肌に合う拭き取り化粧水の選び方とおすすめランキングベスト15

拭き取り化粧水に関して、化粧水を使用しているから必要ないと考えていませんか?拭き取り化粧水と化粧水の違いについて知ることで、拭き取り化粧水の必要性が分かります。

今回は拭き取り化粧水に含まれる成分からおすすめの拭き取り化粧水を紹介します。よく耳にする商品名も続々出てきます。この記事を読み終わった後、きっとお気に入りの拭き取り化粧水が見つかりますよ。

本当におすすめ?拭き取り化粧水とは?

スキンケア商品

拭き取り化粧水、そして化粧水に違いがあるのか考えます。拭き取りは文字通り肌を「拭き取る」ための役割を持つ化粧水です。

毎日のクレンジング、洗顔でも落としきれていない汚れを拭き取るのが拭き取り化粧水です。もちろん就寝中でも肌に汚れを付けてしまいます。こうした汚れを拭き取るのも拭き取り化粧水の役割です。

「拭き取り化粧水」と「化粧水」の違い

化粧水と名がつく拭き取り化粧水ですが、簡単に役割を見ても分かるように化粧水とは異なります。

化粧水を使用する際に求める効果は保湿効果です。お風呂上がりや化粧前に肌にしっかり保湿効果を高めるために手に取るのが化粧水。化粧水は水分だけでなく油分も保つ効果が高く、保湿効果の高い化粧水を多くの方が好みます。

一方、拭き取り化粧水は保湿効果というよりも、肌の汚れを拭き取る役割を持つスキンケア商品です。これまで拭き取り化粧水の役割と化粧水との違いを理解できていない方は、どちらか一方を利用しているかもしれません。

しっかりと肌のケアのために行うには、化粧水と拭き取り化粧水の両方を利用することが理想です。どんなにクレンジング、洗顔、化粧水や乳液、クリームで肌の健康を保とうとしても、どのスキンケアアイテムでもしっかり汚れを落とし、肌の調子を整える効果というのは大きく期待できません。

肌の健康を保つためにも、肌の汚れを落とし、さらに肌の調子を整える拭き取り化粧水は是非、スキンケアに取り入れて欲しいアイテムです。

特に拭き取り化粧水がオススメな方!

メーンのスキンケア商品と言われると、拭き取り化粧水は除外されやすいアイテムです。拭き取り化粧水以外のスキンケア商品で全ての効果を高め美肌を保っている方は、無理に拭き取り化粧水を取り入れる必要はないのですが、肌質や肌トラブルに悩む方は、これから是非取り入れて欲しいと思います。

  • 肌のざらつきが気になる方
  • ごわつき感を感じる方
  • 化粧のりが悪い方

肌トラブルにこのような悩みを抱える方は、拭き取り化粧水の肌の汚れをしっかり落とす効果、肌の調子を整える働きを肌に実感させましょう。

拭き取り化粧水に含まれるさまざまな成分から分かるおすすめ度

美肌の女性

拭き取り化粧水に含まれる成分にもしっかり注目し、どのような働きを持つスキンケアアイテムなのか知ることも重要です。ただ勧められたからと使用しても、どのような効果から肌にどのような変化が現れるのか理解していなければ、効果を高めることも難しくなります。

化粧水や乳液選びの場合に保湿効果の高い成分配合のアイテムを購入しようと考えることと同じで、拭き取り化粧水にもどのような成分から、肌に変化が現れるのかをしっかり確認しておきましょう。

拭き取り化粧水を構成する成分について

拭き取り化粧水には、そしてベース成分保湿成分が含まれ、近年ではエイジングケア化粧水成分と言われる成分に分けられています。正直成分表を見ても、どんな成分なのかわからない…という方も多いと思います。

これから拭き取り化粧水を購入する方、買い替えを考えている方も、一度しっかりとその商品に含まれる成分を理解し、求める効果を持つ成分が配合されている商品を購入するためにも、今回この記事で勉強しておきましょう。

ベース成分

水以外に必ず含まれているのがベース成分です。ベース成分もさまざまな成分があるので、紹介します。

グリセリン

多くの拭き取り化粧水に配合されているベース成分がグリセリンです。グリセリンには保湿効果があります。他の配合成分にも溶けやすい性質で使いやすさなども評価の高い成分です。

PG(プロピレングリコール)

PG(プロピレングリコール)は化粧水にも使用される保湿効果の高い成分ですが、化粧水での保湿効果を高める成分ということもあり、刺激が強いという点で肌質によっては痛みを感じる方もいます。敏感肌や乾燥肌の方は、PG(プロピレングリコール)配合の拭き取り化粧水ではピリピリ感を感じることもあるので注意しておきたい成分です。

エタノール(アルコール)

拭き取り化粧水の成分表にアルコールと記載があれば、それはエタノールのことです。エタノール(アルコール)には抗菌作用があり、汚れを拭き取る効果を高めてくれる成分です。

エタノール=アルコールと考えていいのですが、少し複雑で他にもブタノールベヘニルアルコールセタノールコレステロールなどもアルコールの仲間になります。このような成分が配合されている拭き取り化粧水は抗菌作用の高いアルコールの働きを持っていると考えておきましょう。

保湿成分

そして保湿成分も大半の拭き取り化粧水に含まれているので紹介します。拭き取り化粧水に保湿成分が配合されているなら化粧水は必要ないのでは?そんな疑問を抱きますが、拭き取り化粧水の本来の目的は汚れを落とすということです。

やはり保湿効果を高めるために作られる化粧水に匹敵できるほどの保湿効果は期待できないので、化粧水、そして拭き取り化粧水の両方を使用して相乗効果を高めましょう。

水溶性セラミド

保湿成分といえばセラミドです。セラミドはもともと脂溶性成分だったのですが、近年コメから抽出したグルコシルセラミドという水溶性セラミドが開発され、拭き取り化粧水にも配合されるようになりました。

セラミドの持つ効果は何といっても、肌の健康を守るためのバリア機能を高めてくれる効果です。必要な水分をしっかり保つことで、潤いを与えてくれます。

ヒアルロン酸

エイジングケア化粧水には必ずと言っていいほど配合されてきたのがヒアルロン酸です。近年は動物由来のヒアルロン酸よりも高い保湿効果を発揮する乳酸球菌から発酵されたヒアルロン酸を配合しているメーカーが増えています。

プロテオグリカン

プロテオグリカンは肌の真皮にある成分です。肌トラブルや乾燥などから蒸発してしまいがちなプロテオグリカンを配合することで、美容成分といえばヒアルロン酸というイメージが強いですが、そんなヒアルロン酸よりも保湿効果を高めてくれる成分です。

コラーゲン

コラーゲンもまた、知らない人はいないであろうエイジングケア成分です。コラーゲンは真皮に存在しており、線維芽細胞でつくられます。コラーゲンもまた生活環境の乱れや食生活の乱れなどから減少しやすく、肌トラブルを招きます。

拭き取り化粧水に配合されるコラーゲンのほとんどは豚や魚の皮などから抽出した水溶性の成分です。水分をしっかり肌に補う効果を持っています。

エイジングケア化粧水成分

近年は肌の酸化予防効果の高い抗酸化作用を持つ成分や、肌の糖化予防効果の高い成分などをエイジングケア化粧水成分と分類して配合されています。拭き取り化粧水からも様々な効果を高められるのは嬉しいことです。エイジングケア化粧水成分にも注目して商品選びをしていきましょう。

ナールスゲン

水溶性のアミノ酸誘導体で、特にビタミンCとの相乗効果でコラーゲン産生効果を高めてくれます。拭き取り化粧水選びでのポイントにもなるアミノ酸配合+ナールスゲン配合は抑えておきましょう。

ネオダーミル

ネオダーミルは細胞のエネルギー分子が中心になり、Ⅰ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲン、そしてエラスチンの生成促進効果を高めます。加齢とともに気になるシワやたるみ対策に効果を発揮してくれる成分です。

プラセンタエキス

サプリで有名になったプラセンタエキスも拭き取り化粧水に配合されることが増えました。豚や羊などの胎盤から抽出されたエイジングケア成分で、体内に取り入れても効果を発揮することからも分かるように、プラセンタにはたんぱく質やアミノ酸、不足しがちなビタミンやミネラル、近年注目されている酵素などが含まれています。

拭き取り化粧水に配合することで保湿効果、美肌を保つために不可欠な血行促進効果を高めます。

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく改良されたエイジングケア成分です。抗酸化作用が高く、さらにコラーゲン生成促進効果を促す役割から、美白効果を高めてくれます。

水溶性ビタミンE誘導体

水溶性ビタミンE誘導体も、化粧水の成分として性質が向かないために改良された成分です。水溶性ビタミンE誘導体から期待できる効果は血行促進効果で、肌のターンオーバーの乱れを改善させてくれます。

おすすめの拭き取り化粧水を選ぶ時に必要なワードとその役割について

スキンケア商品

拭き取り化粧水も、さまざまなメーカーがそれぞれの効果を高めるために配合する成分を変え、開発しています。

選び方のポイントが難しくなるのも仕方ありませんが、この後にランキング形式で紹介する拭き取り化粧水の中で、もっとも自分に必要な成分を配合しているアイテムを見つけるためにも、もう少し化粧水に記載されるワードについても見ておきましょう。

オイルフリー

オイルフリーと記載される商品は増えています。文字通りオイルが配合されていないという意味ですが、オイルを配合せずに保湿効果を高めるにはどのような成分を配合しているのか不安が残ります。

オイルフリーの商品のほとんどは保湿効果を高めるために合成ポリマーを配合しています。合成ポリマーはシリコーンオイルなどの合成コーティング剤です。肌への浸透よりも肌のコーティング効果を高める働きを持ちます。

アルコールフリー

先述しているようにアルコールと記載されらているものはエタノールを意味しています。エタノールには抗菌作用が高いので肌の汚れを落とす役割を持ちますが、敏感肌や乾燥肌の方には刺激が強くピリピリしてしまいます。

そこでアルコール、つまりエタノールを使用せずに作られている商品を好む方はアルコールフリーの商品がおすすめです。しかし最近ではアルコールフリーと記載されていても、アルコールが含まれている商品もあります。

【アルコールチェック】

  • エタノール
  • ブタノール
  • ベヘニルアルコール
  • セタノール
  • コレステロール

おさらいですが、このような成分が配合されている場合はアルコールが入っている商品なので、注意しましょう!

パラベンフリー

パラベンフリーというワードも最近よく目にするようになりました。パラベンフリーとは、パラオキシ安息香酸エステルのことで、防腐剤として主に使用される成分です。パラベンは化粧品だけでなく、食品や医薬品にも使用されています。

効果としては抗菌性の高さがありますが、皮膚への刺激が強く肌質によっては症状悪化の要因になることもあります。こうした点からも、近年パラベンフリーをパッケージに記載するメーカーが増えてきました。

【パラベンチェック】

  • メチルパラベン
  • エチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • イソプロピルパラベン
  • ブチルパラベン

パラベンも数種類の成分があるので、しっかり成分表を確認しておきましょう!しかしパラベンを配合することで空気中の浮遊菌防止効果や、雑菌や腐敗、変色、異臭などを防ぐ効果があります。肌質によって必要・不要が分かれやすい成分であるということもポイントです。

無香料・無着色・無添加・無鉱物油について

無香料

香料が含まれない拭き取り化粧水です。香料が配合されることで、刺激を感じる方も多く、最近では無香料の商品の安全性が認められています。

無着色

化粧品を着色をするための成分を配合していない商品です。着色成分もまた刺激を与える原因になることから、できるだけ無着色商品を購入することをおすすめします。

無添加

アレルギーの危険性のある102種類の成分を含んでいないことを示すワードです。現在はその指定される成分は102種類ですが、新たに開発された成分の中にも、安全性が確認できていない成分などもあります。この先指定させる成分は増えていくと思うので、拭き取り化粧水に限らず、スキンケア商品全般、無添加と記載されている商品を購入しましょう。

無鉱物油

鉱物油が配合されていない商品を無鉱物油と言います。石油を精製して作られている油で、口紅など色をできるだけ保ちたいアイテムなどに使用されます。ですので、クレンジングの際になかなか落ちにくいというデメリットがあります。こうした性質を持っているので、刺激は強くなり無鉱物油を好む方も増えています。

拭き取り化粧水おすすめランキングベスト15

では、拭き取り化粧水の役割、そして含まれる成分などから今回おすすめの拭き取り化粧水をランキングで紹介していきます。成分も記載していくので、ここまでに身につけた知識から、気になる商品を見つけてみてください!

15位:チャコットフォープロフェッショナルズクレンジングウォーター

チャコットフォープロフェッショナルズクレンジングウォーター

価格 ¥1,200(税抜)
内容量 500ml
肌質 普通肌・混合肌・乾燥肌・油性肌向け
注目成分 ローズマリーエキス・カミツレ花エキス・アロエベラ葉エキス

メイク落とし+洗顔+化粧水が1つになったオールインワンタイプのクレンジング美容水

オールインワンタイプの拭き取り化粧水

チャコットフォープロフェッショナルズクレンジングウォーターは100%オイルフリー、無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリーで作られており、肌トラブルに悩む方も安心してお試しできる商品です。

肌への刺激は最低限に抑えながらも、オールインワンタイプのクレンジングウォーターなので、肌に負担のかかるW洗顔も不要です。またまつ毛エクステをしている方にも利用できるので、多くの方に愛用されています。

チャコットフォープロフェッショナルズクレンジングウォーターの一番の魅力と言えるのが、NASA開発のろ過システムを使用したRO水を使用しているという点です。不要な成分をカットしながらも、しっかり洗浄効果を高められるのはRO水の効果です。

しかし、今回紹介するランキングでは下位に入ってしまったチャコットフォープロフェッショナルズクレンジングウォーター。その理由としては大容量なのでたっぷり使用してしまいがち…ということから少し肌への刺激を感じることがあるという点です。

コットンに適量に染み込ませる程度でしっかり拭き取り効果を高めてくれるので、量には十分注意しましょう。

14位:キオラクリアローション

キオラクリアローション

価格 ¥4,900(税抜)
内容量 150ml
肌質 乾燥肌向け
注目成分 DPG・BG・PPG-13デシルテトラデセス-24・クエン酸Na

RRタイプは、しっとりしたうるおいが残る。

敏感肌向けの拭き取り化粧水

キオラクリアローションは肌にしっかり潤いを与える効果があります。特に古い角層を除去してくれる役割を持ちます。

またキオラクリアローションはベタつき感を感じさせないという点でも口コミの評価を上げています。拭き取り化粧水でも配合成分の性質からベタつきを感じる商品もありますが、キオラクリアローションなら、潤いを与えながらサッパリと仕上げてくれます。

13位:クレンジングリサーチクリアローション

クレンジングリサーチクリアローション

価格 ¥824(税抜)
内容量 145ml
肌質 敏感肌向け
注目成分 グリコール酸・リンゴ酸・乳酸・クエン酸・セラミドAHA・ナノヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸)・ナノコラーゲン(加水分解コラーゲン)・チャ葉エキス

ブドウ葉エキスを配合

クレンジングリサーチクリアローションは3種類の保湿成分を配合しており、保湿効果を期待したい方、クリア肌を求める方におすすめの拭き取り化粧水です。拭き取り化粧水にも保湿成分が配合されていると肌に浸透させた時のもっちり感が違います。

クレンジングリサーチクリアローションに含まれるAHAはリンゴ、柑橘などに含まれている天然由来成分です。効果としては角質の除去、毛穴づまり解消などが期待でき、拭き取り化粧水としての効果に加え、美肌効果もしっかり高めてくれます。

12位:ビタミンC&アサイーベリーピュリファイングトナー

ビタミンC&アサイーベリーピュリファイングトナー

価格 ¥1,120(税抜)
内容量 237ml
肌質 敏感肌・乾燥肌・脂性肌・オイリー肌向け
注目成分 脱ミネラル水・アロエリーフジェル(オーガニック)・ラクトペルオキシダーゼ(天然保存料)・アサイーベリーパウダー(オーガニック)

肌に爽快感と活力を与え、肌を健全な状態に導いてくれる化粧水

パラベンフリーのビタミンC&アサイーベリーピュリファイングトナーは敏感肌・乾燥肌のに悩む方はもちろん、オイリー肌脂性肌の方でも安心して使用できる拭き取り化粧水です。

ビタミンC&アサイーベリーピュリファイングトナーには過剰な皮脂を取り除き、必要な油分は残す働きがあります。美肌効果を高めるためには油分も適量保つことが大切です。その効果を高めてくれるのがビタミンC&アサイーベリーピュリファイングトナー。美肌作りに必要なビタミンCやアサイーベリーも配合されており、くすみやニキビにも効果を高めてくれます。

11位:スキンコンディショナーローションVC

スキンコンディショナーローション

価格 ¥540(税抜)
内容量 500ml
肌質 敏感肌向け
注目成分 BG・クエン酸Na・クエン酸・ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

うるおって透明感のある肌にビタミンC誘導体配合

ビタミンC誘導体配合の拭き取り化粧水

ビタミンC誘導体をたっぷり配合したスキンコンディショナーローションVCは、無香料・無着色・無鉱物油と不要な成分は一切使用していないという特徴があります。成分は肌に必要なものだけを配合しており、シンプルな拭き取り化粧水とも言えます。

肌への負担を抑え、ケアに徹底するためにはおすすめの拭き取り化粧水ですが、スキンコンディショナーローションVCの魅力はコットンパックとしても使用できる点です。コットンがひたひたになるまで含ませて使用してください。

またスキンコンディショナーローションVCは安価で大容量とコストパフォーマンスも抜群です。
プチプラなアイテムをお探しの方は是非いかかでしょう。

10位:ニールズヤードレメディーズフランキンセンスウォーター

ニールズヤードレメディーズフランキンセンスウォーター

価格 ¥3,672(税抜)
内容量 200ml
肌質 年齢肌向け
注目成分 アロエベラ液汁末・ニュウコウジュ油・マンダリンオレンジ果皮油・ベルガモット果実油・モツヤクジュ油・ヤシ油アルキルグルコシド

英国ソイルアソシエーション認定オーガニック製品

オーガニック拭き取り化粧水

「オーガニック」、この言葉に過剰な反応してしまう方も多いでしょう。そこでおすすめしたいのは、ニールズヤードレメディーズフランキンセンスウォーターです。ニールズヤードレメディーズフランキンセンスウォーターとにかくオーガニック原料へのこだわりが強いと言えます。

科学テクノロジーや理論に基づき研究を重ね、高品質の成分のみで作り上げられたのが、ニールズヤードレメディーズフランキンセンスウォーターです。オーガニック農法で栽培、抽出された植物エキスを配合しており、特に年齢肌の方への肌ケアとして人気の商品です。

9位:オードムーゲ

オードムーゲ

価格 ¥1,200(税抜)
内容量 160ml
肌質 肌荒れ・ニキビ肌・乾燥肌・混合肌・普通肌すべての肌質に使用できる
注目成分 イソプロピルメチルフェノール・グリチルリチン酸ニカリウム

肌質・年齢・性別を問わず全身にお使いいただける薬用ローション

薬用ローション拭き取り化粧水

ドラッグストアなどで見かけるオードムーゲですが、拭き取り化粧水としても人気です。オードムーゲは最大限に配合成分を抑えています。必要な成分のみで拭き取り効果を高め、皮脂を取り除き肌を清潔に保ちます。

さらにオードムーゲは肌荒れやあせも、ひびやニキビなどの肌悩みにも効果を発揮してくれるので、肌荒れしていてあまり外部からの刺激を与えなくないという場合にも使用できます。

8位:ピュアヴィヴィクレンジングローション

ピュアヴィヴィクレンジングローション

価格 ¥1,023(税抜)
内容量 500ml
肌質 敏感肌向け
注目成分 PEG8(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ・BG・アロエベラ葉エキス・グリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン・ヒアルロン酸Na

クレンジングをしながら保湿ができるウォーターベースのふき取り化粧水

ウォーターベースのふき取り化粧水

ピュアヴィヴィクレンジングローションは植物由来の保湿成分が含まれています。またテクスチャーも軽く、肌に軽く乗せるだけでしっとり・さっぱり感を感じます。

またピュアヴィヴィクレンジングローションはカチオン性活性剤不使用、無香料であり無着色、そしてパラベンフリー、アルコールフリー、オイルフリーで作られているので、拭き取り効果、保湿効果を実感しながらも肌の負担を感じさせない拭き取り化粧水です。

7位:T.N.ディッキンソンズウィッチヘーゼル アストリンジェント

T.N.ディッキンソンズウィッチヘーゼル アストリンジェント

価格 ¥615(税抜)
内容量 473ml
肌質 敏感肌向け
注目成分 天然ウィッチヘーゼルエキス(ハマメリス)

ウィッチヘーゼル=ハマメリスが肌を引き締め、不快なベタつき、脂浮きを素早く抑える化粧水

100%天然ウィッチヘーゼルエキス配合の拭き取り化粧水

T.N.ディッキンソンズウィッチヘーゼル アストリンジェントは100%天然ウィッチヘーゼルエキス(ハマメリス)を配合しており、毛穴の引き締め効果、くすみ改善効果を高めてくれます。肌の状態が気になる方には嬉しい効果を発揮する成分が含まれています。

T.N.ディッキンソンズウィッチヘーゼル アストリンジェント優秀なアイテムなので、1本で拭き取り化粧水・化粧水の効果を高めてくれるくらいの効果があります。高い効果が期待できるアイテムですが、多くの成分を配合しているわけではなく、無香料、無着色、弱酸性で刺激を抑え、防腐剤不使用と肌への負担も軽減されている点もおすすめの理由です。

6位:オルラーヌヴィヴィファイングローション

オルラーヌヴィヴィファイングローション

価格 ¥2,689(税抜)
内容量 250ml
肌質 乾燥肌向け
注目成分 植物由来成分

肌のモイスチャーバランスとPHバランスを整え、
しっとりとなめらかな肌に整えるノンアルコールのローション

オルラーヌヴィヴィファイング ローションはアルコールフリーで作られており、肌モイスチャーバランスとPHバランスを整える働きがあります。

オルラーヌヴィヴィファイング ローションは肌のベースに潤いをしっかり与えてくれるので、使用した時に、これが拭き取り化粧水の本来の効果なのか!と体感すると思います。肌の汚れを拭き取り、肌のベースを綺麗に整え、みずみずしさを与えてくれるオルラーヌヴィヴィファイング ローションで拭き取り化粧水とは?という疑問を解決させて欲しいと思います。

5位:デルファーマシーバムローションライト

デルファーマシーバムローションライト

価格 ¥3,200(税抜)
内容量 120ml
肌質 ニキビ肌・脂性肌向け
注目成分 オレンジ果汁・レモン果汁・ライム果汁・グレープフルーツ果実エキス・リンゴ果実エキス・ナツメ果実エキス

清涼感のあるさっぱりとした使用感

AHA配合で美肌効果も高めてくれるデルファーマシーバムローションライトは使い心地にも人気の理由があります。肌に浸透させた時に感じる清涼感、さっぱりとした使用感からリピーターも増えています。

やはり使い心地は重要です。肌にのせるアイテムとなると、さらに使い心地は重視しなくてはいけません。デルファーマシーバムローションライト軽いテクスチャーに肌が保湿されていく感覚はやみつきになります。

また美容効果を高める成分から、角質や毛穴の汚れ除去効果を同時に高め、肌トラブル解消にも繋げてくれます。実は皮膚科でも勧められているほど、効果の高く安全性の高い拭き取り化粧水です。量が少なく少し高めですが、なかなか肌に合う拭き取り化粧水がないという方におすすめです。

4位:クリニーククラリファイングモイスチャーローション【clarifyingmoisturelotion】

クリニーククラリファイングモイスチャーローション

価格 ¥3,629(税抜)
内容量 400ml
肌質 敏感肌向け
注目成分 ハマメリス・ヒアルロン酸・クエン酸

ハイドレーションとエクスフォリエーションのマルチ効果を持った、シティ ドライスキン対応、生体親和保湿化粧水

生体親和保湿化粧水

定番といえば、クリニークではないでしょうか。クリニーククラリファイングモイスチャーローションは乱れたターンオーバーを整える効果を持ちます。肌に必要な成分を外部から補っても、ターンオーバーが乱れたままではその本来の効果を十分に発揮させることはできません。

そこで肌の汚れを拭き取り、美肌を作るために必要なターンオーバーを促す効果を高める成分を配合しているのがクリニーククラリファイングモイスチャーローションです。必要最低限の成分のみで作られているので、肌への刺激を抑えている点でも愛用者が増えています。

3位:ビオデルマセビウムH2O(エイチツーオー)D

ビオデルマセビウムH2O(エイチツーオー)D

価格 ¥2,560(税抜)
内容量 500ml
肌質 オイリー肌・混合肌向け
注目成分 PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル・クエン酸Na・キシリトール・イチョウエキス

微香性、無色素(青色は配合成分の色です)、アルコールフリー、オイルフリー、防腐剤不使用、弱酸性

ビオデルマセビウムH2O(エイチツーオー)Dは肌トラブルに悩む方でも安心して使用できる拭き取り化粧水です。肌トラブルを起こしていると、スキンケアアイテムを使用するのもしばらく避けたくなりますが、そんな時でも肌トラブルを悪化させずに使用できるのがビオデルマセビウムH2O(エイチツーオー)Dです。

例えば皮脂が過剰分泌された状態で毛穴を塞ぎ、ニキビができてしまった時…メイクはしばらく控えて、スキンケアも最低限で済ませようとします。あまりにも症状が悪化していたらセルフケアでは解消できないこともありますが、セルフケアで改善できる症状であれば、避けたいケアもビオデルマセビウムH2O(エイチツーオー)Dでなら、ニキビケアの効果も高くニキビ肌の方も安心して使用できます。

ビオデルマセビウムH2O(エイチツーオー)Dは肌の水分バランスを正常に整える効果があります。過剰に分泌された皮脂は抑制するように働きかけ、不足してしまった水分は補うように効果を高めてくれるのです。

健康な肌を保つためのスイッチ機能とでも言えるでしょう。そんなビオデルマセビウムH2O(エイチツーオー)Dは今回のランキング3位にランクインしました。

1位:マックスファクター SK-II フェイシャル トリートメント クリアローション

マックスファクター SK-II フェイシャル トリートメント クリアローション

価格 ¥9,980(税抜)
内容量 215ml
肌質 乾燥肌向け
注目成分 ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)・ポリソルベート20(Tween20)・ヒアルロン酸Na・クエン酸・サリチル酸・リンゴ酸・乳酸SK-IIピテラ>と3種のAHA(アルファーヒドロキシ酸)

古くなった角質や、洗顔で取りきれずに毛穴に残った汚れをおだやかに取り去り、透明感のある肌に保つ

3種のAHA配合の拭き取り化粧水

今回1位に紹介するのはマックスファクター SK-II フェイシャル トリートメント クリアローションです。もうお馴染みですね。お馴染みすぎて申し訳ないくらいですが…やはりマックスファクター SK-II フェイシャル トリートメント クリアローションに敵う拭き取り化粧水はまだありません。

お値段は本当に高いのですが、肌に本当に必要な成分をしっかり配合されており、使用した後もう他の商品に戻れなくなります。マックスファクター SK-II フェイシャル トリートメント クリアローションは拭き取り化粧水として3種のAHAを配合しています。AHA効果から、汚れをしっかり除去する効果を高めています。

さらにマックスファクター SK-II フェイシャル トリートメント クリアローションに配合されるガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)が保湿効果を抜群に高めてくれます。ガラクトミセス培養液とは整肌保湿成分のことで、マックスファクターが独自に開発した天然酵母の発酵代謝物です。

ガラクトミセス培養液は美容・美肌を保つために欠かせないハリを与えるアミノ酸や、肌を整えるビダミン類などを成分にして作られています。拭き取り化粧水と化粧水の違いとして、保湿効果を高めるという観点からは、働きが劣るといいましたが、マックスファクター SK-II フェイシャル トリートメント クリアローションに関しては肌の奥の奥まで浸透していく感覚を体感できます。

まとめ

拭き取り化粧水のおすすめランキング、一位はみんなが知ってるマックスファクターでした。ランキングを参考に、成分量からも必要な効果を高めてくれる拭き取り化粧水を選んでみてはいかがでしょう。拭き取り化粧水も役割や配合成分から選び方が異なります。本当に必要な拭き取り化粧水を手にするためにも是非、参考にしてください。