ピンクの背景に散らばったネイルポリッシュ

セルフネイルの仕上げには必要不可欠の「トップコート」

プロのネイリストも、マニキュアの作業ではトップコートに一番気を使って施術するというほど、ネイルの要と言っても過言ではない部分ということをご存知でしょうか?

トップコートには、ネイルアートを剥がれにくくしたり、ネイルカラーを長持ちさせたりしてくれるというメリットがあります。でもそれだけでなく、最近では様々な質感を楽しめるタイプや、自爪のケアまでしてくれるものまであるんですよ。

このように、多くの人がセルフネイルが当たり前の時代になるにつれ、トップコートの種類も様々なメーカーから数多く販売されるようになりました。そこで今回はトップコートの選び方をはじめ、ネイルの持ちが良くなる使い方、セルフネイラーに人気のおすすめの商品を徹底的にご紹介していきます!

トップコートって何?その役割とは?

カラフルな背景とネイルをした手

そもそもトップコートってどういうもの?どうして必要なの?と思っている方もいるかもしれませんね。何故ネイルカラーの仕上げにトップコートが必要なのか、その役割をご説明しましょう。

トップコートとは?

トップコートとは、マニキュア(ポリッシュ)を塗ったり、ネイルアートをした後やシール・ストーン・スタッズ等のデコレーションを施したりした後、仕上げのコーティングとして最後に塗るものです。主に色のない透明なものが多く、下に塗ったマニキュアの色合いを損なわないようになっています。

トップコートはネイルの強度を上げ長持ちさせてくれる

トップコートを塗ることで、ネイルパーツ等が取れにくくなる、ネイルの耐久性が良くなり長持ちしてくれるといった効果があります。もしトップコートを塗らないと、家事などの日常生活のちょっとした衝撃でネイルが剥がれやすくなってしまいます。

トップコートはネイルのツヤも出してくれる

トップコートでコーティングをすることで、マニキュアだけでは出ないぷるんっとした艶のある仕上がりになり、見た目も綺麗に見せてくれます。ツヤツヤしたのが苦手な方は、マットな質感のタイプもありますので試してみてはいかがしょうか。

トップコートとベースコートの違い

セルフネイルをする時に必ず使いたいのが、トップコートともうひとつ、「ベースコート」です。トップコートがネイルの最後に仕上げとして塗るものに対して、ベースコートはネイルの前に自爪に直接塗るものです。

これは、均一にマニキュアを塗れる状態にしてくれるだけでなく、マニキュアによる爪への色素沈着や爪の酸化も防いでくれる役割があります。

ネイルの順番としては、

ネイルケア→ベースコート→マニキュア→トップコート

となります。ベースコートとトップコート、どちらも使えばネイルの仕上がりや持ちの良さがかなり変わってくるので、必ず忘れずに使うようにしましょう。

 

トップコートの選び方の3つのポイント

トップコートを塗ってもらっている手

それでは、どのようなトップコートを選ぶと良いのでしょうか?チェックポイントをご紹介するので、希望に沿ったものを見つけてくださいね!

1.「速乾性タイプ」か「ツヤ出しタイプ」かで選ぶ

トップコートには、「速乾性タイプ」「ツヤ出しタイプ」の2つに大きく分かれます。商品によってはどちらも兼ね備えたものもありますが、大体の商品はどちらかに特化しています。用途に応じて、どちらを選ぶかを決めましょう。

速乾性タイプ

「ゆっくりとマニキュアを塗る時間がとれない」、「ネイルをした後すぐに外出したい」という忙しい方には速乾性タイプがおすすめです。

せっかく塗ったトップコートが乾き切ってないうちに擦ってしまい、台無しになってしまった…なんて失敗がないよう、早く乾くタイプのトップコートを使うと良いでしょう。また、ネイルが少し削れてしまった部分をリペアする際にもサッと補修できるので便利です。

ですが、中にはツヤがあまり出ない商品もありますので、自分好みに仕上がる商品か吟味して選びましょう。

ツヤ出しタイプ

ネイル作業にゆっくりと時間を確保できる方は、仕上がり重視のツヤ出しタイプがおすすめです。速乾タイプよりも乾く時間がかかってでも、断然美しい仕上がりになります。

ツヤ出しタイプのトップコートを塗ると、ネイルがより美しく見えるだけでなく、先に塗ったポリッシュの発色が見違えます。

ただし、ツヤ出しタイプの商品の中には、ひび割れしやすいものもあります。注意して選ぶようにしましょう。

2. ジェル風、マット風…オシャレな質感で選ぶ

マニキュアだといつも同じような質感で、ジェルネイルのように色々楽しめない…と思ったら、それは間違いです!最近では、仕上がりの質感を楽しめるトップコートが数多く販売されており、いつものネイルカラーだってトップコートひとつでガラリとイメージを変えられるんですよ。

たとえば「ジェルネイル風タイプ」を使うと、ジェルネイルのようなぷっくりとしたツヤツヤの質感になります。ジェルネイルの作業で面倒な硬化ライトを使ったり、ネイルサロンに行ったりする手間がなくジェル風に出来ると評判で、今やトップコートの定番アイテムになっています。

また、「マットタイプ」を使うとオシャレで今ドキな艶消しマットコート質感、「ラメ入りタイプ」を使うとキラキラして華やかな印象になります。

このように、同じマニキュアを使用していても、トップコートを変えるだけでこんなに色々な仕上がりを楽しむことが出来るのも魅力ですよね。

3. ネイルしながらケアも出来る商品で選ぶ

トップコートに保湿成分が配合されており、ネイルと同時に自爪のケア・補強をしてくれる商品もあります。

頻繁にネイルカラーをしたり、オフする際に除光液を使ってオフしたりすると、自爪には負担がかかり痛んできます。爪が乾燥したり弱くなったりして、すぐに割れてしまう…という経験をしたことがある女性は、意外と多いのではないでしょうか。

そんなときは保湿成分や補強成分が配合されたトップコートを塗ると、爪の乾燥やダメージを防いでくれ、ケアをしながらネイルを楽しむことが出来ます。爪のダメージが気になる人は、ネイルの仕上がりとともに、しっかりケア・補強を出来るものを選んでみましょう。

 

ネイルトップコートのおすすめ商品20選

それでは上記の選び方をふまえて、おすすめの商品を20選、総合的なバランスでランキングでご紹介していきます。

19位 DUP Nail ミリオンシャイン トップコート

DUPトップコート1

内容量 15ml
特徴 速乾性タイプ
質感 ナチュラル
速乾性 ★★★★☆
ツヤ感 ★★★☆☆
ネイルケア ☆☆☆☆☆
持ちの良さ ★★☆☆☆

60秒で速乾!ジェルネイル風の質感を叶えてくれる

DUPトップコート2

たっぷり大容量でコストパフォーマンスの良い速乾トップコートのDUP。気泡が出来にくく、ジェルネイルのようなぷっくり感に美しく仕上げてくれます。 マイナス点としては、マニキュアとの相性が悪いと下に塗ったマニキュアが溶けて滲んでしまうことがあるようなのと、容器が透明でないので残りの量が一目でわからないところでしょうか。それでも、このツヤを体験したら他は使えない!という人や、本当に速乾でイライラがなくなった!という人もいるほどの人気商品です。

 

17位 ORLY カラーケア ボトム+トップ

ORLYトップコート

内容量 11ml
特徴 ツヤ出しタイプ
質感 ジェルネイル風
速乾性 ★★☆☆☆
ツヤ感 ★★★★★
ネイルケア ☆☆☆☆☆
持ちの良さ ★★★☆☆

これ一本でベースコートとトップコートの二役をしてくれる

トップコートだけでなくベースコートとしても、二通りの使い方が出来るORLYの「ボトム+トップコート」です。「二つ揃えるのはもったいない」、「ベースコートとトップコートのそれぞれどれがいいのかわからない」という人におすすめしたい、そんな商品です。

仕上がりは、ツヤツヤというより「ちゅるちゅる」という言葉が合いそうな光沢感が特徴で、一度その魅力に気づくとコレなしではセルフネイル出来ないかも!?という商品です。カラーポリッシュは塗らず、自爪で楽しむと健康的に見せてくれるというのが一つのウリのようなので、クリアネイルやフレンチネイルを楽しみたいときに是非試してみたいですね。

 

15位 オルビス(ORBIS) ベース&トップ グロスコート

オルビストップコート

内容量  −
特徴 ツヤ出しタイプ
質感 ジェルネイル風
速乾性 ★★☆☆☆
ツヤ感 ★★★★★
ネイルケア ☆☆☆☆☆
持ちの良さ ★★★★☆

ジェルネイル風の質感とモチの良さを求めるならコレ!

まるでグロスのような、うるうるな艶やかさを演出してくれるボリュームグロス処方で、手軽に、しかも簡単にジェルネイルのような立体的なぷっくり感が出せます。伸びが良く、セルフネイル初心者でも使えるのが嬉しいですね。

なかなか乾きにくいのがマイナス点ではありますが、ネイルの持ちがいいので許容範囲でしょうか。このトップグロスコートはベースコートとしても使え、たっぷり大容量でこのお値段なので、コストパフォーマンスもグッドですね。

 

14位 レブロン エクストラ ライフ トップ コート

レブロン エクストラ ライフ トップ コート

内容量 14.7ml
特徴 持続性タイプ
質感 ナチュラル
速乾性 ★★★☆☆
ツヤ感 ★★★☆☆
ネイルケア ☆☆☆☆☆
持ちの良さ ★★★★★

いつものトップコートとは段違いに剥がれにくい。持ちの良さならコレ!

REVLON(レブロン)の「エクストラライフトップコート」は、マニキュアネイルで悩みのタネである「剥がれ」を防止してくれるアイテム。ネイルの表面をコーティングすることで、ピタッと密着し「はがれ」を防いでくれ、これを塗るだけでネイルの持ちが格段にアップします。その威力は、水仕事をしても問題ないほど。はがれに悩まされている方は、一度使ってみたらもう他は使えないかも!

さらに、乾くのも早いという優秀商品です。ジェルっぽい質感はありませんが、程よいツヤ感と発色の良さは感じられるでしょう。

 

13位 キャンメイク ジェルボリュームトップコート

キャンメイクトップコート

内容量 10ml
特徴 ツヤ出しタイプ
質感 ジェルネイル風
速乾性 ★★★☆☆
ツヤ感 ★★★★★
ネイルケア ☆☆☆☆☆
持ちの良さ ★★★☆☆

速乾性とぷっくりジェル風を兼ね備えたトップコート

速乾性に優れているだけでなく、硬化ライトなしで一度塗りでもツヤツヤのジェル風に仕上がると評判の良いCANMAKE(キャンメイク)のトップコート。少し重みのあるテクスチャーで、ネイルパーツの埋め込みにも向いています。他の速乾性を謳っている商品に比べると、そこまで速乾性はないという口コミもありますが、ツヤ感も重視しているので及第点ではないでしょうか。

気泡が入りにくく大きめで塗りやすいハケなので、一度で広範囲にササッと塗れるのも嬉しいポイント。プチプラなのに美しいネイルに仕上げてくれるアイテムです。

 

12位 アイエヌエム<inm>アウト・ザ・ドア トップコート

inmトップコート1

内容量 15ml
特徴 速乾性タイプ
質感 ナチュラル
速乾性 ★★★★★
ツヤ感 ★★★★☆
ネイルケア ☆☆☆☆☆
持ちの良さ ★★☆☆☆

速乾45秒!プロのネイリストも愛用するトップコート

inmトップコート2

とにかく速乾性を重視したい人におすすめのトップコート。テクスチャーはさらっとしており液が固まりにくいのですが、一方でジェルネイルのようなぷっくり感は出せません。ただ、ジェルのようなツヤ感は出せるので、あまり厚みのある仕上がりが好きじゃない方におすすめです。たっぷり15ml入っており薄づきなので、なかなか減らずコスパが良い商品。丸い形の刷毛で塗りやすく、気泡も出来にくいので失敗が少ないのが魅力です。

 

10位 ネイリスト クイッククリスタルコート

ネイリストトップコート

内容量 10ml
特徴 速乾性タイプ
質感 ナチュラル
速乾性 ★★★★★
ツヤ感 ★★☆☆☆
ネイルケア ★★★☆☆
持ちの良さ ★★☆☆☆

乾くまでは最速の30秒!速乾性重視の人におすすめ

とにかく乾くのが早く、その時間はなんと30秒ほど!せっかちさんにもオススメのトップコートです。また、ネイルカラーの発色を良くしてくれて変色を防ぎ、爪表面も強化してくれる効果もあると評判です。

ツヤ感はそこまで期待出来ませんが、3日程度で剥がれてくることもあり塗り直した方がいい商品なので、こまめにリペアしてあげるといいでしょう。

何度も重ね塗りすれば、ジェルネイルのようなぷっくり感も楽しめるようです。筆は硬すぎず細すぎずで、とても塗りやすいという点も嬉しいポイントです。

 

7位 シャネル ル ジェル コート

シャネルトップコート

内容量 13ml
特徴 ツヤ出しタイプ
質感 ジェルネイル風
速乾性 ★★★★☆
ツヤ感 ★★★★★
ネイルケア ☆☆☆☆☆
持ちの良さ ★★★★☆

速乾性&高級感のある光沢の両方が手に入るトップコート

ご存知、ハイブランドCHANEL(シャネル)の「ル ジェル コート」は、速乾性のあるタイプですが、UVライトなしでジェルネイルのような厚みのある質感に仕上げてくれます。 爪表面に素早く広がってセルフでも簡単に均一に美しく塗ることが出来、ネイルサロンのような仕上がりに。ネイルカラーの持ちの良さにも定評があり、一度塗りでもマニキュアの色を美しく見せてくれますよ。さらに持ちの良さも一級品。一週間持てば素晴らしいと言われるネイルカラーですが、こちらのトップコートを使えば二〜三週間も持ちが続いたという口コミも。しかも、剥げないことはもちろん、光沢感も持続するというから驚きですね。

 

6位 essie エッシー グッドトゥゴー トップコート

エッシートップコート

内容量 13.5ml
特徴 速乾性&ツヤ出しタイプ
質感 ジェルネイル風
速乾性 ★★★★☆
ツヤ感 ★★★★☆
ネイルケア ☆☆☆☆☆
持ちの良さ ★★★★★

速乾性だけじゃない!モチの良さも段違いのトップコート

アメリカ生まれの「essie(エッシー)」。さすがのネイルブランドらしく、その商品には定評があります。こちらのトップコートは、寝る前に塗っても問題ないくらい速乾性に優れている上に、持ちも良いと評判のでリピーターも多い商品。安いマニキュアの上に塗っても、上品なツヤ感が出て、ネイルサロンでジェルネイルをしてもらったような仕上がりが自宅でカンタンに出来ちゃいますよ。マニキュアにだけでなく、ジェルネイルにも塗ると、持ちが格段にアップする優秀アイテムです。

 

5位 エテュセ ジェルトップコートN

エテュセトップコート

内容量 9ml
特徴 ツヤ出しタイプ
質感 ジェルネイル風
速乾性 ★★★★☆
ツヤ感 ★★★★★
ネイルケア ★★★★☆
持ちの良さ ★★☆☆☆

爪を衝撃から守ってくれて、速乾性もあるアイテム

爪への衝撃を吸収してくれる成分配合で爪をガードしてくれる、エテュセのトップコートは、ドラッグストアなどでも簡単に手に入るアイテム。ぷっくりなめらかな表面を作ってくれ、あるツヤ感も出してくれます。さらに、乾きも早いので急いでいるときにもぴったりですね。モチはあまり良くないのが難点ですが、何度か厚塗りすると少し持続するようです。

 

4位 Dior トップコートアブリコ

ディオールトップコート

内容量 10ml
特徴 速乾性タイプ
質感 ナチュラル
速乾性 ★★★★★
ツヤ感 ★★★★☆
ネイルケア ★★★★☆
持ちの良さ ★★☆☆☆

速乾性・ツヤ感・ネイルケアをバランスよく備えたアイテム

お値段は張りますが、トップコートに欲しい機能をすべてバランスよく取り入れてくれているのがこちら、Diorの「トップコート アブリコ」。 薄付きな軽めのテクスチャーでサラッと伸びてくれ、ストレスない速乾を実現してくれるのに加え、一度塗りでネイルカラーを保護し、ガラスのようツヤ感を出してくれます。

薄付きのためジェルネイルのような肉厚感はありませんので、もしジェルのような質感が欲しい!という場合は同じくDiorの「ジェルコート」という商品がおすすめです。 残念ながら持ちに関してはそこまで良いとは言えないようですが、アプリコットオイルが配合されていて、爪のケアも出来るトップコートになっています。 さらに高級ブランドならではの、気分が上がるアイテムなのも良いですよね。部屋の中に無造作に置いても、オシャレなインテリアとして映えそうです。

 

3位 セシェ セシェ・ヴィート

セシェ・ヴィート

内容量 14ml
特徴 速乾性&ツヤ出しタイプ
質感 ジェルネイル風
速乾性 ★★★★★
ツヤ感 ★★★★★
ネイルケア ★★☆☆☆
持ちの良さ ★★★☆☆

世界初の特許取得!プロも愛用しているトップコート

世界中から愛されている、日本生まれのブランド「セシェ」。こちらの速乾性のトップコートは特許を取得しており、プロのネイリストもこぞって愛用しているという折り紙つきの商品。 とろみのある重めのテクスチャーが特徴で、ひと塗りだけで爪の表面に均一に伸びてくれ刷毛の跡が残らないので、セルフネイル初心者でも塗りやすいのが良いですね。気泡が出来にくくツヤツヤに仕上がり、ジェルネイルのようなぷっくり肉厚な質感を楽しむことが出来ます。厚みがあるので、大きめのスタッズなどのパーツを埋め込むのにもおすすめ。

また、変色の原因となる成分が入っていないので、ネイルカラーを美しく維持してくれるという高性能のトップコートです。 容量もたっぷりでなかなか使い切れないコスパの良さですが、もしトップコートが固まってきたときは専用の薄め液を使うと戻るようなので、そちらも揃えておくといいでしょう。

 

2位 ネイルネイル ネイルサポート

ネイルサポート

内容量 6ml
特徴 ツヤ出し&ネイルケアタイプ
質感 ジェルネイル風
速乾性 ★★★★☆
ツヤ感 ★★★★☆
ネイルケア ★★★★★
持ちの良さ ★★★☆☆

爪をケアしてくれる商品ならコレ!ネイルネイルのロングベストセラー!

Amazonでもベストセラーにランクインしているネイルネイルの「ネイルサポート」は、「爪が弱くすぐ折れてしまう」「爪を健康的に長く伸ばしたい」「薄い爪を補強したい」という悩みを持った方におすすめ。

コーティングポリマーが様々なダメージから保護してくれ、健康的な美爪をつくるサポートをしてくれるだけでなく、シルクエキスとイチゴエキスなどで潤いを与え、爪をケアしてくれます。まさにネイルサポートという名前通りの商品ですね。意外と乾きも早く、クリスタルポリマー配合でツルツルピカピカに仕上がってくれます。トップコートだけでなくベースコートしても使えるほか、ネイルカラーを休憩するときにもこれだけ塗っておくとより効果的。クリアタイプなので、ナチュラルで主張しすぎない綺麗な爪を演出してくれますよ。

 

1位 ネイルネイル ボリュームジェルトップコート

ボリュームジェルトップコート

内容量 10ml
特徴 速乾性&ツヤ出しタイプ
質感 ジェルネイル風
速乾性 ★★★★☆
ツヤ感 ★★★★★
ネイルケア ★★★★★
持ちの良さ ★★★★☆

速乾・ジェルネイル風・モチの良さ・保湿ケア、すべて兼ね揃えた商品

一塗りだけでも、ジェルネイルのような光沢感に仕上がる、ネイルネイルの「ボリュームジェルトップコート」が第1位。ぷっくり感が出来るのに、意外にもったりしたテクスチャーではなく軽めの質感で塗りやすいのが魅力。 さらに速乾性もあり、ネイルのモチも良いというバランスのとれた商品。

さらにさらに、アボカドエキス、オレンジ果実エキス、キイチゴ果実エキス、メドウフォーム油などの成分が配合されおり、爪に潤いを与えてくれて保湿ケアも同時に出来ます。欲しいものすべてがギュッと凝縮されたような商品なので、あの機能もこの機能もバランスよく欲しい!という方におすすめです。

 

モチが良くなるトップコートの塗り方

トップコートを爪に塗っている外国人女性

続いて、美しく仕上げ長持ちするトップコートの塗り方をご紹介します。これはプロのネイリストも行っている方法なので、参考にしてみてくださいね。

まず大事なことは、マニキュアが完全に乾ききったあとにトップコートを塗ること。乾ききる前に塗ってしまうと、ヨレてしまったりマニキュアと混ざって汚くなってしまったりするので、これは必ず守るようにしてください。マニキュアを塗って待つ時間がストレス!という方は、速乾性タイプのポリッシュを選ぶといいでしょう。

1. 塗る前の作業も重要!ボトルを振ったり、すぐに塗りはじめたりするのはNG

トップコートを塗る前の作業もとても大事です。塗る前にボトルをシャバシャバと振りたくなるかもしれませんが、これをしてしまうと空気が含まれて気泡が出来る原因になるのでやめましょう。

フタを開けたら、すぐに塗り始めるのはストップ!ボトルの口部分でハケをしごき、必要な量のトップコートだけの状態にします。これは、トップコートやハケに含まれた余分な気泡をなくすためです。また、ハケを広げて塗りやすくする効果もあります。

2. 一番最初に塗り始めるのは先端部分から

では塗っていきましょう。最初に塗り始めるのは爪のエッジ(先端)から。ネイルカラーで一番剥げやすいのは、衝撃を多く受ける先端部分です。ここをきちんとコーティングしてあげることで、ネイルのモチが良くなりますよ。エッジ部分は、中央に乗せてから左右、という順番に塗っていきましょう。

3. やさしく撫でるように塗るのがポイント

エッジ部分が終わったら、次は爪全体へ。まずは爪の中央を塗っていきましょう。ポイントは、筆を爪に押さえつけるのではなく、少し浮かせてやさしく撫でるイメージで筆をすべらせて塗っていくこと。あまり力を入れないのがポイントです。こうすれば、自然にトップコートが広がっていってくれます。

4. 塗り残しがないかもチェックするのが綺麗に仕上げるポイント

最後に、左右の両端にも広げて塗っていきましょう。トップコートは透明なのでわかりにくいかもしれませんが、塗り残しがあるとデコボコになってしまって表面がつるんと仕上がらないので、塗り残しがないかきちんとチェックしましょう。

 

ネイルを長持ちさせるコツ

ネイルカラーをした手で目を覆っている外国人女性

ネイルが剥げてしまう原因のほとんどが、指先や爪先に衝撃がかかってしまうことです。そこで、ネイルを長持ちさせるにはなるべく衝撃を与えないようにすることが大事です。

仕事などでパソコンのキーボードを使う機会が多い方は、なるべく爪を使わず指の腹を使うように心がけましょう。爪の長い女性は指が綺麗に見えて素敵ですが、長いとどうしてもリスクが増えてしまいます。そのため、出来るだけ爪を長くしすぎないのも大事です。

また、お風呂の際や水仕事の際にも爪に負担がかかってしまいます。シャンプーの際、ゴシゴシと指先で洗っていませんか?なるべく指先に衝撃を与えないよう、シャンプーブラシを使うといいでしょう。

水仕事をする場合には、ゴム手袋をつけるといいでしょう。洗剤によるダメージ・乾燥も防げますし、手荒れも防げて一石二鳥ですね。

さらに、トップコートをこまめに塗り直すこともポイントです。一度塗ったら、忙しくてつい放置してしまうという人も多いと思いますが、トップコートを塗りなおすことで耐久性が持続し、モチが格段に良くなりますよ。それを怠ると、結果としてマニキュアが剥げてしまい、リペアしないといけなくなるのでより面倒です。塗り直しの頻度としては2〜3日に1回が理想ですが、せめて1週間に1度塗り直すようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?希望にあったトップコートは見つかったでしょうか。ネイルサロンに行けば、プロに素敵なデザインのネイルを施してもらえますが、定期的に行くのはお金もかかります。セルフネイルなら、自分の好きなタイミングで自分の好きなデザインに仕上げられ、しかも経済的ですよね。洋服に合わせてネイルを楽しみたいからセルフ派、という人もいるでしょう。

質感の違うトップコートをいくつか持っていれば、それだけでネイルの幅がかなり広がること間違いなし。ネイルの要であるトップコートは是非こだわりを持って選んで、セルフネイルを楽しみましょう!