最強画質のアクションカメラで動画撮影!2018最新版おすすめランキング

アウトドアレジャーやスポーツで、アクションカメラを使って動画撮影を楽しむ方は多いのではないでしょうか。

小型で扱いやすく、しかも頑丈なアクションカメラは野外撮影に活躍します。

国内メーカーではソニーやニコン、パナソニックが販売しているアクションカメラですが、現在人気のメーカーといえば、充実の撮影機能と豊富なオプションを提供するGoProです。

最近は低価格帯にも4K対応のアクションカメラが増えているため、思い出を高画質で残せるでしょう。

今回は、おすすめのアクションカメラをご紹介します。



アクションカメラはどんなカメラ?

走行中を撮影

アクションカメラは、別名「ウェアラブルカメラ」とも呼ばれる小型サイズのカメラになります。

すべての付属品をケースに入れて持ち歩いてもかさばらず、いつでもどこでも気軽にカメラをセットして撮影可能です。

アクションカメラは防水性能も高く、水場のスポーツやシュノーケリングをしながらでも写真や動画の撮影ができます。

防塵・防水機能のあるケース(ハウジング)が付属するもの以外に、カメラ本体に防水機能が備わったモデルもあるので、水に接する場面を撮影することが多い方はハウジングなしのモデルを購入してもいいかもしれません。

人の体や自転車のハンドルなど、いろんな場所に装着して使えるところもアクションカメラの魅力です。

アクションカメラのレンズは普通のカメラより視野が広くなっているため、ダイナミックで臨場感溢れる映像になります。

こうした利点を備えたアクションカメラは、いろいろなシーンで活躍することでしょう。

綺麗な映像を残そう!アクションカメラの選び方

これならバッチリ

アクションカメラを購入する際にはどんなポイントにこだわればいいのか、いくつか紹介していきます。

欠かせない要素は解像度とフレームレート

アクションカメラの用途は、写真より動画の撮影がメインになるでしょう。

そこで、最初に注目するポイントは解像度とフレームレートになります。

最近のアクションカメラは、4Kや1080p(フルハイビジョン)対応のモデルが主流です。

4Kで撮影した動画は、当然ですが4Kに対応した機器と繋いで映すことで真価を発揮します。

現状最高の4Kに対応していれば、将来話題の8Kに対応したカメラが普及するようになっても、しばらくの間は見劣りしない綺麗な映像を残しておけるでしょう。

フレームレートは動画のコマ数のことで、動画を構成する1枚1枚の静止画を、1秒間に何枚撮影するかの数字になります。

フレームレートは通常「~fps」と表記され、30fpsなら1秒間に30コマ、60fpsなら1秒間に60コマ撮影可能です。

当然コマ数が多い動画のほうが滑らかな動きで、コマ数が少なければ動画はカクつきます。

使った紙の枚数が多いパラパラ漫画をイメージすると分かりやすいかもしれません。

フレームレートの高さは、スロー再生した動画の滑らかさで比べてみると違いが実感できます。

動きが激しい動画を撮影するアクションカメラでは、フレームレートは60fps以上あると便利です。

動画のコマ数が多い分だけデータ容量は膨んでいくので、撮影した動画の保存には注意しましょう。

自分だけが鑑賞する動画がヌルヌル動いても、あまり意味はないかもしれません。

データ容量も圧迫しますから、臨機応変に設定を変えて撮影してください。

ちなみに写真撮影で重要な静止画の画素数は、1200万画素を備えたモデルなら十分に使えます。

現在アクションカメラのトップメーカーといえるGoProの製品でも、画素数は1200万画素です。

動画ほどではないにせよ、画像も高画質になるとファイルサイズが大きくなります。撮影のし過ぎで、記録媒体の容量がいっぱいにならないように気をつけましょう。

使い勝手は必ずチェック

アクションカメラは主に野外撮影で使いますから、充電が難しい環境でも長時間使用可能なほうが望ましいでしょう。

予備バッテリーの用意はもちろん、モバイルバッテリーの充電に対応できるモデルが便利です。

アクションカメラのメインの記録媒体であるmicroSDカードは、なるべく容量が大きいと安心できます。

4Kで撮影した動画は保存容量が大きくなるので、すぐに中身がパンパンになってしまうからです。

高画質設定で長時間撮影するなら、大容量のmicroSDカードを認識できるモデルを買っておきましょう。

Wi-Fi機能は、スマホアプリとの連携やSNSへのアップロードで活躍します。

今はWi-Fi対応のモデルが大半なので、スマホユーザーには欠かせない機能です。

他にも上位機種には音声コントロールなどもありますが、使いやすさを考えて必要な機能を取捨選択していきましょう。

スタビライザーは必要か

綺麗な動画を撮影したいときに厄介な手ブレですが、アクションカメラ本体の手ブレ補正機能は全体的に弱めになっています。

手ブレ補正を強化したモデルはありますが、きちんと手ブレを抑えた動画を撮影したいなら「スタビライザー」が必要になるでしょう。

おそらく見たことない方はイメージしづらいと思われるスタビライザーは、以前に流行った自撮り棒のような形状(全長は短いです)になっていて、先端にアクションカメラを取り付けて使用します。

スタビライザー最大の特徴は、グリップの向きが前後左右に振れてもカメラ位置が水平に保たれることです。

スタビライザーの種類は、機械式(アナログ)と電動式(デジタル)の2種類があります。

重りで重心を調整してカメラの水平を保つ機械式スタビライザーは価格が安いものの、重心の調整にはある程度の慣れが必要で、重りを増やすと少し重たいです。

また、あまり激しい動きの撮影にも向きません。

調整作業が面倒な方や体力に自信のない方は、電動式のジンバルを使ったスタビライザーを使うといいでしょう。

電動式スタビライザーの使い勝手は、ジンバルというモーター駆動でカメラを水平に保つ部位の性能に左右されます。

このジンバルは1軸、2軸、3軸の3タイプがあり、3軸はグリップをどう動かしても魔法のようにカメラが水平になりますが、1軸は回転(ロール)への対応のみです。

最近は2軸モデルが少なく、3軸か1軸の商品が多くなっています。

3軸ジンバルを使ったスタビライザーの価格はかなり高く、最上位モデルともなるとアクションカメラ本体より高い商品が多いです。

プロも愛用しているので効果は抜群ですが、完全に趣味のアイテムといえるでしょう。

スタビライザーの動きが分かりやすいレビュー動画や、実際にスタビライザーを使って撮影した映像は、ネットを検索するとすぐ見つかります。

安くない買い物になりますから、きちんと仕様を把握してから購入を検討してください。

今すぐ撮影を楽しもう!アクションカメラのおすすめ商品

ここからは、アクションカメラの中でもおすすめの機種を紹介していきます。

バッテリーの駆動時間については、動画撮影時のものです。

設定を変えれば録画可能時間も変化しますから、あくまで目安としてください。

No.10 ソニー HDR-AS300

ソニー HDR-AS300

最大解像度 1080p
バッテリー駆動時間 135分
防水性能 60m
Wi-Fi対応

強力な手ブレ補正

ソニー HDR-AS300

このモデルは同社のハンディカムで採用される「空間光学手ブレ補正」を、アクションカメラでも使えるようにしています。

可能な限り手ブレを低減して、滑らかで綺麗なフルハイビジョン60fpsの映像を残すことが可能です。

多少の雨が降っても平気な防滴仕様のボディに、脅威の60m防水を誇るハウジングが付属します。

頑丈で手ブレにも強いカメラは、野外撮影の頼もしい味方になってくれるでしょう。

No.9 GARMIN VIRB 360

GARMIN VIRB 360

最大解像度 5.7K
バッテリー駆動時間 65分
防水性能 10m
Wi-Fi対応

360°を撮影する全天球カメラ

GARMIN VIRB 360

全天球カメラは本体の前後に魚眼レンズを搭載していて、全方向360度を丸ごと撮影できます。

全方位をカバーしたパノラマ映像なら、その場にいなかった人とも臨場感を共有することが可能です。

両手が塞がった状況でも操作を可能にするボイスコントロール機能で、より快適な撮影が楽しめるでしょう。

5.7Kの超高画質で大自然の風景を余すことなく撮影できるだけでなく、みんなが集まるパーティーなどにも大活躍します。

価格の高さがネックですが、VR動画の撮影に興味がある方にもおすすめです。

No.8 Panasonic HX-A500-D

Panasonic HX-A500-D

最大解像度 4K
バッテリー駆動時間 30分(潜水時)
防水性能 3m
Wi-Fi対応

身近なウェアラブル

Panasonic HX-A500-D

カメラ部分に高解像レンズを備え、超小型のカメラでありながら4K画質が選択可能になっています。

操作性のいいジョイスティックで撮影設定も簡単です。

ヘッドマウントと組み合わせれば、自分の目線と同じ映像がラクラク撮れます。

別売のオプションも用意してあれば、さまざまなシーンで役立つアクションカメラになるでしょう。

No.7 Campark X-20

Campark X-20

最大解像度 4K
バッテリー駆動時間 2時間
防水性能 40m
Wi-Fi対応

アクションカメラに必要な機能をカバー

Campark X-20

4K解像度と2000万画素を活かした撮影ができます。

液晶画面はタッチ操作に対応しているので、初心者にも直感的な操作が可能です。

20mの距離に対応した改良型リモコンで利便性もアップしています。

撮影の設定を細かく弄れるため、今より深くアクションカメラを楽しみたい方にもおすすめです。

No.6 FIMI PALM

最大解像度 4K
バッテリー駆動時間 240分
防水性能
Wi-Fi対応

顔検出撮影で自動追いかけ録画

手にフィットするデザインで、手軽に録画がしやすいFIMI PALM は、3軸スタビライザー搭載で、傾きや手振れを自動的に補正し滑らかな映像が簡単に撮影できます。

128度の広角レンズが広がりのある映像を撮影し、顔を自動的に認識すると追いかけて録画するので動いている被写体を撮影することに適しています。

USB-Cポートによる高速充電とデータ転送が可能です。

Wi-Fiにも対応し、アプリを使えば撮影スタイルやテクニックから思い通りの撮影ができます。

No.5 GoPro CHDHX-501

GoPro CHDHX-501

最大解像度 4K
バッテリー駆動時間 情報提供なし
防水性能 10m
Wi-Fi対応

まだまだ現役の旧モデル

GoPro CHDHX-501

こちらはGoPro HERO5 Black本体のみの商品で、4K撮影は当然のこと、GPS機能まで搭載してあります。

GPS情報を動画に載せることで、画面に移動距離や走行速度を表示させた面白い動画を作成することが可能です。

現行の最新機種であるHERO6との性能差は顕著というほどでもないので、まずGoProのカメラに触れてみたいという方にはこちらもいいでしょう。

No.4 GoPro HERO9 Black

最大解像度 5K、4K、2.7K、1440p、1080p
バッテリー駆動時間 90分
防水性能 10m
Wi-Fi対応

瞬間を最高品質で撮影したいなら

プロレベルの繊細で安定した動画や写真を撮影したい方には、やはりGoproがおすすめ!

前後にディスプレイが付いているので、自撮りをしながら動画を確認できるし、カメラ部分だけを取り外すこともできます。

背面に搭載されているディスプレイは、大型でタッチスクリーンが可能です。

鮮明な画像を撮影できる5Kを搭載し、用途に合わせて4K、2.7K…と解像度を変更させることが可能となります。

驚くのは、手振れ補正機能がとても優れている点です。

Max Hyper Smoothと呼ばれる協力な手振れ補正機能を搭載し、山林を駆け巡るマウンテンバイクに取り付けた状態でも、ブレがほとんどない映像を撮影できます。

また、8倍スローモーション機能では、最大240フレーム/秒で撮影ができ、迫力満点の臨場感を演出してくれます。

No.3 GoPro CHDHX-601-FW

GoPro CHDHX-601-FW

最大解像度 4K
バッテリー駆動時間 情報提供なし
防水性能 10m
Wi-Fi対応

本格撮影に欠かせないアクションカメラの王様

GoPro CHDHX-601-FW

このモデルでは4K60fpsでの撮影が可能になり、動画の滑らかさと高画質を両立しました。

細かいパフォーマンスも前モデルからアップデートされ、操作性なども強化されています。

このモデルの新機能として、画面にタッチするだけで被写体にズームする「タッチズーム」、風景の明暗差を画面端まで的確に表現する「HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影」があり、屋外での撮影を有利にすることが可能です。

初心者には手に余る機能も多いですが、映像の品質も使い勝手も最高峰のアクションカメラといえるでしょう。

No.2 APEMAN A79

最大解像度 1080p、4K
バッテリー駆動時間
防水性能 40m
Wi-Fi対応

高画質4Kビデオと170度広角レンズ

高画質4Kに対応し広い範囲まで撮影できる170度広角レンズ、画素数は1600万画素と撮影のスペックは申し分ありません。

2.0インチの液晶画面を搭載しており、暗闇でも光を取り込みやすい高感度DMOSセンサーを採用し4K/30FPSの高画質な映像を夜間でも撮影可能です。

2.5mmの外部マイクで、鮮明な音声を拾い高音質な録画ができます。

バイクや自転車に取り付け可能なアクセサリが豊富に用意され、迫力のある画像を手振れ補正で滑らかな動画に仕上げてくれるアクションカメラです。

その他にも、連射撮影やループ録画、自動撮影などの便利機能がつき、ホワイトバランス調整や自動電源オフ機能、画面回転、HDMI出力機能など、より快適に撮影できるようにバックアップしてくれます。

No.1 Crosstour CT7000

最大解像度 1080p
バッテリー駆動時間 90分
防水性能 30m
Wi-Fi対応

はじめてのアクションカメラにピッタリ

Crosstour CT7000

アクションカメラは、Crosstourの「CT7000」です。

4Kの商品が選ばれなかったことは意外ですが、アクションカメラ本来の用途に適しているともいえるかもしれません。

性能に特筆すべき点はありませんが、基本的な撮影が楽しめる付属品、1050mAhのバッテリーがふたつ、Wi-Fi機能と、プレイバリューは文句なしです。

お子さんに使わせる1台目のアクションカメラとして、プレゼントにもおすすめです。

まとめ

今回はおすすめのアクションカメラを紹介しました。

半分以上は低価格帯の商品だったので、ユーザーの需要は性能より使い勝手にあるのかもしれません。

低価格帯のアクションカメラはデザインの類似から分かるように、有名な商品を模倣したクローン品が多くなっています。

購入する上で特に問題はありませんが、コピー元と同等の性能は期待しないほうが無難です。

また、同じ4Kといってもセンサー性能などで画質にハッキリ差が出るため、GoProのようなハイスペックモデルとエントリーモデルのアクションカメラとでは、撮影した映像はかなり異なるものになるでしょう。

コスパを取るか、それとも品質を重視していくか、それは各ユーザーの自由です。

アクションカメラでどんなことがしたいのかをしっかりイメージして、お気に入りの商品を見つけてみてください。