運転も安心

スピード違反を防ぐことは、安全におけるドライバーの義務といえるでしょう。

車の速度超過で捕まると安くない代償を払うことになりますし、悪質なケースは一発で免許取り消しの可能性もあります。

それでも、道路を走行中にスピード違反の取り締まり対象になってしまったドライバーの方もいるのではないでしょうか。

周りの車が似た速度で走っているから大丈夫と油断していたら、ある日突然警察からの出頭通知が届くかもしれません。

そうならないためには、コムテックやユピテル、セルスターが販売するレーダー探知機を車に搭載しておくと安心です。

速度超過を防ぐことで、結果的に安全運転に繋がります。

今回はレーダー探知機のおすすめ商品を、ランキング形式で紹介していきましょう。



レーダー探知機で何ができる?

車がたくさん

レーダー探知機とは、全国の高速道路や速度超過が多発する場所に設置されたオービス(自動速度違反取締装置)の位置を知らせます。

スピード違反の取り締まりに対応するための車載装置でもあります。

オービスはスピード違反を犯した車両の運転手とナンバープレートを自動撮影する装置です。

撮影された車の所有者には早くて数日、遅くても数ヶ月以内に指定の場所への出頭を命じる通知書が届きます。

近年は従来設置が難しかった住宅地などにも対応する「移動式小型オービス」が増加しています。

ドライバーは一層の気の引き締めが大事になるでしょう。

かつてのレーダー探知機は、こうしたオービスが発するレーダー波を探知して位置を知らせるシステムでした。

しかし、最近の標準的なオービスはレーダー波を出さなくなりました。

それではどのようにしてレーダー波を出さないオービスの位置を特定しているのでしょうか。

最近のレーダー探知機はGPS情報を連動させてオービスが設置されている位置をマップに表示します。

それによって、ドライバーはオービスの場所を事前に把握することが可能です。

レーダー探知機は、全国各地の検問データも収録しています。

各種取り締まりポイントに近づくと警報で注意を促すので、ドライバーは安心して検問エリアを通過できるわけです。

まず安全運転に気をつけることがドライバーに課せられた義務ですが、人通りの少ない道路ではスピードを出しすぎてしまうこともあるでしょう。

あらゆる事態に備えてレーダー探知機を導入することも、一種の安全対策といえます。

自分に合う機種を探せ!レーダー探知機の選び方

何が必要?

この項目では、レーダー探知機を選ぶ際に押さえておきたいポイントを紹介します。

GPS情報が更新しやすいモデルを選ぶ

最近のレーダー探知機の生命線ともいえるGPS機能ですが、データが更新されないままでは役立てることができません。

レーダー探知機を販売する代表的なメーカーのうち、コムテックとセルスターの2社は自分でデータをダウンロードして本体を更新するなら無料です。

一方、ユピテルは有料のみで本体のデータ更新を行っています。

若干損にも思えるユピテルのレーダー探知機ですが、登録されている情報の質と量が充実していることから愛用するユーザーは多いです。

なお、ユピテルも警察が発表する公開取締情報と速度取締り指針のデータ更新は無料となっています。

ユーザーの報告も参考にして取り締まり情報をアップデートしている更新データもあります。

その場合は、スピード違反の取り締まりが厳しい地域に住んでいるなら、頻繁に更新したほうが便利にレーダー探知機を使えるでしょう。

通常のレーダー探知機は、メーカーサイトから最新データをダウンロードしたSDカードを本体に挿入して更新作業を行う方法が一般的です。

手動でデータ更新をするモデルより価格は高めですが、無線LAN機器を経由して常時最新データに更新可能なモデルもあります。

その他にメーカーからデータが入ったSDカードを購入する方法や、本体をメーカーに直接送って更新してもらう方法もあります。

しかし、これらは有料なのでPCが使える環境ならまず必要ないでしょう。

注意点として、発売から数年経った型落ちモデルは本体のデータ更新が行えなくなります。

常に最新のデータに更新しておきたいなら、なるべく新しい機種を買いましょう。

機能を吟味する

レーダー探知機は、さまざまな機能をアピールする商品が多いです。

しかし、自分が使わないような機能ばかり搭載した商品を購入して、むやみに導入コストを増加させる必要はありません。

一部のオービスはまだレーダー波を発するタイプが使用されています。

GPSデータの更新でも完全な対処が不可能な小型オービスのレーダー波を受信できる機種は便利です。

ただし、レーダー波を発しない小型オービスは増えてきているため、あまり過信しすぎないほうがいいでしょう。

カーナビと同じように走行中の車やオービスの位置を地図上に表示する「フルマップ表示」も、最近は搭載している機種が増えてきています。

車の速度やエンジンの状態などの車両情報を取得することでGPSが途切れても自車の位置を見失わないようにする「OBD2接続」というものがあります。

そちらと組み合わせれば、より便利にレーダー探知機を活用することが可能です。

また、GPSが途切れやすいトンネル内で自車の位置を捕捉するために、進行方向やカーブの角度を検知するジャイロセンサーというものもあります。

こちらは、性能が高めのモデルに搭載されています。

市街地の運転にはあまり出番のない機能なので、郊外や地方へ足を運ぶ機会が多いドライバーにおすすめです。

ドライブレコーダーとの連動モデルでは、ドライブレコーダー側にレーダー探知機のGPS情報やをOBD2情報を渡すことが可能になります。

互いの長所を利用した連携ができるので、レーダー探知機と一緒にドライブレコーダーの導入を検討している方にピッタリの機能です。

その他にも利便性を高めるための機能はたくさんありますが、必要とする機能は個人によって差があるでしょう。

自分が欲しいと思う機能をチェックして、条件に適したレーダー探知機を探してください。

インターフェイスは自分好みに

性能が高いレーダー探知機でも、画面が見づらい、警報音やアナウンス音声が自分に合っていないなどの不満がある場合もあります。

そのような時は、すぐに使わなくなってしまうでしょう。

液晶画面のサイズや表示項目の数は、自分が求める情報の量に従って決めてください。

警報は音だけで十分だというドライバーには、画面がないタイプのレーダー探知機もあります。

商品ページの画像をよく観察することも大切ですが、可能ならカー用品店などで実物に触ってみるといいかもしれません。

運転中に気が散るレーダー探知機は逆に危険なアイテムとなってしまいますから、慎重に選びましょう。

コレが人気!おすすめのレーダー探知機ランキングTOP16

今回はAmazonで扱っているレーダー探知機を、16位までのランキングで紹介します。

16位:セルスター AR-11AMZ

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 10.1 x 2.45 x 5.6 cm

多くの衛星に対応

16位は、セルスターの「AR-11AMZ」です。

欧州初の測位衛星「ガリレオ」を含む6種類70基の衛星に対応していて、いつでも自車の位置を見失わずにドライブができます。

住宅地などに存在する速度取り締まり区域「ゾーン30」のエリアをマップに表示してくれるため、事前に取り締まりポイントを迂回することも可能です。

小型オービスのレーダー波受信には対応していませんが、GPSに登録された場所では警告を出してくれます。

別売りのOBD2アダプターを使えば、さらに使い勝手が上がるでしょう。

15位:コムテック ZERO 803V

コムテック ZERO 803V

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 11.9 x 2 x 6.5 cm

スマートに設置

コムテック ZERO 803V

15位は、コムテックの「ZERO 803V」です。小型オービスのGPS情報だけでなく、一部のレーダー波を発する小型オービスにもダブルで対応しています。

画面の前で手を振って各種操作が行えるモーションセンサー搭載で、直観的なシンプル操作が可能です。

コムテック製のドライブレコーダーとの相互通信に対応しているので、連動させれば運転がさらに便利になるでしょう。

ゾーン30や各取り締まりポイントのピックアップもしっかりしたドライブの味方です。

14位:セルスター AR-W91GM

デバイス ミラー型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 30.2 x 2 x 7.9 cm

スタイリッシュなミラー型

14位は、セルスターの「AR-W91GM」です。

ミラーに警告画面を表示するレーダー探知機は、ダッシュボード周りをスッキリさせたい方におすすめのモデルになっています。

車内も洗練された雰囲気になるのではないでしょうか。

ドライブレコーダーとの相互通信、OBD2接続に対応、各種取り締まり情報の充実で、とても使いやすいレーダー探知機です。

価格の高さがネックですが、機能とデザインを両立したモデルが欲しいユーザーには検討する価値があります。

13位:セルスター レーザー受信機 AL-01

デバイス 一体型
データ更新 無料(PCやスマホを使わないプランは有料)
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 37 x 41 x 26 mm

広角レーザーでの受信!

13位は、セルスターのレーザー受信機「AL-01」です。

最速で広角レーザーでの受信が可能なため、素早く広い範囲での警告が可能です。

受信レベルを2段階で判定するので取り締まりの危険度が把握できる優れものです。

何より受信の精度が高いので、安心して利用することができます。

セーフティレーダーに接続してレーザー式オービス対応にすることも可能です。

シガーライター用のDCコードも付属しているので単体でも接続できるものとなっています。

12位:セルスター AR-353GA

セルスター AR-353GA

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 22.5 x 1.12 x 5.6 cm

どこでもカンタンにデータ更新

セルスター AR-353GA

12位は、セルスターの「AR-353GA」です。

無線LANで無料のデータ更新が行えるため、常に最新のデータでドライブが楽しめます。

待受画面は、さまざまな自分好みのカスタマイズが可能です。

ドライブレコーダーとの連動やOBD2接続で見やすい画面を作っていけば、さらに安全で快適な運転が楽しめるようになるでしょう。

ユーザーが取り締まりポイントなどの情報を投稿できるアプリの「ASSURA+Link」に対応していて、最新の取り締まり情報をリアルタイムで入手できます。

11位:コムテック ZERO 705V

コムテック ZERO 705V

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 10.2 x 2.38 x 5.7 cm

小型オービスへの対抗馬

コムテック ZERO 705V

11位は、コムテックの「ZERO 705V」です。

小型オービスの新取締周波数帯に対応していて、GPSとレーダー波の受信でダブルの警報を発します。

路上に設置された3タイプの小型オービスを識別し、それぞれの専用グラフィックで警告を促すものとなっています。

そのため、ドライバーは小型オービスの種類を容易に判別可能です。

その他の性能も高い水準を誇り、都会での運転にもバッチリ対応できます。

オプションの無線LAN内蔵SDHCカードがあれば、データの自動更新や取り締まり情報の投稿もできます。

10位:セルスター VA-910E

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 10.1 x 2.45 x 5.6 cm

速度超過を防止


10位は、セルスターの「VA-910E」です。

取り締まりエリアでの制限速度表示が可能なポイントの増加やGPSデータ更新による小型オービスやゾーン30への対応もしています。

細かな対応によって、スピードに気をつけた安全運転ができるようになっています。

オービスに対する警告表示は、道路の様子をCGで知らせる「リアルCG警告」があります。

そのほかにも、シンプルなアイコンの「らくらくモード」があり、二つから選んで表示することが可能です。

9位:ユピテル GWR403sd

デバイス 一体型
データ更新 有料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 10.6 x 1.7 x 6 cm

高機能の最上位モデル

ユピテル GWR403sd

9位は、ユピテルの「GWR403sd」です。

CGと実写を組み合わせた警報画面で、従来よりさらにドライバーに注意を促すことが可能になりました。

事故が多発する踏切の場所を600以上登録しているので、安全に用心することができます。

道路標高データを収録したことで、自車が走る位置との高低差がある場所のオービスなどは検知しません。

高速道路の最高速度引き上げ区間にも対応していて、最高速度110km/hの区間に入ったら自動的に知らせてくれます。

充実の高性能モデルは、今後もデータ更新で機能がアップデートされていく予定です。

高速道路を安心して走りたいユーザーにピッタリのレーダー探知機といえるでしょう。

8位:コムテック ZERO 304V

コムテック ZERO 304V

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 8.3 x 2 x 4.8 cm

超小型サイズの高性能モデル

コムテック ZERO 304V

8位は、コムテックの「ZERO 304V」です。

これまでよりもさらに小型のボディで、どこにでもセットして使えます。

性能も一回り大きいモデルに劣らず、小型オービスへのダブル対応などはバッチリです。

最高速度が切り替わる取り締まりスポットを「速度警戒ポイント」として警告してくれるものとなっています。

走行中に突然制限速度が引き下げられたときも安心して対応できます。

業界トップクラスの小ささを誇るレーダー探知機は、サイズに見合わぬ高性能をドライバーに体験させてくれることでしょう。

7位:コムテック ZERO 704V

コムテック ZERO 704V

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 10.2 x 2.38 x 5.7 cm

多様な警報パターン

7位は、コムテックの「ZERO 704V」です。

オービスとの距離が縮まるごとに3Dマップ表示とアナウンスで警告を行い、通過が完了するまで運転をサポートします。

その他の警報は待機画面に割り込む形で表示されるため、警報の種類を見分けやすいでしょう。

OBD2接続で画面が切り替わった状態でも、スマート警報で画面表示を変えることなくドライバーに脅威を伝えることが可能です。

ドライブレコーダーとの相互通信、無線LANのデータ更新にもオプションで対応しています。

6位:コムテック ZERO 903VS

コムテック ZERO 903VS

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 10.5 x 2.29 x 5.67 cm

外部機器と連携

コムテック ZERO 903VS

6位は、コムテックの「ZERO 903VS」です。

このモデルは本体に無線LANが内蔵されていて、取り締まり現場を通過する際に検知したレーダー波をコムテックのサーバーに送信することで、ユーザー間の情報共有スピードを早めてくれます。

リモコンが手元にないときも、操作感のいいプッシュ/レバースイッチで本体のすべての操作が可能です。

ドライブレコーダー相互通信やOBD2接続で連動性を高めれば、さまざまな機能で運転が楽になるでしょう。

5位:セルスター AR-W81GA

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 11.3 x 2.2 x 6.2 cm

タッチ操作でラクラク表示

セルスター AR-W81GA

5位は、セルスターの「AR-W81GA」です。

スマホと同じ要領で操作できるタッチパネルを搭載していて、画面の拡大縮小や切り替えが楽になっています。

別売りのリモコンにも対応しますが、最近はスマホやタブレットに触れる機会も多いので、必要に応じて購入するといいでしょう。

無線LAN、OBD2接続、ドライブレコーダーの相互通信に対応したレーダー探知機で、総合力の高さも魅力です。

4位:ユピテル GWR303sd

ユピテル GWR303sd

デバイス 一体型
データ更新 有料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 10.6 x 1.7 x 6 cm

見やすい画面表示

ユピテル GWR303sd

4位は、ユピテルの「GWR303sd」です。

ユピテルが誇る40年以上のノウハウを結集して、分かりやすさと使いやすさが両立しています。

これまでに紹介したモデルの機能はほぼ網羅しているため、高性能を求めるユーザーも大満足でしょう。

画面上で設定が分からない項目を長押しすると説明が表示されるので、説明書の確認が必要なくて便利です。

安全運転支援機器と連動させれば、運転中のドライバーを常に見張って安全に走行できます。

3位:コムテック ZERO 602V

コムテック ZERO 602V

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 10.5 x 2.28 x 5.7 cm

シンプルな頼れる相棒

コムテック ZERO 602V

3位はコムテックの「ZERO 602V」です。

2016年発売モデルなので機能面で最新機種に一歩譲りますが、必要最低限の性能を備えています。

GPSデータは更新で対応できますから、機能面に問題がなければお得なモデルといえるでしょう。

シンプルリモコンで操作も簡単になっており、スマートなブラックの本体が車内によく溶け込みます。

2位:コムテック ZERO 100L

コムテック ZERO 100L

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 6.35 x 7.65 x 1.4 cm

画面が不要ならコチラ

コムテック ZERO 100L

2位は、コムテックの「ZERO 100L」です。

薄くて小さいボディは画像のとおりに画面がなく、置くように設置できるスマートなレーダー探知機になっています。

GPS機能もしっかり搭載されていて、画面付きのモデルと変わらない使用感で使うことが可能です。

間違えてなくしてしまいそうなほど小さい本体は、車内をスッキリさせてくれます。

1位:コムテック ZERO 703V

デバイス 一体型
データ更新 無料
小型オービス対応
本体サイズ(幅 × 奥行き × 高さ) 10.8 x 2.12 x 5.98 cm

コスパよし、性能よし

栄えある1位は、コムテックの「ZERO 703V」です。

小型オービスダブル対応、ドライブレコーダーとの相互通信、OBD2接続、オプションの無線LANなどに対応しています。

コムテックのレーダー探知機で押さえておきたいポイントをしっかりカバーしています。

こちらも2017年製モデルですが、性能に関しては折り紙付きです。

オプション品はすべて別売りですから、必要なものを揃えて使いましょう。

まとめ

レーダー探知機の上位21機種を紹介しましたが、必ずしも最新モデルが売れているとは限らないようです。

レーダー探知機本体のデータは随時更新できるため、1年前の型落ちモデルを安い値段で買うことも、お得な買い物テクニックかもしれません。

今回の記事ではあまり触れませんでしたが、無線受信のバンド数は5つあるタイプで十分です。

一般ドライバーは警察の取り締まりに使われる「350.1Mhz」の無線電波を受信できれば問題ありません。

警察無線のデジタル化が進んでいるので重要視する機能ではなくなるでしょう。

スピード違反の取り締まり対策をメインに購入するユーザーが多いレーダー探知機ですが、普段からの安全運転を心がけるようにしてください。

とにかく高性能・多機能の商品がどんどん市場に投入されているので、自分に必要な機能を見極める目を養うことも重要です。

みなさんもレーダー探知機を搭載した車で、楽しく安全なドライブに出かけましょう。