【長時間座る人に】人間工学(エルゴノミクス)に基づいた椅子の選び方とおすすめ製品

今回は「人間工学に基づいて設計された椅子」について、選び方とおすすめの製品をご紹介します。会社勤めの方は多くの人がそうだと思いますが、それ以外の方でも一日の大半を椅子に座って過ごすという方は多いのではないでしょうか。この記事では、人間工学に基づいて設計された一日中座っていても苦にならない椅子をご紹介します。

詳しくは後でご紹介しますが、人間工学というのは、人間の体格や動きに合わせて製品をデザインすることで、より活動しやすい環境を作ることを目的とする学問分野のことを言います。このことは椅子について言えば、単に座りやすいというのではなく、長時間座っても身体にかかる負担が少ないとか、座っている姿勢を続けることによる腰痛の発生を防止したりすることを意味します。

もっとも、人間工学に基づく椅子の中にも色々なタイプの製品がありますから、自分に合ったものを探すのは中々大変です。この記事も参考にして自分に合った製品を見つけてください。おすすめの製品では、ハーマンミラーに代表される海外の一流メーカーの製品や、イトーキやエルゴヒューマン、宮武製作所とった国内メーカーの製品まで、様々なタイプを扱っています。

【社会に立つ実践科学】人間工学とは?

椅子に座る男性

選び方やおすすめ製品をご紹介する前に、その前提として「そもそも人間工学とは何なのか?」について簡単にご説明しておきます。

「一般社団法人 日本人間工学会」のHPの記載によると、人間工学は「働きやすい職場や生活しやすい環境を実現し、安全で使いやすい道具や機械をつくることに役立つ実践的な科学技術」であるとのことです。

これだけではよく分からないかもしれませんが、人間工学の扱う分野は非常に広く、私たちが人間工学と聞いて思い浮かべやすい人に優しい道具や機械の設計も、人間工学が扱う分野の一つに過ぎません。人間工学では、オフィスデザインなど広く職場の物理環境の全体が対象になりますし、更には組織やマネジメントといった物理環境以外も研究対象になります。とても範囲の広い学問なのです。

とても幅広い学問ですが、この記事のテーマである椅子との関係で言えば、人間の身体的な特性や、椅子に座っているときの人間の行動などを分析して、快適に使える椅子・健康の維持に役立つ椅子といったものをデザインすることと言って良いと思います。この記事では、こうした快適に座れる(座り続けられる)椅子、座ることによる弊害(腰痛や血行不良など)が起こりにくい椅子をご紹介しています。

なお、人間工学という言葉には、エルゴノミクス(Ergonomics)やヒューマンファクター(Human Factors)といった英語が対応します。以下の記事でも、人間工学に基づいた椅子のことをエルゴノミクスチェアと表現していたりするので、ご承知ください。

【ラクに座れる、腰が痛くならない】人間工学に基づいた椅子の選び方

腰をさする女性

ここからは人間工学に基づいた椅子の選び方について、ご紹介します。一口に「人間工学に基づく」といっても、問題の分析や解決へのアプローチには様々なものが考えられ、それに応じた多様な製品が開発されています。色々なタイプの製品がありますから、製品選びの参考にしてください。

【どんな目的を持った製品なのか?】製品開発の意図を把握する

人間工学に基づいた椅子にも色々なタイプのものがあるので、どんな意図を持って開発された製品なのかを把握するようにすると製品を選びやすくなります。

まずは、身体のラインに沿ったサポートをしてくれる椅子というものがあります。立った状態の人間の背骨は独特のS字カーブを描いていて、これが自然な状態です。このカーブが保たれない猫背のような座り方をしていると、腰痛の原因となります。

そこで、長時間椅子に座る場合には、背骨のカーブを保ってくれる椅子に座ると良いということになります。このS字カーブをサポートしてくれるのが、ランバーサポートと呼ばれる部分です。背もたれの下の方が前方に膨らんでいて、S字カーブを保持してくれます。

このようなランバーサポートが付いた椅子以外では、普通の椅子に座るときの姿勢にそもそも問題があるとして、骨盤を立てて座るタイプの椅子もあります。このタイプの椅子は主に座面の形が普通の椅子とは異なります。

さらには、同じ姿勢でじっとして座り続けることが身体に良くないという理解から、椅子に座った状態でも身体を適度に動かせるように工夫された椅子もあります。

これらの椅子のうち、ランバーサポートが付いたタイプの椅子は形状としては普通の椅子と同じものが多いのですが、骨盤を立てて座る椅子や身体を動かすことを目的とした椅子は、普通の椅子とはかなり違った形状の椅子もあります。

具体的にどんな椅子があるかは、以下のおすすめ製品のところでご紹介しますが、自分が現在の椅子に対してどんな不満があるのかを考えて、どの椅子であれば自分のニーズと椅子の開発意図が合致するのかを見極めて製品を選ぶようにすると、自分に合った製品が選べます。

【特に海外メーカーの製品は要注意】製品のサイズはしっかりチェック!

人間工学に基づいた椅子を購入する場合には、サイズの確認を怠らないようにしましょう。オフィスチェアとして販売されているものも多いので、自宅で使用する場合にはサイズが大きすぎる可能性があります。椅子を設置する予定の場所にしっかり収まるサイズの椅子を買いましょう。

全体の大きさ以外では、座面の高さは座りやすさに大きく影響するので、しっかりとした確認が必要です。特に海外メーカーの製品はちゃんと調べてから購入しないと、思ったよりも座面の高さが高いことがあります。もちろん、ほとんどの製品は座面の高さが調節できますが、最も低くしたときに何cmになるのか調べておいてください。椅子に深く座った際にもかかとが浮かない程度の高さが目安です。

なお製品のサイズを表示する際には、W、D、H、SHといった略号が使われている場合があります。Wが幅、Dが奥行、Hが高さというのは他の家具などでも使われていますが、SHは椅子の場合しか使われません。SHは、座面(シート)の高さの意味です。このSHを必ず確認するようにしてください。

【身体にぴったりフィット】調節機能の充実度を見る

普通の椅子は座面の高さが調節できる程度のものが多いのですが、人間工学に基づいた椅子は、より身体にフィットさせるため、椅子の各部の調節機能が充実したものが多くなっています。

製品によっては、自動的に調節してくれるものもあり、そういった製品では調節可能な項目は少なくなりますが、基本的には調節できる項目が多い方が身体にフィットさせやすくなります。肘掛の高さや位置、先程ご紹介したランバーサポートの張り出し具合といったものが調節可能な製品を選ぶと良いでしょう。

少し変わったものとしては、「前傾チルト」という機能を持った椅子もあります。この機能は、座面の角度を少し前傾した位置に調節にして椅子を使うことができるというものです。人間は集中して作業をするとき、やや前のめりの姿勢になります。普通の座面の椅子でこの姿勢を取ると、腰が曲がり、腹部は圧迫され血行が阻害されます。

前傾チルト機能があると、前のめりの作業に適した状態に椅子を調節できるので、作業内容によってはとても有効です。例えば、アナログで字や絵を書く人や液晶タブレットを使う人、机で模型作りなどの趣味の作業をする人には、前傾チルト機能はかなり便利です。

【オプションの装備もあります】自分に必要なパーツは何か見極める

椅子を購入する際には、どのパーツを付けるかを自分で選べる場合があります。例えば、ヘッドレストやアームレスト(肘掛)の有無が選べる場合があります。パーツを付ければその分価格は上がりますから、自分には明らかに不要なパーツは付けない方が費用を節約できます

ヘッドレストは背もたれにもたれる機会がなければほぼ使いませんから、必要がないという人も多いと思います。逆にアームレストは、腕の高さを机の高さに合わせるようにすると、かなり疲れ具合が違いますから、基本的には省くべできではありません。しかし、作業内容によってはアームレストが必要ない人もいらっしゃるかもしれません。自分に必要なパーツを見極めるのは、椅子にかけるコストを減らすコツです。

パーツとは言わないかもしれませんが、座面や背もたれの素材もしっかり選びたいポイントです。多くの製品が、メッシュ素材や布素材、革素材などから選択することができます。長時間座ることを前提にすると、蒸れにくいメッシュ素材がおすすめですが、自宅で使う椅子はインテリアの一部でもあります。部屋の雰囲気との調和も考えて選ぶようにしてください。

なお、インテリア業界では、広く布素材のことをファブリックと呼ぶことがあります。椅子の素材でもファブリックという言葉が使われることがありますが、布のことだと思ってください。

【自分に合った製品を見つけよう!】人間工学に基づいた椅子のおすすめ人気製品ランキング

ここからは、おすすめの人間工学に基づいた椅子(エルゴノミクスチェア)をランキング形式でご紹介します。様々なタイプの製品がありますが、どれも人間工学の考え方を活かして、人に優しい・健康に良い座り方ができるものになっています。椅子に座ることに関して何か悩みを抱えている人は、自分に合った製品がないか探してみてください。

第20位 サカモトハウス バランスシナジー

サカモトハウスバランスシナジー

材質 構造部材:積層材(ブナ)、天然木(ブナ)、金属(スチール) 張り材:ポリエステル100% クッション材:ウレタンフォーム
サイズ 幅35×奥行33.3×高さ46~65.7cm
質量 4.6kg
調節機能 座面高さ

バランスを取りながら椅子に座ることで、自然と姿勢が良くなる

サカモトハウスバランスシナジーカラーバリエーション

「歩くように座れる椅子」です。この椅子の発案者によると、そもそも人間は座り続けることに向いた身体をしていないとのことです。人間が本体持っているバランス感覚を活性化させて、身体を動かすことが健康につながるとのこと。そこで、この製品は左右(もしくは前後)に揺れるように作られています。

揺らしながら座ることで、バランス感覚は活性化され、コアマッスルが刺激され、自然に姿勢が良くなるという理屈です。実際に歩き続ける場合と違って、股関節や膝、足の関節への負担は軽減しつつも、コアマッスルや背筋、腹筋は鍛えることができます。

姿勢が悪く、腰痛に悩まさせれている人や、座りっぱなしで運動不足の人におすすめです。

第19位 ヒューマンスケール フリーダムチェア

ヒューマンスケールフリーダムチェア

材質 クッション:モールドウレタン クッションのサポート部分・ヘッドレストのフレーム:ソリッド樹脂 外部フレーム・キャスターベース:アルミダイキャスト 張り地:コレクトグレイン製牛革 アームパッドカバー:合成皮革(PU) ※コレクトグレインは、表面を研磨加工した革のこと
サイズ 幅67×奥行66×高さ106~115cm 座面高さ43~52cm
質量 22.3kg
調節機能 座面の高さ・奥行、背もたれの高さ、ヘッドレストの高さ

絶えず変化する姿勢を自動的にサポートするインテリジェントなメカニズム

ヒューマンスケールフリーダムチェア背面

この製品は、座る姿勢の変化に合わせて、自動的に身体をサポートする仕組みが充実しています。リクライニングのテンションは座る人に合わせて自動的に調整され、リクライニングした状態でポジションをキープするにもレバー操作は必要ありません。

アームレストは背もたれに連動、ヘッドレストもリクライニングに合わせてスライドします。バックレストは背もたれのフレームとは別に独自に角度が調節されるので、リクライニングをしたときも背骨の動きに沿うようにフィットします。

特別な操作を行わなくても、老若男女を問わずオフィスで働く人の95%以上の人の体型に合うように設計されていますから、どなたにも快適な座り心地を提供してくれます。

第18位 DUOREST DR-920T

DUOREST DR-920T

材質 張り地:ポリエステル100% 中材:ウレタンフォーム フレーム:スチール
サイズ 幅47.5×奥行55×高さ45cm
質量 6kg
調節機能 -

背もたれが2分割されたDUORESTの座椅子版

DUOREST DR-920T折り畳み可能

この後13位でご紹介しているDUORESTシリーズの座椅子版。詳しくは13位の製品の方でご説明しますが、左右に分離した背もたれが、背中をしっかりサポートしてくれます。

背もたれ部分以外の特徴としては、座面が360回転式で身体の向きを自由に変えられること、上の写真にあるように収納時には折りたためてコンパクトになることなどがあります。

座椅子タイプの身体の負担が小さい製品が欲しい方におすすめです。

第17位 ウィルクハーン ON.

ウィルクハーンON.

材質 シート:ファイバーフレックス(ポリエステル製3Dメッシュ)、ポリプロピレン、ウレタンフォーム 背もたれ:ファイバーフレックス、ポリアミド アームレスト:ポリアミド アームパッド:ポリウレタン フレーム
:アルミ ベース:ポリアミド
サイズ 全幅70、全高122~140cm 座面高さ40~52cm
質量 26kg(外装重量)
調節機能 座面高さ、リクライニング硬さ、チルトロック、シート奥行、背もたれ高さ、アームレスト上下・前後・角度

「人間工学+運動学」というアプローチで生み出された製品

ウィルクハーンON左右の動き

人間工学に運動学を取り入れて開発された椅子。座った状態でも身体を自然に自由に動かすことができる椅子として開発されました。具体的には、上の写真からも分かるように、座面と背もたれが前後方向だけでなく、左右の方向にも自由に動きます。前後左右の動きが連動した回転運動も可能です。メーカーでは、このメカニズムを三次元シンクロメカニズム「トリメンション」と呼んでいます。

ウィルクハーンのHPでは、このON.の性能を活かした「椅子に座ったまま行えるストレッチ運動」も紹介されています。座ったまま同じ姿勢を続けることが身体の負担になることは広く知られていますが、この製品ほど座った状態で身体を動かすことに着目した製品は他にありません。

なおON.は実売価格が20万円を超える高価な製品ですが、ON.と同様の「トリメンション」を取り入れつつ、よりカジュアルにスポーティなルックスを備えたIN.という製品も同社から販売されています。IN.の方がかなり価格が抑えられているので、「ON.のメカニズムには魅力を感じるけど、価格が……」という人には、IN.をおすすめします。

第16位 MTG Style Dr.CHAIR+

MTG Style Dr.CHAIR+

材質 構造素材:ポリスチレン クッション材:ウレタンフォーム 生地:ポリエステル100%
サイズ 約幅59×奥行56×高さ51cm
質量 約2.9kg
調節機能 -

猫背にならず正しい姿勢で座れる座椅子

MTG Style Dr.CHAIR+座面と背面の角度

「フローリングや畳に座るときにも、正しい姿勢で座れる座椅子」が欲しいという方も多いのではないでしょうか。この座椅子は背面と座面の角度に工夫があり、背骨と骨盤を包みこむ形状をしていて、正しい姿勢で座れるようにサポートしてくれる座椅子です。

床に座るときは、椅子に座るとき以上に姿勢が悪くなりがちですが、この製品は背面と座面が80度になるように設計されています。この角度の座椅子に座ると、骨盤が前に倒れてしまうことがなく、腰を立てた状態で座ることが自然にできます。また体重が座面に集中せずに分散されることになって腰への負担が軽減されます。

人間工学というのはもともと産業分野で発展したものなので、人間工学に基づいた椅子もいわゆるオフィスチェアが多くなっています。この製品は、人間工学に基づいてデザインされた「座椅子」ということで、貴重な存在です。床や畳に座る機会が多い人で、腰への負担を減らしたいという人に是非おすすめしたい製品です。

第15位 Steelcase Leap

Steelcase Leap

材質 背座部:モールドウレタン布張り 背裏部:樹脂 肘部:樹脂+ジェルフォームパッド 脚部:強化プラスチック(PA)
サイズ 幅68.6×奥行55.9×高さ97.8~110.5cm 座面高さ39.4~52.1cm
質量 -
調節機能 テキスト座面高さ・奥行、ランバーサポートのカーブ、背もたれ下部強度・上部強度、アーム上下・左右・角度、リクライニング角度

無理なく姿勢を変えられるチェア

Steelcase Leap背面のスライダー

この製品には「ナチュラルグラインドシステム」と名付けられた機能があります。背もたれをリクライニングさせると座面が前方にスライドするシステムです。リクライニングさせても目線の高さの変化が少なく、手元の位置も変わりにくいので、目にかかる負担が少なくなります。

そして、多くの調節機能があるのも特徴です。腰椎部分を支える背もたれの下部と胸部エリアを支える上部の強度が個別に調節することができるのは、リーフ独自の機能です。また上の写真にあるつまみは、ランバーサポートのカーブを調節するものです。このつまみを上下させることで、使う人の背骨のカーブに合わせた調節ができます。

使用者の身体に合わせた動きが可能な「人の背骨を真似る」チェアです。

第14位 Salli SALLI SWAY

Salli SALLI SWAY

材質 -
サイズ 幅47×奥行37×高さ55~77cm
質量 11kg
調節機能 シート高さ

乗馬をする姿勢で座る椅子

上体を起こした乗馬の姿勢で座れる椅子です。普通の椅子に座っていると腰周りの血管や神経が圧迫されますが、この椅子に座った場合は上体の荷重はほぼ坐骨にかかるので、血流や神経伝達が阻害されることがありません。

特に中腰の姿勢で作業する歯科医師、美容師などに向いた椅子で、この製品の母国であるフィンランドでは歯科クリニックの70%で使用されているそうです。もちろん、一般的なデスクワークの際にも腰にかかる負担を軽減してくれます。

難点として、歯科クリニックなどで使用されている椅子ですから、一般的なデスクで使用すると椅子の高さが高すぎる(デスクが低すぎる)ということがあります。この製品はミドルタイプですが、47cmまで座面が下がるショートタイプもありますから、一般的な事務作業に使う場合は、こちらの方が向いているかもしれません。

第13位 DUOREST LEADERS DR-7501SP

DUOREST LEADERS DR-7501SP

材質 背もたれ:ポリプロピレン、ウレタンフォーム、スチール 座面:モールドウレタン 脚:ポリプロピレン  張地:ポリエステル100% 背クッション:ウレタン 座クッション:モールドウレタン
サイズ 幅67.4×奥行67.4×高さ109.5~117.8cm 座面高さ40.8~49.1cm
質量 19kg
調節機能 座面高さ、背もたれ上下・左右、背座ロッキング、ロッキング強弱、ヘッドレスト上下、アームレスト上下

左右に分かれた背もたれが、身体の動きに追従

DUOREST LEADERS DR-7501SP社内で

画像からも分かるように、背もたれが2つに分かれた椅子です。背もたれが分割されていることによって、座っている人の姿勢の変化により柔軟に適応して、常に背中に背もたれが密着します。

これによって腰への負担が軽くなります。臨床実験では腰にかかる圧力を最大30kg軽減できるという結果が出ています。また中央部が空いているので、脊柱を圧迫することがなく、腰痛の人にも優しい構造です。背もたれは高さだけでなく、左右の幅も調節可能ですから、様々な体型の人に対応できます。

DUORESTシリーズには、女性用のスリムな「DUO LADY」、子ども用の「DUO MINI」もありますから、使用する人に合わせて適切なサイズの製品を選ぶことが出来ます。

第11位 レメックス・ジャパン ニーリングチェア

レメックスジャパン ニーリングチェア

材質 フレーム:スチール粉体塗装 座面・膝置き:プライウッド(合板)、ポリエステル、ウレタンフォーム ホイール:ナイロン
サイズ 幅63×奥行57~65×高さ53~65cm
質量 約10kg
調節機能 座面高さ、膝クッション部分の角度(4段階)

腰にかかる体重を膝に分散、背筋が伸びる座り姿勢

レメックスジャパン ニーリングチェア高さ角度調節

腰への負担を減少させる効果が期待できる製品。腰にかかる体重を膝にも分散することで、腰にかかる負担を軽減できます。また商品画像にあるように、座面が前傾しているので、この椅子に座ると自然に骨盤が立った状態になります。姿勢の矯正にも役立つ椅子です。

普通の椅子とは座り方が違うので、最初は座りにくさを感じるかもしれませんが、この製品の場合はアームがついているので簡単に座れますし、一旦腰掛けた後で腰を浮かせてポジションを直すこともできます。

画像は子どもが座っているものが使われていますが、子ども専用というわけではありません。座面の高さも調節できるので、身長約120cmから180cmまで、大人の人も問題なく使えます。

なお、この製品には背もたれがありませんが、背もたれがあるタイプも販売されています。リラックスするときには背もたれが欲しいという人には、こちらもおすすめです。

第10位 オカムラ コンテッサ

オカムラコンテッサ

材質 背フレーム:アルミダイキャスト 肘:アルミダイキャスト+スチール+樹脂成型品 肘パッド:発砲ポリウレタン 脚:アルミダイキャスト
サイズ 幅62~71×奥行61.5~66.2×高さ115.9~125.9cm 座面高さ42~52cm
質量 29.8kg(発送重量)
調節機能 座面上下、リクライニング角度・角度固定、ロッキング強弱、座面の前後スライド、ランバーサポート上下・前後、アームレスト高さ・角度

多様な調節が簡単に行えるスマートオペレーションコンセプト

オカムラコンテッサ可動範囲

いくら人間工学に基づいた椅子とはいっても、最終的には使用する人に合わせた調節が必要になります。この製品は、様々な箇所の調節が簡単に行える「スマートオペレーションコンセプト」によってデザインされています。

左右のアームレストの下には、座面の高さとリクライニングの調節ができるレバーがあります。基本的な調節は座ったままの姿勢で簡単にできる設計です。その他の調節機能も、レバーやダイヤルの操作で簡単に行えるように配慮されています。自分専用の椅子の場合は、それほど頻繁に調節をすることはないかもしれませんが、職場で使う場合や家族で使う場合には、簡単に調節ができるのは便利な機能です。

調節機能以外では、メッシュのカラーバリエーションが12色から選べるのも特徴です。自分の好みのカラーにこだわりたい人にもおすすめです。なお、この製品は通常のメッシュタイプですが、メッシュに濃淡を付けることで、腰周りはしっかりサポートして背中はやさしくフィットするグラデーションメッシュタイプもあります。

第9位 宮武製作所 プロポーションスツール(ハイタイプ) CH-800H

宮武製作所プロポーションスツールハイタイプCH-800H

材質 ウレタン、スチール、合成樹脂(ポリプロピレン) 張地:ポリエステル
サイズ 幅41×奥行41×高さ61~86cm
質量 7.4kg
調節機能 座面高さ

座りながら運動することで脳が活性化・姿勢も矯正

宮武製作所プロポーションスツールハイタイプCH-800H効果

じっと座っていることを前提としない椅子です。この椅子は全方位に8度傾斜するデザインになっていて、座りながら、ゆらゆらを身体を動かすことができる作りになっています。仕事をしているときでも適度に身体を動かすことができるので、背中や腰の筋肉を使い、血流が良くなり、脳が活性化します。

また上の写真のように座面が前傾する形で腰掛けることで、骨盤が立った姿勢で座ることができ、背筋を伸ばして姿勢の矯正にも役立ちます。身体をゆらすことによる運動でデスクワークの最中でもカロリー消費ができて、健康にもつながる椅子です。

座面は特徴的な丸みを帯びた三角形で、どの位置からでも座れます。この製品は座面の高さが61~86cmのハイタイプですが、デスクに座るには高すぎる場合は、高さ51~66cmのロータイプもあります。傾けて座る椅子ということで、強度などに不安がある方もいらっしゃるかもしれませんが、第三者機関による強度試験が実施されているので安心です。

第8位 アーユルチェアー キャスタータイプ【オクトパス】

アーユルチェアーキャスタータイプオクトパス

材質 座面・背もたれ部:表皮一体成形発泡ウレタン 背座支持金物:鋼板プレス加工品 支柱:鋼管加工品、プラスチック成形品 ベース:プラスチック成形品
サイズ 幅53×奥行53×高さ80cm(高さ80cmは最大サイズ) 座面高さ41~55cm
質量 9kg
調節機能 座面高さ、腰あて高さ

骨盤を立てて座る「坐骨座り」を可能にする椅子

アーユルチェアーキャスタータイプオクトパス坐骨を立てた正しい姿勢

この製品は、坐骨2点で座る「坐骨座り」が正しい据わり方であるという理解を前提に、坐骨座りができる椅子として開発されたものです。「坐骨で座る新習慣」というキャッチコピーが付けられてます。坐骨で座ると、立ったり歩いたりしているときと同じ骨盤が立った状態になり身体に良いという理屈です。

この坐骨座りを実現するため、アーユルチェアは、上の写真のように座面をまたいで座ります。坐骨で座る感覚を掴むため座面は硬めになっていて、背もたれはなく、正しい姿勢を維持するための「腰あて」が付いています。

レビューをみると、確かに姿勢良く座れるという声が多いようです。ただ、お尻が痛くなるという声もあります。また、アーユルチェアに座るためには股を開く状態になるので、女性は人前では使いにくいということもあるかもしれません。普通の椅子に座っていると腰が痛くなるという人におすすめです。

第7位 コクヨ INSPINE ヘッドレスト付 可動肘

コクヨINSPINEヘッドレスト付可動肘

材質 背・背フレーム:強化ナイロン、ポリエステル 座・座板:ポリプロピレン 座パッド:ポリエステル、モールドウレタン 肘パッド:ウレタンスキンモールド 脚:アルミダイキャスト磨き仕上げ
サイズ 幅68.5×奥行61~88×高さ114.5~123.5cm 座面高さ42.5~51.5cm
質量 約22.4kg
調節機能 座の高さ、座の奥行、ロッキングの強さ、肘パッドの前後移動、座面の前傾

ワイヤーによるランバーサポートと大きく可動する肘パッド

コクヨINSPINEヘッドレスト付可動肘背面

この製品の特徴の一つは、ワイヤーによるランバーサポートにあります。上の写真では白っぽく見えているのがそれで、チューブの中につながった一本のワイヤーが入っています。これは靴紐の原理を応用したもので、靴紐が足の形や動きに合わせて摺動(すべりながら動くこと)するように、座っている人の姿勢の変化に合わせてランバー部が滑らかにフィットします。

また、肘掛椅子を使っている人の中には経験がある人も多いかもしれませんが、椅子の肘掛が机にぶつかって、十分な位置まで椅子を前に出せないことがあります。こうなってしまうと、椅子に浅く腰掛けることになって、正しい姿勢が保てません。そこで、この製品では、肘掛の位置を大きく後ろに動かせる機構が採用されています。

作業の内容によって肘掛を前後に大きく動かせるので、机の上のキーボードなどを操作するときは後方に下げて椅子と机をしっかり近づけることができ、肘掛に肘をのせたいときには、最適な位置まで肘掛を前に出すことができます。細かな点にまで座る人への配慮が行き届いたエルゴノミクスチェアです。

第6位 吉桂 iPole7

吉桂iPole7

材質 ファブリック スチール
サイズ 幅74.3×奥行65.2×高さ84~93.2cm 座面高さ40~49.2cm ひじ高さ70.5~79.7cm
質量 14kg
調節機能 シート高さ、チェストサポートの傾き・回転

背中ではなく、前方で胸と肘を支える椅子

吉桂iPole7使用風景

iPole7は、外科専門医が使う椅子を参考にしてデザインされた独特の形状をしています。自分が仕事をしているときの姿勢を考えてみると分かると思いますが、集中して仕事をしているときは、背もたれに体重をかけることは基本的にありません。そこで、この製品は背もたれを廃止して、逆に身体の前方に胸部と肘をサポートするチェストサポートを装備しています。

このチェストサポートに肘をのせる姿勢をとると、肩や肘の負担が軽減されます。またサポートに胸を当てることで背筋が曲がることを防止して正しい姿勢を維持、腰にかかる体重を分散する効果もあります。

椅子から立ち上がる際など、チェストサポートが邪魔になるときは、フレームを横に回転させて邪魔にならない位置に動かせる設計です。背面に回せば、休憩時の背もたれとしても使えます。

かなり特徴的なデザインなので、実際に使ってみるまでは抵抗感があるかもしれませんが、非常に理にかなったデザインです。シート形状も工夫されていて、ヒップの後部と骨盤が前を向くようにしっかり支える骨盤サポート効果を持ったシートになっています。比較的安価に購入できるのも嬉しいポイントです。

第5位 ハーマンミラー エンボディチェア

ハーマンミラーエンボディチェア

材質 背部:熱可塑性エラストマー、アセタール樹脂、ガラス強化ナイロン、ポリエステル 座部:熱可塑性エラストマー、アセタール樹脂、ポリエステル ベース:アルミダイキャスト
サイズ 幅75×奥行64×高さ98.5~110.5cm 座面高さ44~56cm
質量 約25kg
調節機能 シートの高さ、座面奥行、リクライニングの範囲・硬さ、背もたれのカーブ、アームの高さ・幅

座るだけで身体に良い効果をもたらすチェア

ハーマンミラーエンボディチェア背面

ハーマンミラーは、人間工学に基づいた椅子のデザインではとても有名なメーカーです。この製品は、そのハーマンミラーが、コンピュータの前で長時間働くという現代人のワークスタイルを踏まえてデザインしたものです。長時間座ることによって生じる問題を解決し、更に座るだけでユーザーの身体に良い効果をもたらすことを目指してデザインされています。

具体的には、座面と背もたれには上の写真のような独自のピクセル構造が採用されていて、圧迫感が小さく、血行が改善されます。血流を促進することによって、ストレスが軽減され、集中力の維持にも役立ちます。身体の動きに座面と背もたれが自然にフィットして、体重を均等に分散する効果もあります。

この製品の欠点としては、レビューの評価を見ると肘掛の耐荷重性があまり高くないようです。もともと肘をのせるためのもので大きな重量がかかることを想定して設計されてはいないらしく、肘掛に体重をかけて椅子に座ったり、椅子から立ち上がったりを繰り返していると故障しやすいという指摘があります。この点には注意すべきかもしれません。

この製品は、エルゴノミクスチェアの一流メーカーがコンピュータ時代に合わせて作った椅子ですから、長時間のパソコン作業で腰への負担が辛いといった人には特におすすめしたい製品です。

なお、これは余談ですが、1994年から販売されてきたハーマンミラーの代表的な製品「クラシック アーロンチェア」は2018年3月20日が最終受注日となっています。これ以降、クラッシックは製造中止となります。クラシックのデザインが気に入っていた人は、印象的なフォルムはほぼ変えずに新しい技術を盛り込んだ、後継機の「アローン リマスタード」がありますから、以後はこちらの購入を検討してください。

第4位 イトーキ スピーナチェア エクストラハイバック 背エラストマー

イトーキ スピーナチェア エクストラハイバック 背エラストマー

材質 背:エストラマー樹脂 座:布地張り 背支柱:強化ナイロン樹脂 背ブラケット・肘受:アルミダイキャスト粉体塗装 肘当:エストラマー樹脂、ウレタン 脚:強化ナイロン樹脂
サイズ 幅68×奥行66.5×高さ119~130.6cm 座面高さ47.5~59.1cm
質量 30.3kg(発送重量)
調節機能 シート高さ、ランバーストローク、ロッキング角度、ロッキング強弱、肘当の高さ・角度

背骨のS字ラインをキープするアクティブ・ランバー・サポート(A.L.S.)機構

イトーキ スピーナチェア エクストラハイバック 背エラストマーアクティブランバーサポート

写真では分かりにくいかもしれませんが、この製品は背もたれの部分はエストラマーの縦リブ構造となっています。エラストマーというのは樹脂とゴムの中間的な素材で、縦リブ構造というのは、これで作られた板を並べたような形状です。背中と背もたれが面ではなく線で接する形になるので、熱や湿気がこもることがなく、理想的な温度調節が可能になっています。

また背もたれは、使う人が調節をしなくても、自動的に座る位置や姿勢の変化に応じてランバー部のせり出し方が変わるアクティブ・ランバー・サポート(A.L.S)機構となっています。ただ座るだけで自然に背骨のS字ラインが維持されて、正しい姿勢で座ることができます。

ランバー部のせり出しを止めたり(ロック状態でも後方には可動します)、ロッキングの角度を調節したりすることができるので、作業の内容や使う人の好みに合わせた調節も可能です。

2007年にはグッドデザイン賞を獲得している、高いデザイン性と機能を併せ持った製品です。なお、この製品は最初に書いたようにエラストマーを使用したものですが、クロスタイプ、レザータイプの製品もあります。

第3位 GTracing Ergonomic Office Chair Racing Chair GT099R

GTracing Ergonomic Office Chair Racing Chair GT099R

材質 張り材:PUレザー
サイズ 幅67.31×奥行57.15×高さ120.65~132.08cm 座面高さ42~50cm
質量 約24.18kg
調節機能 シート高さ、リクライニング、アームレスト昇降・回転

ゲーム以外にも使いたいレーシングチェア

GTracing Ergonomic Office Chair Racing Chair GT099Rリクライニング

Amazonではゲーミングチェアとして売られている製品です。ゲーミングチェアには決まった定義があるわけではなく、基本的にゲームをプレイする上での特別な機能があるわけでもありません。つまり、ゲーミングチェアというのは「長時間ゲームをしていても疲れにくい椅子」といった程度の意味でしかないのが実際のところです。

しかし、このことは逆に言えば、ゲーミングチェアは「ゲーム以外の用途に使っても全く問題ない」ということも意味しています。ゲーミングチェアと呼ばれているものの中には、この製品のようにレーシングマシンのシートを模したようなデザインのものが多いので、デザイン的には会社で使うような用途には向きませんが、自宅用として使うにはむしろ好みという人も多いのではないでしょうか。

機能面では、まずはレーシングシートを模した3D形状が挙げられます。人間工学に基づいた設計で、しっかりしたホールド感があります。また最大165度まで倒れるリクライニング機能があるので、ゆったりとした姿勢で休息を取ることができます。ランバーサポートとヘッドレストピローは、好みに応じて使用しないこともできます。

そして、この製品は実売価格が2万円を切っているのも大きな魅力です(2018年3月現在)。エルゴノミクスデザインの椅子には高価なものが多いので、コスパを重視して選びたい人には、かなり有力な選択肢の一つになると思います。

第2位 関家具 エルゴヒューマン プロ オットマン

エルゴヒューマンプロオットマン

材質 フレーム:アルミダイキャスト 背・座:ポリエステル、エラストメリックメッシュ
サイズ 幅75×奥行72×高さ115~129cm 座面高さ46~55cm
質量 31kg
調節機能 シート昇降、シートスライド、ヘッドレスト高さ・角度、ロッキング角度、前傾チルト、アームレスト左右前後スライド、背もたれロッキングテンション、ランバーサポート高さ

オットマン付きのエルゴヒューマンシリーズ最上位モデル

エルゴヒューマンプロオットマン斜め

エルゴヒューマンというブランド名は、エルゴノミクスとヒューマンファクターという人間工学を意味する2つの単語から名付けられています。その名前の通り、人間工学に基づいたデザインで、特に腰へのサポートとフィット感を重視したデザインがなされています。

この「エルゴヒューマン プロ オットマン」は、エルゴヒューマンチェアの中でも最上位のフラグシップモデルで、快適な座り心地を実現する多くの機能が搭載されています。その一つが、背もたれから独立したランバーサポート。椅子に座るだけで、体重や体格に合わせて必要な分だけ沈み込み、腰を適切にサポートしてくれます。

また操作レバーには「ハイブリッドレバー」が採用され、操作性が良いのも特徴です。座面の昇降、座面のスライド、リクライニングの3つの機能を調節をレバー1つで行うことができます。足元にはオットマンも装備していますから、仕事に疲れたときは足をのせて、とてもリラックスした姿勢で休息を取ることもできます。リクライニングの傾斜は最大38度です。

エルゴノミクスチェアには海外メーカーの高価なものも多く、なかなか手が出にくいのですが、この製品は日本のメーカーのもので、比較的低価格なのも嬉しいところです。なお、今回ご紹介しているのは、体重の分散性や通気性に優れたメッシュ素材のエラストメリックメッシュを使用したタイプですが、肌触りの良いファブリックメッシュや牛本革を選択することもできます。

第1位 ハーマンミラー セイルチェア

ハーマンミラーセイルチェア

材質 背・座:熱可塑性ポリウレタン、ナイロン樹脂、ポリエステル ベース:ナイロン樹脂、アルミニウム
サイズ 幅73×奥行73×高さ89~99cm 座面高さ42.5~52.5cm
質量 約15kg
調節機能 シート高さ、座面の奥行、アームの高さ、リクライニングの硬さ、リクライニングの範囲、前傾チルト

憧れのハーマンミラーの椅子を低価格で

ハーマンミラーセイルチェア背面

ハーマンミラーはエルゴノミクスチェアの代表格といってもよいメーカーです。この記事をお読みの方の中にも、「いつかはハーマンミラーの椅子と手に入れたい」そんな風に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ハーマンミラーの椅子は、持っているだけで一種のステイタスにもなるものですが、一方で簡単には買えない高価な品であることも事実です。

そこで、「より少ないパーツ、少ない素材、それでもすべてが優れたチェアの条件にあてはまる」というコンセプトで、より多くの人に買い求めやすい製品として開発されたのが、このセイルチェアです。個性的で魅力的でありながら、機能性が高いデザインでまとめられています。

メッシュ状の背もたれは、吊橋の原理から生まれたもので、フレームがなく全体がサスペンションとして働き、身体を優しく支えます。背もたれの支柱は独自のYタワー構造で、背もたれ全体が背骨のカーブに合わせてしなります。もちろん、人間工学に基づいたデザインで、腰を少し前傾した姿勢で支え、背骨を正しい位置に保ち快適性を向上させることができるよう配慮されています。

ここでご紹介しているのはオーソドックスなブラックのカラーリングですが、フレームはホワイトを選ぶこともでき、背もたれやシートの色は、ベリーブルーやスカーレット、グリーンアップルなどからチョイスすることができます。インテリアと調和するカラフルなカラーを選べば、家庭で使っても堅苦しい印象がなく、さらにおしゃれにセイルチェアのデザインを楽しむことができます。

機能性・デザイン・コスパのどれを見ても最高水準の、エルゴノミクスチェアのイチオシ製品です。

まとめ

人間工学に基づいた椅子について、選び方とおすすめの製品をご紹介しました。どの椅子も基本的には人間が座り続けることによって生じる身体への負担を避けることを主な目的にしていますが、その目的を達成するためのアプローチには様々なものがあるので、多くの個性的な製品が開発・販売されています。

椅子というのは、あまり頻繁に買い換えるものではありません。自分のニーズにあった製品をじっくり時間をかけて選んで、後悔することがないようにしてください。そのためにこの記事が少しでもお役に立てば幸いです。