めですがベタつきません。
トロッとしたヘアオイルを試してみたい人におすすめです。

オイルオアシスの詳細

価格 ¥600 (当社調べ)
メーカー リーゼ
商品名 オイルオアシス
容量 60ml
成分 ホホバ油、オリーブ油、ツバキ油、ハイブリッドヒマワリ油など

3.「ラックス」ブリリアント リッチ オイル サテンタッチ


保湿効果のある6種類の天然由来オイルと、補修成分のミネラルオイルに加え、トリートメント配合と、まさにいいとこ取りのヘアオイルです。

ベタベタしそうなイメージですが、ドライオイルテクノロジー採用により、ベタつきが軽減されています。

持続性も魅力の1つで、艷やかなサラ髪が長時間続きます

香りは優美なフローラルとムスク。
好きな人は好きですが、ムスクが苦手な人は少しキツく感じてしまうかもしれません。
馴染ませてしまえば香りは気になりませんが、匂いに敏感な人にはあまりおすすめできません。

ブリリアント リッチ オイル サテンタッチの詳細

価格 ¥1,000 (当社調べ)
メーカー ラックス
商品名 ブリリアント リッチ オイル サテンタッチ
容量 100ml
成分 ミネラルオイル、ヒマワリ種子油、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、フェニルトリメチコン、香料など

4.「SALA(サラ)」つや巻きオイル


巻き髪に特化したスタイリングオイルです。
熱を味方にして、ウルッとツヤのある髪質にしてくれます。

オイルをつけてから巻くとアイロンがスルスル通るので、スタイリングしやすくなりますよ。
仕上がりもキレイなので、普段からよく髪を巻く人にぜひ試してみて欲しい商品です。

PPG-5フィトステロール、ツバキ種子油、ハチミツなど、髪のダメージを補修してくれる成分が配合されている点も魅力の1つ。

今回ご紹介する中で一番容量が少ないので、ぜひお気軽に試してみてください。

つや巻きオイルの詳細

価格 ¥800 (当社調べ)
メーカー SALA(サラ)
商品名 つや巻きオイル
容量 40ml
成分 ホホバ油、オリーブ油、アボカド油、ツバキ油、ハイブリッドヒマワリ油など

【タイプC】の人におすすめのヘアオイルベスト4

タイプCの人には、軽いテクスチャーの植物性ヘアオイルがおすすめです。

植物由来成分は髪や肌に優しく、ダメージもしっかり補修してくれるので、ヘアケア効果が期待できます。
猫っ毛や毛量が少ない人は、重いテクスチャーのヘアオイルを使うとペタッとしたボリュームのない髪になってしまうので、サラサラしたヘアオイルを使いましょう。

タイプCの人におすすめのヘアオイルを4つ、ランキング形式でご紹介します!

1.「大島椿」大島椿(ツバキ油)


肌にやさしいツバキ油100%の『大島椿』。
魅力はなんといっても、多機能であることです。

ヘアオイルとしてだけじゃなく、クレンジングオイルやボディオイルとしても使用できます!
頭皮ケアとしても優秀で、毛穴の奥の汚れまで取りやすくしてくれるので、頭皮環境も良くしてくれます。

ツバキ油100%だからこその万能性が『大島椿』の魅力の1つです。

もちろん、肝心のヘアケア効果もかなり高く評価されています。

紫外線や乾燥から髪を守り、ダメージを抑えてパサつきや枝毛などを軽減させてくれます。
また、キューティクルの損傷も抑えてくれるので、強く品やな髪を維持できます。

高品質なのにリーズナブルなお値段となっており、どれをとっても優秀なヘアオイルです。

大島椿(ツバキ油)の詳細

価格 ¥1,500 (税抜き)
メーカー 大島椿
商品名 大島椿(ツバキ油)
容量 60ml
成分 カメリア種子油

2.「パタゴニックオイル」カテドラル スムース


『カテドラルスムース』は、軟毛や細毛でコシのない髪にハリを与えてくれます。
美容院でも使用されるなどダメージ補修に定評のあるヘアオイル。

多少つけすぎたとしてもベタベタにならず、サラサラでまとまりやすい髪になります。
シリコンも含まれているので、傷んだ髪をカバーして自然なツヤ感を演出してくれます。

香りも万人受けするいい匂いだと好評です。

カテドラル スムースの詳細

価格 ¥3,200 (税抜き)
メーカー パタゴニックオイル
商品名 カテドラル スムース
容量 100ml
成分 ジメチコン、ローズヒップ油、オレンジラフィー油、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、トリイソステアリン、ジメチコノール、香料など

3.「ナカノ」グラマラスカールN オイルエッセンス ライト


美容院でも販売されている保湿・ダメージケアに優れたヘアオイルです。

少量でもしっかり髪をガードしてくれるので、毎日のケアに最適。
猫っ毛でもベタつかないのでサラッと仕上げてくれます。

フローラル系の匂いも爽やかでいい香りだと人気です。
見た目も可愛いので、パッケージが気に入っている愛用者も少なくありません。

グラマラスカールN オイルエッセンス ライトの詳細

価格 ¥2,200 (税抜き)
メーカー ナカノ
商品名 グラマラスカールN オイルエッセンス ライト
容量 100ml
成分 アボカド油・ヒマワリ種子エキス・ホホバ種子油・シア脂など

4.「タリオ」ヴァージンヘア ナイトリペア


タリオの『ヴァージリアンヘアナイトリペア』は、ダメージ補修に優れたヘアオイルです。
カラーを繰り返すなど、髪の傷みがひどい人からも多く愛用されています。

セレブロシドという成分が、ダメージのひどいパサつく髪でもしっかりと潤いをプラス。
自然なしっとりとした髪質にしてくれます。

無香料なので強い香りが苦手な人にも最適です。

ヴァージンヘア ナイトリペアの詳細

価格 ¥3,200 (税抜き)
メーカー タリオ
商品名 ヴァージンヘア ナイトリペア
容量 60ml
成分 ホホバオイル、セレブロシド、ローヤルゼリーエキスなど

【タイプD】の人におすすめのヘアオイルベスト4

タイプDの人には、重めなテクスチャーの植物性ヘアオイルがおすすめです。

トロッとしたヘアオイルなら、髪のボリュームを抑えてくれるので、毛量が多かったりクセが強かったりする人に最適ですよ。
植物由来成分でしっかりとダメージを補修し、潤いのあるツヤ髪を目指しましょう。

タイプDの人におすすめのヘアオイルを4つ、ランキング形式でご紹介します!

1.「ミルボン」ディーセス エルジューダMO


『ディーセス エルジューダMO』は、特に髪が硬かったりクセの強い人におすすめのヘアオイルです。

バオバブオイルとオリーブスクワランという2つの成分が髪をやわらかくしてくれます。
剛毛な人でも、しなやかでおさまりの良い髪質が手に入ります。

ドライヤー前に使用する人がほとんどで、乾かした後のサラサラ感に驚く人続出です。
いやみのない控えめな香りも人気。

髪の硬さやクセに悩んでいる人は『ディーセス エルジューダMO』がおすすめです。

エルジューダMOの詳細

価格 ¥2,600 (税抜き)
メーカー ミルボン
商品名 ディーセス エルジューダMO
容量 120ml
成分 バオバブオイル、オリーブスクワランなど

2.「ロレアル パリ」エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチ フィニッシュ


6種類のフラワーエキスを贅沢に使ったロレアルパリのヘアオイル。
華やかなフレグランスが魅力的です。

アルガンオイルなので、サラサラとした指通りのいい髪質に。
一方で、しっとり感のあるまとまり髪にもしてくれます。

ぜひ使ってみてその効果を実感して欲しいヘアオイルです。

エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチ フィニッシの詳細

価格 ¥1,900 (税抜き)
メーカー ロレアル パリ
商品名 エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチ フィニッシ
容量 100ml
成分 アルガンオイル・カメリアオイル・マイズオイル・パラカシーオイルなど

3.「ボタニスト」ボタニカルヘアオイル モイスト


20種類の天然植物保湿オイルでできたヘアオイルです。

ヒートアクティブ成分配合が熱を利用して疑似キューティクルを生成し、髪の内部の水分を保ちます。
カラーなどでひどく傷んだ髪もしっかり補修。
潤いのある艷やかな髪にしてくれます。

アップル&ピーチの爽やかな香りも魅力的です。

ボタニカルヘアオイル モイストの詳細

価格 ¥1,700 (税抜き)
メーカー ボタニスト
商品名 ボタニカルヘアオイル モイスト
容量 80ml
成分 水添ポリイソブテン、ジメチコノール、スクワラン、ツバキ種子油、アルガニアスピノサ核油など

4.「ケラスターゼ」HU ユイルスブリム ティーインペリアル


クセの強い髪質で悩んでいる人にはケラスターゼの『HUユイルスブリムティーインペリアル』がおすすめ。

必須アミノ酸やビタミンEが多く含まれたプルケネチアボルビリス種子油は、保湿力と湿潤力の高い植物油です。
クセを抑え、サラサラのツヤ感ある髪質にしてくれます。

香りはフローラルフルーティムスクです。

HU ユイルスブリム ティーインペリアルの詳細

価格 ¥3,800 (税抜き)
メーカー ケラスターゼ
商品名 HU ユイルスブリム ティーインペリアル
容量 100ml
成分 アルガンオイル・カメリアオイル・マイズオイル・パラカシーオイルなど

【タイプE】の人におすすめのヘアオイルベスト3

タイプEの人には、ツヤ感などスタイリング性に優れた、重めテクスチャーのヘアオイルがおすすめ。

トロッとしたヘアオイルは、ボリュームを抑えまとまりやすい髪にしてくれます。髪が太かったり、硬かったり、毛量が多い人に最適。

シリコンなど、見た目の美しさを引き出してくれる成分が配合された商品を厳選しました。
乾いた髪にも使えて、スタイリング剤としても優秀なので、ぜひ参考にしてくださいね。

2.「シュワルツコフ」BCオイルイノセンス セラムスムース


『BCオイルイノセンス セラムスムース』はアルガンオイル配合の濃厚ローションオイルです。
独自のエバポレイティングテクノロジーで、オイルが薄く均一に広がってくれる使いやすいヘアオイルです。

しっとりなのにベタつかず、サラサラのまとまり髪へ導いてくれます。

ドライヤーやアイロン後に少量ササッとつけるだけで、一気にツヤ感アップ。
見た目の美しさを追い求めるなら、『BCオイルイノセンス セラムスムース』がおすすめです。

BCオイルイノセンス セラムスムース詳細情報

価格 ¥1,800 (税抜き)
メーカー シュワルツコフ
商品名 BCオイルイノセンス セラムスムース
容量 100ml
成分 ジメチコノール、スクレロカリアビレア種子油、ヒマワリ種子油、カロチン、香料など

3.「ケラスターゼ」DP フルイド オレオ リラックス


『DP フルイド オレオ リラックス』は、くせ毛に悩む人に特におすすめ。

ツヤ・撥水性に優れたヤシ油と、コンディショニング成分に優れたカニナバラ花エキスが、広がらないしっとりとしたツヤ感ある髪にしてくれます。

湿度80%でも24時間まとまりが持続。
朝のスタイリング前につけて、1日サラサラの美しい髪で過ごしましょう。

DP フルイド オレオ リラックスの詳細

価格 ¥3,800 (税抜き)
メーカー ケラスターゼ
商品名 フルイド オレオ リラックス
容量 100ml
成分 ヤシ油、プルケネチアボルビリス種子油、カニナバラ花エキスなど

【タイプF】の人におすすめのヘアオイルベスト3

タイプFの人には、ツヤ感などスタイリング性に優れた軽めのテクスチャーのヘアオイルがおすすめ。

猫っ毛だったり毛量が少なかったりする人は、トロッとしたヘアオイルを使うとボリュームがなくなりペタッとしてしまうので要注意。
サラサラしたヘアオイルを使いましょう。

シリコンなど、見た目の美しさを引き出してくれる成分が配合されたヘアオイルを集めました。
乾いた髪にも使えて、スタイリング剤としても優秀なので、ぜひ参考にしてください!

1.「ロレッタ」ベースケアオイル


『ベースケアオイル』に含まれているパルミチン酸エチルヘキシルは、油分が少なくさっぱりした使用感が特徴なオイルです。
ベタついて重くなりがちなヘアオイルですが、ロレッタの『ベースケアオイル』は思わず触りたくなるようなサラサラの質感に仕上げてくれます。

一度『ベースケアオイル』の質感を体験したら、「他のじゃ満足できない!」と、リピーター続出。
男女問わず人気のあるヘアオイルです。

シリコン成分も含まれているので、しっかりツヤ感もプラスしてくれますよ。

天然ローズの香りがふわっと広がるいやみのない香りも人気です。

さらツヤの美しい髪を手に入れたいならロレッタの『ベースケアオイル』を使いましょう!

ベースケアオイルの詳細

価格 ¥2,600 (税抜き)
メーカー ロレッタ
商品名 ベースケアオイル
容量 120ml
成分 ジメチコノール、パルミチン酸エチルヘキシル、ダマスクバラ花油、香料など

2.「ロレアル パリ」エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪オイル


とにかくツヤツヤにしたいなら、ロレアルパリの『艶髪オイル』で決まりです!

ロレアル独自のシャインミラーテクノロジーを採用。
髪の1本1本の表面を整え、天使の輪ができるほどのツヤ感を24時間持続してくれます。

理想のうるツヤ髪を手に入れたいなら『艶髪オイル』を選びましょう!

爽やかに香るローズのフレグランスも魅力的ですよ。

エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪オイルの詳細

価格 ¥1,900 (税抜き)
メーカー ロレアル パリ
商品名 エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪オイル
容量 100ml
成分 ジメチコノール、ヤシ油、トコフェロール、カニナバラ花エキス、香料など

3.「モンシャルーテ」アルガニーナ オーガニック ヘアオイル


モンシャルーテの『オーガニックヘアオイル』は、アルガンオイルとシリコン配合で、指通りのいいさらツヤ髪が実現できます。

ヘアアイロンなどの使用前に塗れば、熱から守るだけじゃなく、ふわっとさらさらの髪に仕上げてくれますよ。

ふんわり香る、ベリー系の甘酸っぱいフレグランスも人気です。

アルガニーナ オーガニック ヘアオイルの詳細

価格 ¥1,300 (税抜き)
メーカー モンシャルーテ
商品名 アルガニーナ オーガニック ヘアオイル
容量 130ml
成分 ジメチコノール、アルガンオイル、ホホバ種子油、オリーブ油、香料など

ヘアオイルの正しい使い方


あなたにぴったりのヘアオイルをみつけたら、正しい使用方法で毎日ヘアケアしましょう。

ヘアオイルはつけ方を間違ってしまうと、ベタベタした印象の髪になってしまうので注意が必要です。

今回は、ヘアオイル正しい使い方について解説していきます。
ぜひ毎日実践して、理想の髪を手に入れてください!

使用手順

ヘアオイルは以下の手順で使用しましょう。

1.髪をとかす

ヘアオイルを使用する前に、まずはしっかりと髪の毛を梳かします。
梳かしてからでないと、きちんと全体にオイルが馴染みませんので、注意してください。

2.ヘアオイル適量を手に取る


ヘアオイルを適量、手の平に取ります。

オイルの適切な量は人によって異なります。
目安としては、ショートからミディアムヘアの人は1~2滴、セミロングからロングヘアの人は3~4滴と考えましょう。

毛量が多めの人や、よりツヤ感が欲しい人は少し多めにすると良いです。
ただし、量が多すぎるとベタベタした印象になってしまうので注意してください。

3.ヘアオイルを手のひらで伸ばす

ヘアオイルを手の平に馴染ませます。
馴染ませてからでないと、オイルを塗ったときにムラができてしまいますので、必ず手で伸ばしてから塗っていきましょう。

なお、このとき必ず指と指の間にもオイルを付着させてください。
手ぐしで髪に馴染ませていくため、指の間のオイルが重要になってきます。
忘れずにつけるようにしましょう。

4.髪に軽くつけヘアオイルを浸透させる


手ぐしで髪を梳かすようにしてオイルを塗っていきます。

オイルを塗る場所は、髪の内側と毛先です。
根本には使用しないようにしましょう。

また、髪の表面にもできるだけオイルをつけないように意識してください。
髪の表面には次の工程でオイルを塗ります。

5.手に残ったヘアオイルで表面を塗る

髪の内側と毛先にヘアオイルを塗り終えたら、手に残ったオイルを髪の表面に塗っていきます。

残った少量のオイルを使うことで、ナチュラルなツヤ感を演出できます。

ツヤが欲しいからと言って外側にオイルを塗りすぎると、ベタベタした質感になってしまうので注意しましょう。
あくまでも髪の内側と毛先を塗ったあとの、残ったオイルだけを表面に使用します。

使用時の注意点

ヘアオイルを髪につける際には、気をつけるべきポイントが2つあります。
ヘアオイルの効果を最大限に得るため、また頭皮を守るために、下記の点に注意して使用しましょう。

濡れた髪に使う場合はしっかりタオルドライを!

熱から守るため、ドライヤーをする前にヘアオイルを使用する人も多いと思います。
濡れた髪に使用する際には、しっかりと水分を拭き取ってからヘアオイルを塗りましょう。

余分な水分が残っていると、過剰に蒸発してしまい乾燥の原因となってしまいます。
せっかくのヘアオイルの保湿効果も減少してしまいますので、しっかりとタオルドライを行ってからヘアオイルを使用しましょう。

できるだけ頭皮につかないように

頭皮についたヘアオイルは、毛穴詰まりの原因となり、頭皮環境の悪化に繋がります。
特にシリコン成分配合のヘアオイルには注意が必要です。

基本的に、ヘアオイルは髪の根元付近には塗らず、毛先を中心に使用しましょう。

ヘアオイルを正しく使って、艶のあるきれいな髪を手に入れましょう!

超優秀!ヘアオイルのいろいろな活用術

ヘアオイルは髪に栄養を与えたり、ドライヤーなどの熱から守ってくれますが、他にも様々な使い方ができます。

ヘアオイルの活用術について、基本の使い方からちょっとした小技まで、6つご紹介します。

「そんな使い方もできるんだ!」と、意外に思う使用法もあるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ドライヤーまたはヘアアイロンを使う前につける


最も一般的な使い方です。
ヘアオイルをアウトバストリートメントや、熱からの保護のために使用します。

ヘアオイルを傷んだ髪の補修や、傷みを最小限に抑えるためのケア用品として活用したいなら、お風呂上がりが最も効果的です。
ドライヤーの熱から守ってくれるのはもちろん、シャンプーの後で開いた状態となっているキューティクルの保護もしてくれます。
ヘアオイルのダメージ補修効果に期待したいなら、入浴後に使用しましょう。

また、熱から守るという意味ではヘアアイロンの前にも使用することができます。
なかにはヘアアイロンを使用することによって熱に反応し、髪質をさらに良くしてくれるヘアオイルもあるので、目的に合った商品を選びましょう。

好きなときにチャチャッと塗ってパサつきガード


外出時に鏡をみて、ふと、髪のパサつきが気になった経験はありませんか?
そんなとき、保湿したいと思っても「出先だからどうしようもない」と、諦めてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかしヘアオイルを持ち歩いていれば、チャチャッと潤いを与えることができますよ。
パサついて広がってしまった髪も、まとまりのあるキレイなヘアスタイルに戻せます。

百均などに売っている小さい容器にヘアオイルを移しておけば、持ち歩いてもかさばらないのでおすすめですよ。

オーガニックヘアオイルで傷んだ髪をオイルパック


パーマや縮毛矯正、カラー後は、特に髪の傷みが気になりますよね。

ダメージが気になるときは、オイルヘアパックがおすすめです。
髪に栄養を与え、ツヤとハリのある美しい質感にしてくれます。

天然由来成分100%のオーガニックヘアオイルなら、頭皮についても毛穴に詰まる心配がないので、オイルヘアパックに使うことができます。
なかでもコスパのいい大島椿のヘアオイルなら、惜しみなく使えるのでおすすめです。

注意点としては、天然由来成分100%のヘアオイルを使用すること。
シリコン成分配合のヘアオイルは、毛穴に詰まる可能性があるため、頭皮環境の悪化を招く危険性があります。
ヘアパックには使用しないようにしましょう。

スタイリング剤としても♪ヘアオイルでまとまりやすい髪へ


髪質が硬かったり、クセがつきやすかったりする人の中には、なかなか髪がまとまらずにイライラした経験がある人も少なくないのではないでしょうか?

ヘアオイルは乾いた髪にも使用できます。
スタイリングの際に少量馴染ませれば、髪に重みがプラスされるのでまとまりやすくなりますよ。
スタイリングの時間を短縮できるので、忙しい朝にもおすすめです。
ぜひ活用してみてください。

ヘアオイルを使って憧れの「濡れ髪」へ

トレンドのウエットヘア。雰囲気あって素敵ですよね。
そんな憧れの「濡れ髪」も、ヘアオイルとワックスがあれば簡単に実現できるんです!

方法は簡単。
ワックスとヘアオイルを1:2くらいの分量で手に取り、手のひらで混ぜ合わせて、スタイリングした髪の毛に馴染ませます。
これで完成です。

簡単にモデルさんのような雰囲気のあるウエットヘアスタイルが実現できますので、ぜひ挑戦してみてください!

ヘアオイルをつかって頭皮マッサージ

天然由来成分100%のヘアオイルを使った頭皮マッサージも、おすすめの活用法です。
細胞が活性化して血流が良くなるので、抜け毛や薄毛、白髪予防になります。

なによりもすごくスッキリしますよ!
ぜひ試して効果を実感してみてください。

理想の髪を手に入れるために、様々な活用術を駆使して、ヘアオイルの効果を最大限に引き出しましょう!

あなたにぴったりのヘアオイルで理想の髪へ

今回は、タイプ別に分類して計20個のおすすめのヘアオイルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

あなたに合うヘアオイルをみつけたら、毎日ヘアケアしてあげましょう。
正しい方法でケアを続けていけば、傷んだ髪も潤いのあるさらツヤ髪になりますよ。

ぜひあなたにぴったりのヘアオイルで、理想の美髪を手に入れてください。