眉マスカラ

ここ数年の眉毛の流行は、太めでナチュラル、極端に抜いたり剃ったりしないスタイルが人気ですよね。

とはいえ、まったく眉毛のお手入れしないのも、ボサボサで清潔感がない印象になってしまいます。また、自分の眉毛の形が気に入らない、産毛が濃くて嫌なので剃りたい…という人もいるでしょう。そんなときは、眉毛カッター・眉毛シェーバーを使ってお手入れをするのがおすすめです。

今や女性だけでなく男性にとっても、眉毛を整えることは身だしなみの一つになったと言えるのではないでしょうか。なんと男性用の眉毛カッターやシェーバーまで発売され、通販の人気ランキングにも入るほどなんです。

そこで今回は、男女ともにおすすめの、眉毛カッター・眉毛シェーバーの選び方から人気商品の紹介まで、徹底的にご紹介します!



眉毛カッター・シェーバーを使った方がいい理由

化粧をした女性の眉と目元

眉毛を整える方法というと、何が思い浮かびますか?

ハサミでカットする、カミソリを使う、毛抜きで抜く、眉毛カッターやシェーバーを使う…といった方法が主にあると思います。その中でも、眉毛カッターやシェーバーを使う方法がおすすめである理由を説明します。

ハサミで処理する方法のデメリット

眉毛の量が多い・長くて野暮ったい…という場合、ハサミで程よい長さにカットする方法があります。これはとても簡単な方法ですが、「長さが均一にならず毛に濃淡が出てしまった」「思っていたよりも切りすぎた」というような失敗をする可能性もあるので注意が必要です。

毛抜きで処理する方法のデメリット

眉の輪郭からはみ出した部分を毛抜きで抜くという方法は、綺麗でツルツルな仕上がりにはなりますが、実は肌に炎症を起こしたり色素沈着の原因になったりと、肌に負担をかけてしまいます。

さらに、まぶたがたるんできて老けて見えるようになる、というマイナス面もあるんです。実際に、筆者が毛抜きを使って眉毛を整えていた際、翌日にまぶたが下がって二重が奥二重になってしまったことが何度かあります。目が小さく見えてしまうので、それを機に毛抜きを使うのをやめました。

さらにさらに、眉毛を抜きすぎると生えてこなくなることもあるんです。間違って抜いてしまった箇所に、もう生えてこなくなったとしたら…想像するだけでも恐ろしいですよね。このように、デメリットが多いので、毛抜きを使用するのは良い方法とは言えません。

眉毛カッター・シェーバーなら初心者でも簡単!

それに引き換え、眉毛カッターやシェーバーを使うと肌への負担も少なく、産毛なども簡単にお手入れすることが出来ます。電動タイプや手動タイプなど数多くの商品がありますが、初心者は特に電動シェーバーを使うのがおすすめです。

また、多くの商品には専用のマユコームがついており、コームの長さも短いものから長いものまで揃います。これがあれば、ハサミを使わなくても好みの長さに均一に揃えることが出来るので簡単に整えることが出来ます。

 

使用用途によって考える、眉カッター・眉シェーバーの選び方

眉シェーバーと眉コームのアタッチメントと掃除用ブラシ

眉毛カッター・シェーバーは今や様々なメーカーから様々な種類が発売されています。一見どれも似たように見えるので、選ぶのが難しいですよね。

眉毛カッター・シェーバーを選ぶ際、使用用途や何を重視するかで選び方が変わってきます。そこで、特に大事なポイントを5点紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

眉コームがついているものを選ぶ

コームとはクシのことで、刃に装着して使用すると眉毛の長さを均一に揃えて綺麗にカットすることが出来ます。イメージとしては、バリカンに装着するアタッチメントコームがありますよね。それと同じようなものです。

このコームがついているカッター・シェーバーを選べば、「切りすぎた!」という失敗が少なく、誰でも簡単に適度に長さを残してカットすることが出来るんです。コームの長さは2mm〜8mmが一般的。自分の好きなサイズを選ぶのが良いですが、何段階か調節ができるものだとより使いやすいですよ。

水洗いできる防水機能があるものを選ぶ

眉毛カッター・シェーバーにはカットされた眉毛が刃の部分にたまってしまうので、長く清潔に使うにはこまめに掃除をする必要があります。付属で掃除用ブラシがある商品も多くあり、それを使ってお手入れをすることが出来ます。

もし防水機能がついて商品ものであれば、掃除の際に水洗いが出来るので、ブラシよりも楽チン。また、高い防水機能がついている商品であれば、お風呂の中でも水を気にせずカットできる上、その場でサッと掃除も出来て良いですよね。

刃の大きさで選ぶ

眉毛カッター・シェーバーを選ぶ上で意外と重要なのは、刃の大きさです。自分の顔の大きさや眉毛に合った刃を選ぶようにしましょう。眉毛を整える際に大きい刃を使ってしまうと、刃の範囲が広すぎて失敗してしまうことになりかねません。顔も産毛も処理したいから大きめの刃のフェイスシェーバーを眉にも使うなんてことは、よっぽど器用な方以外はやめておきましょう。

眉毛も顔の産毛も処理したいという場合、一番良いのは小さい刃と大きい刃がセットになった商品を選ぶのがおすすめです。より失敗を避けたい人は、眉用の中でもなるべく刃が小さいものを選ぶのがおすすめです。

替えの刃が替えやすいかで選ぶ

眉毛カッター・シェーバーは、使い続けるうちに刃を替えるタイミングがやってきます。交換せずにいると、切れ味が悪くなったり肌に負担をかけたりするので、必ず交換しましょう。

商品によって、替え刃を替えるのが容易いものと手間がかかるものがあります。また、替え刃が手に入りにくいメーカーなどもありますので、購入を検討する際には確認しておくといいでしょう。

1台で何役にもなる商品で選ぶ

商品の中には、付属のアタッチメントを取り替えるだけで、眉毛や顔のうぶ毛以外に鼻毛・襟足・もみあげ・ヒゲ・脇・腕などのお手入れが出来る商品もあります。せっかくなら1台で何役にもなる商品が欲しいという人は、絞って探してみると良いでしょう。

 

女性におすすめの眉毛カッター・シェーバー8選

それでは、上記のポイントをふまえたおすすめの商品をご紹介していきましょう。「女性におすすめ商品」を8選、「男性におすすめの商品」を7選、計15選を紹介します。

まずは「女性におすすめの眉毛カッター・シェーバー8選」をどうぞ!

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ ES-WF40

フェリエ

 

眉コーム あり(2、4、6mm)
色展開 ホワイト・ピンク・グリーン
重量 20g
防水機能 なし
電源 乾電池式

眉毛カッター・シェーバーの代名詞ともいえる、ベストセラー商品

フェリエ5

Panasonic(パナソニック)の乾電池式フェイスシェイバー。薄く丸い刃が、肌を傷つけず優しく処理してくれる、眉毛カッター・シェーバーといえばこの商品がまずおすすめに挙がるほどの、ベストセラー商品です。

シェーバーの使い方としては、本来であれば石鹸やローションで滑りやすくしてからお手入れするのが理想ですが、この商品は乾いた肌に使っても肌に負担がないくらい、優しい使い心地なんです。刃は、産毛処理の出来るフェイス用の1種類だけなのですが、付属のマユカバーを取り付けることで眉用のシェーバーに早変わりします。女性らしい柔らかい色合いがキュートなのもポイントが高いですよね。

BIENNA 4in1電動 多機能シェーバー

眉コーム あり(サイズ不明)
色展開 ホワイト
重量 82g
防水機能 あり。丸々水洗い可
電源 乾電池式

本体は丸洗い可能、さらに高性能な4台1役なのに低価格!

乾電池式のこちらの多機能シェーバーは、眉毛や顔だけでなく、もみあげ・鼻・足や腕、脇などのボディにも使える、なんと4つもヘッドがついているんです。1台で4役をこなしてくれるのに、この値段はびっくり価格な上に、評価もとても高く「安かろう悪かろう」な商品でないことが伺えます。

防水性能が高く本体を丸々水洗いすることが出来るので、お風呂でのお手入れにも問題なく使えるのも良いですね。少し重量があるのがマイナス点ではありますが、この使い勝手の良さであれば許容できるのではないでしょうか。

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ ES-WF60

眉コーム あり(2、4、6mm)
色展開 ビビッドピンク・ピンク・ホワイト
重量 20g
防水機能 なし
電源 乾電池式

ES-WF40に、高機能スイングヘッドを搭載した進化版

パナソニックのベストセラー商品「ES-WF40」と同じように、肌に負担の少ない丸い刃先が優しく処理してくれる、乾電池式のシェーバーです。フェイス用の刃のみですが、付属の眉カバーを取り付けることで眉用のシェーバーに早変わりする点も同じです。「ES-WF40」と異なる点は、左右10°に動くスイングヘッドになっているところ。肌の凹凸に合わせて、スイングヘッドが密着して動いてくれるのでキレイにつるつるに剃れ、メイクのノリも良くなりますよ。

日立 フェイスシェーバー マユクリエ BM-530

眉コーム あり(2、4mm)
色展開 シャンパンゴールド・ピンク
重量 30g
防水機能 なし
電源 乾電池式

コンパクトでベーシック機能のペンシルタイプ

余計なものはいらない、ベーシックな機能だけでいい!という人におすすめなのが、乾電池式の日立のマユクリエ。女の子らしい色展開で、眉カッター・シェーバーだとは思われないペンシルタイプのスタイリッシュなボディ。また、持ち歩きにも邪魔にならないコンパクトなデザインです。2mmと4mmの眉コームが付いています。

フィリップス レディスシェーバーサテンコンパクトHP6393

眉コーム あり(2、4mm)
色展開 ホワイト×ピンク
重量 28g
防水機能 なし
電源 乾電池式

眉毛や顔のうぶ毛だけでなく、体のムダ毛処理も出来る

乾電池式のフィリップス「サテンコンパクト」には、眉や産毛といった顔のケアだけでなく、腕や脇などの体のケアにも使用できます。フェイス用のアタッチメント(8mm)と、ボディ用のアタッチメント(26mm)が付いており、ボディ用は一般的なフェイス用の刃に比べると大きめにつくられています。そのため、体のムダ毛処理もスムーズに行えます。剃り味はとてもなめらかで、産毛は0.1mmまでカットしてくれるのでツルツルな触り心地に。衝撃に強く頑丈につくられているので、壊れにくいのも嬉しいですね。

ロゼンスター フェイス・シェーバー FV-046

眉コーム あり(2、4mm/6、8mm)
色展開 シルバー×ピンク
重量 18g
防水機能 なし
電源 乾電池式

豊富なアタッチメント付きで、コスパが良いロゼンスター

25mmのフェイスシェーバーと、5mmの小さな眉用シェーバー、さらに2/4mm、6/8mmの2種類の眉コームが付いている乾電池式のシェーバーです。ロゼンスターの商品は、多彩なアタッチメントにも関わらずお値段が安い商品が多いんです。こちらの商品は、少し音が気になる…というようなレビューはあるものの、総合的にはコストパフォーマンスが良いと評判のよい商品です。

ロゼンスター フェイス・シェーバー TL-743

眉コーム あり(2、4mm/6、8mm)
色展開 ホワイト
重量 20g
防水機能 なし
電源 乾電池式

パナソニックのベストセラー商品にも似たデザイン

フェイス用と眉用の2種類の刃と、2/4mmと6/8mmの眉用コームつきという充実した内容の乾電池式シェーバー。こんなにたくさんアタッチメントがついていて、この価格はかなりお買い得です。

パナソニックの大ヒット商品「フェリエ」に似ていると評判の、すっきりとしたペンシルデザインが誰でも使いやすくて良いですね。このお値段なので仕方ないですが、保管用ケースなどは付属されていないので、自分で用意する必要があります。

コイズミ フェイスシェーバー&ノーズケア KLC-0830

眉コーム なし
色展開 ホワイト・ビビッドピンク
重量 27g
防水機能 あり
電源 乾電池式

顔と鼻のお手入れが出来る

フェイスケアとノーズケアが出来る2種類のヘッドがついた乾電池式シェーバーセット。ノーズヘッドは、先端部分が極細使用。女性の小さな鼻でも無理なく処理できます。また、チタンコーティングの刃を採用しており、錆びにくくなっているのが他にはないポイント。防水機能つきで水洗い可能なので、簡単にお手入れできて錆びにくいのは嬉しいですね。眉用の小さい刃はついていないので、大きな刃で眉のお手入れはちょっと…という人には向いていません。

 

男性におすすめの眉毛カッター・シェーバー7選

続いて、機能やデザインなどで男性におすすめな眉毛カッター・シェーバーを7つご紹介します。初めて購入を考えている人から、買い換えようと思っている人まで、参考にしてみてくださいね。

テスコム Menford フェイスシェイバー MF22

眉コーム あり(1、2、3mm/4、6、8mm用)
色展開 シルバー・ブラック
重量 21g
防水機能 あり。お湯洗いも可能
電源 乾電池式

お湯洗い可能で、皮脂汚れもすっきり落ちる

男性でも抵抗なく使えるシルバーとブラックの2色展開の乾電池式TESCOM(テスコム)のシェーバー。

こちらの商品が他と違う点は、便利な水洗いが出来るだけでなく、なんとお湯洗い(45℃以下)も出来るんです。刃に付いた皮脂汚れお湯で落とすことが出来るので、より清潔に使い続けられます。2種類の眉コーム(1/2/3mm用、4/6/8mm用)が付属されており、また、掃除用ブラシ、アタッチメントケースも付いています。

パナソニック マユシェーバー ER-GM20

眉コーム あり(2、4mm/6、8mm)
色展開 ブラック・シルバー・レッド
重量 20g
防水機能 なし
電源 乾電池式

眉用のみのシェーバーはプチプラ価格

女性用シェーバー「フェリエ」が人気のパナソニックから、感電式の男性用・眉シェーバーです。パナソニックの商品は、品質が良いので少々高い商品が多いのですが、こちらは眉用シェーバーのみのためプチプラで購入出来ます。フェイスシェーバーは付いておらず、顔の産毛などの眉以外の処理には向いていないので注意しましょう。2/4mmと6/8mmの2種類の眉コームが付いているので、4段階の長さから選べます。

貝印 BI-HADA OMPA for men

眉コーム なし
色展開 ブラック
重量  –
防水機能 あり
電源 乾電池式

こんなに色んな機能性がついて1000円以下!?

貝印の乾電池式眉シェーバーは、1秒に約100回もの音波振動機能がついており、肌への抵抗が少ないことで負担をかけずカットすることが出来ます。生活防水機能もついているので、水洗いにも対応しています。替え刃が2個(1個は本体に装着済み)ついているのに、1000円を切るこの価格は驚きですよね。

フィリップス フェイススタイリングキット  NT5172

眉コーム あり(3、5mm)
色展開 ブルー
重量 67g
防水機能 あり。丸々水洗い可
電源 乾電池式

眉毛・鼻毛・耳・ヒゲ・もみあげ・襟足など顔全体のケアが可能!


Philips(フィリップス)の乾電池式マルチスタイリングセットは、これ一本で眉毛だけでなく鼻毛・耳・ヒゲ・もみあげ・襟足など、顔全体がお手入れ出来てしまう優れもの。3mmのスタイラーコーム、3mmと5mmの眉用コーム2種類が付属されています。さらに防水性能が高く、本体は丸洗い出来るほか、お風呂の中でも気にせず使用することが出来るんです。

フィリップス独自の開発技術である「チューブトリマー」は、先端が丸みを帯びている刃が肌に当たらないようにつくられており、痛くなく肌に優しいのが嬉しいですよね。どれを買えばいいか悩むならこれを買えば間違いない、というくらい、通販サイトなどでもとても評価が高い商品です。

パナソニック スティックシェーバー ER-GB20

眉コーム  なし
色展開 ブラック・ホワイト・ブルー・レッド・グリーン
重量 31g
防水機能 なし
電源 乾電池式

肌を傷つけないセーフティー刃を採用しているから安全

Panasonic(パナソニック)の乾電池式シェーバーは、肌に直接触れず傷つけない「セーフティー刃」を使用しているので安心して使用できます。まるで携帯用電動歯ブラシのような、男性でも気兼ねなく使えるシンプルでスタイリッシュなデザインなので、周りにバレることもないでしょう。また、男性用ではほかにはない多色カラー展開が嬉しいですね。眉用ヘッドは付いていないので、小さめの刃を好む人には向いていません。

ロゼンスター メンズフェイスシェーバー EMS-500N

 

眉コーム あり(2、4mm/6、8mm)
色展開 シルバー
重量 50g
防水機能 なし
電源 乾電池式

多彩なアタッチメントなのにお値打ちな価格

LOZENSTAR (ロゼンスター)の乾電池式シェーバーは、男性でも持ちやすいクールなアルミボディ。フェイス用と眉用の2種類の刃と、眉用コーム2種類がついており、耳まわりの産毛も簡単にお手入れできます。水洗いはできないので注意です。

眉毛カッター・シェーバーがどんなものか、とりあえず試してみたいという方や、毛はそんなに濃い訳ではないので使う頻度はあまりない、という方にはリーズナブルな価格の商品から試してみるのもいいのではないでしょうか。

ヒーローグリーン フェイスグルーミングキッ

眉コーム  あり(4、7mm)
色展開 ブラック
重量 60g
防水機能 あり
電源 乾電池式

眉毛・鼻毛・ヒゲ・モミアゲ・エリ足まで整えられる!

 

Hero Green(ヒーローグリーン)の乾電池式シェーバーキットには、4mmと7mmに調節可能な眉毛コームが付いているほか、顔の産毛も処理できます。驚きなのはそれだけでなく、このお値段なのに男性のエチケットである鼻毛・ヒゲ(2〜6mmに調節可能)・モミアゲ・エリ足のお手入れもこれ一つで出来てしまうんです。

本体は水洗いが可能なので、面倒くさがりな方でも簡単にお手入れが出来ます。携帯ポーチも付いており、乾電池で使えるので旅行や出張などにも持っていけて便利ですよね。

失敗しらずな眉カッター・シェーバーの正しい使い方

鏡を見ながらシェーバーを使って眉のお手入れをしている女性

眉毛カッター・シェーバーは簡単に眉毛を整えることが出来ますが、正しい使い方を知っておけばより失敗する可能性が少なくなります。これからご紹介する手順をふまえて、美しいモテ眉を手に入れましょう。

まずは輪郭を決め、眉上から眉下の順番に整えよう

ナチュラルな眉を作るために、まず最初に輪郭を決めましょう。おすすめなのは、輪郭を決めたらアイブローペンシルで縁取ること。そうすれば、縁からはみ出した部分をカットすればいいのでやりやすくなります。

「左右対象にしたい」「どのように形を作ればいいかわからない」という人は、アイブローガイドというテンプレートのようなものも売ってあるので、そちらを使ってみても良いでしょう。最近ではダイソーなどの百円均一ショップでも手軽に購入できます。

さて、輪郭からはみ出た毛を剃るときは、コームは装着せず刃を直接肌に当てて剃っていきます。まずは眉上を整えましょう。毛の流れに逆らって剃っていくと、上手くいきやすいですよ。眉上を整えたら、次は眉下です。眉下の場合も、毛の流れに逆らって外側から内側へと剃ると上手く仕上がります。

肌が乾燥した状態で剃るのはやめよう

乾燥した状態で刃を肌にあてると、滑りが悪くなるだけでなく、肌に刺激を与えて負担をかけてしまいます。ひどい場合は炎症や色素沈着を起こしかねないので、お手入れする前には保湿してから剃るようにしましょう。

前述でご紹介した、パナソニックのフェリエなどの一部商品では、保湿をしなくても肌に負担がかからないというものもあります。いちいち保湿してお手入れするなんて面倒!という人は、そのような商品を試してみてはいかがでしょうか。

眉間も忘れずに整えよう

忘れがちなのが、眉間の産毛。あまり濃い人だと、左右の眉毛がつながっているように見え、清潔感に欠けるので忘れないようにお手入れをしましょう。眉間の毛の処理は、下から上へ刃を動かすと剃りやすくなります。

長さを整えよう

輪郭に沿って形を整えたら、次は長さです。

眉カッター・シェーバーに、コームを取り付けます。コームを使うときは、浮かさないようピタッと肌に密着させて垂直にして使うとキレイに仕上がりますよ。 コームを使ってカットする場合も、毛の流れに逆らって整えていくのがポイントです。眉尻の方から眉頭に向かって、ゆっくり動かしていきましょう。

ここで注意点。当たり前のことですが、コームの長さが短いと薄い眉になってしまいます。「想像より薄くなってしまった…」というような失敗を避けるために、まずはコームの長さが長いもので試してみましょう。もう少し薄くしたいと思ったら、徐々に短いコームを使っていくと、失敗する可能性が低くなります。

アフターケアも忘れずに

眉毛を整えたら、肌は何もケアをしないなんてことはありませんか?

実は剃毛をしたあとの皮膚は、想像よりもダメージを受けているんです。化粧水をたっぷりと含ませたコットンで数分間パックをした後、ローションや乳液などで保湿をするのがベター。簡単なので、敏感になった肌をきちんとケアして、肌荒れなどから守ってあげましょう。

また、肌だけでなくカッター・シェーバーのケアもお忘れなく。付属のブラシで刃についた眉毛をキレイに払ってあげるか、水洗いOKのタイプであれば、水洗いをしてから水を拭き取って乾かしておきましょう。それだけで刃のモチが変わってきますよ。

まとめ

凛々しい眉だと意思が強そうに見えたり、ナチュラルだと優しそうに見えたり。眉は、顔や表情の印象を左右する非常に重要なポイントです。眉まわりの産毛やムダ毛がない人は、顔のトーンが明るく見え、とても爽やかな印象を与えます。恋愛においても仕事においても、清潔感のある人は素敵ですよね。

今回ご紹介したような、高性能なのに手を出しやすい価格の商品は年々増えています。それだけ、眉や産毛のお手入れを気にする人の需要が増えたということかもしれませんね。

自分の希望に合った眉カッター・シェーバーを手に入れて、自分に自信を持った素敵な生活を送りましょう。