普段使いにはコレ!3万円台格安ノートPC最強おすすめランキング

最近ゲーミングPCのような高スペックのパソコンが話題になっていますが、ネットの閲覧やかんたんなソフトしか使わないようなユーザーには、少々過剰なスペックではないでしょうか。

PCスペックをフル活用するような使い方をしないなら、DellやASUS、レノボといったメーカーが3万円台で販売しているノートPCのほうがお得です。クリエイティブな作業には向きませんが、普段使いなら十分耐えられるでしょう。

今回は3万円台格安ノートPCのおすすめ商品を、最新版のランキングで紹介していきます。

利便性で選ぶ!3万円台格安ノートPCの選び方

使いやすい!

3万円台のノートPCはCPU性能があまり高くなく、普通に使えば動くレベルです。ウェブブラウザを開きながら音楽を聴いて動画も編集するなど、複数のソフトを同時に立ち上げるヘビーな使い方には向かないでしょう。

たくさんのソフトを同時に使用するマルチタスクで作業がしたいユーザーは、処理能力を左右するコア数が多いプロセッサー(CPU)を搭載したノートPCがおすすめです。最近はノートPC用の第8世代CPUが登場しましたが、3万円台のモデルに搭載されることはまずありません。

この価格帯のOSはWindowsがほとんどで、一部にGoogleのChrome OSを搭載した機種もあります。いろいろなソフトをインストールするユーザーは、対応するソフトが多いWindowsを搭載したノートPCを買いましょう。

ストレージの種類

最近のパソコンに使われているストレージ(記憶装置)は、主にHDD、SSD、eMMCとなっています。HDDは長年パソコンを使っている方にはおなじみのハードディスクを利用したストレージで、SSD・eMMCの2種類はフラッシュメモリーを利用したストレージです。

ノートPCは外に持ち運べることが大きな利点ですが、周知のようにHDDは衝撃に弱く、時には内部のデータが破損することを覚悟しなければなりません。衝撃に強いSSD・eMMCはそういった面で心配が少ないですが、コストの問題でHDDと比較して容量が大幅に少ないです。eMMCはスマホなどにも使われる小サイズ・省エネのストレージではありますが、容量がSSDよりさらに少なくなっています。

以上のことから、データの保存容量はハードディスクに、耐久性ではフラッシュメモリーに軍配が上がります。主に自宅でノートPCを使うユーザーはHDD搭載モデルが、ノートPCを外へ持っていく機会が多いユーザーはSSD・eMMC搭載モデルがおすすめです。

また、SSDやeMMCはデータの処理速度でもHDDより優れています。容量の少なさは外付けHDDやオンラインストレージでカバーできるため、動作に快適性を求めるユーザーはSSD・eMMC搭載モデルを買ったほうが、製品の満足度が高くなるでしょう。

画面サイズと重量に注意

3万円台で買えるノートPCの液晶サイズは、最小10インチ前後、最大15.6インチほどです。モバイルサイズに分類される11インチ以下のモデルは持ち運びに便利ですが、画面やキーボードは小さめで、光学ドライブは搭載されていません。A4サイズに分類される15インチ以上のモデルは、デスクトップPCとほとんど変わらない使い方ができますが、大きくて重量もあるので持ち運びには不便です。

最近モバイルサイズは、タブレットとキーボードを組み合わせた多機能型のタブレットPC、俗にいう「2in1タブレット」が多いため、モバイル用の純粋なノートPCを探すことは逆に難しいかもしれません。

中間のB5サイズに分類される11~14インチのモデルは、屋内、屋外のどちらでも使いやすいスペックになっています。自宅でも学校でもノートPCを使う必要がある学生には、この辺りのサイズがおすすめです。最近のノートPCはほぼ無線LAN搭載モデルなので、外でもネットやメールの送受信ができます。

自分の用途に合わせたサイズを買わないと、実際にノートPCを使う場面になって苦労してしまうでしょう。ノートPCのサイズ選びは慎重に行ってください。

最低限動くメモリ容量は4GB

格安ノートPCの大半は、4GBか2GBのメモリを搭載したモデルを選択することになります。2GBのモデルだと、ブラウザで複数窓を立ち上げたり、ソフトを同時起動すると処理が重くなるかもしれません。現在の標準OSであるWindows 10が普通に動くようにするなら、メモリは4GBを搭載したモデルがベターといえます。

低価格帯のノートPCのメモリ交換は、内部を分解して行わなければならないモデルも多く、素人による改造は危険です。どんな使い方でも快適に動くマシンが欲しいユーザーは、もう少し上の価格帯の商品を検討してみてください。ノートPCと一緒にメモリを新品で購入する場合、合計金額はあまり変わらなくなるでしょう。

3万円台格安ノートPCランキングTOP20

これから紹介するのは、Amazonで3万円台で買える格安ノートPCを20位までまとめたランキングです。

19位:マウスコンピューター MT-WN1001

マウスコンピューター MT-WN1001

画面サイズ 10.1インチ
OS Windows 10 Home
CPU Intel Atom x5-Z8300
ストレージ eMMC:64GB
メモリ容量 2GB
バッテリー駆動時間 6.7時間

便利な2in1タブレット

マウスコンピューター MT-WN1001

最近の10.1インチモデルで主流の2in1タブレットです。マグネット式のキーボードを外すことで、タブレットとしても使用できます。用途に応じた使い分けができるので、仕事とプライベートで別々の楽しみ方ができるでしょう。

IEEE 802.11 b/g/nの無線LAN規格に対応していて、micro HDMI外部出力端子やUSB3.0ポートも備えているため、外部機器との連携にも強いです。Microsoft Office Mobileが標準搭載されているので、ビジネスで持ち歩く際の強い味方になってくれます。

18位:GRAFU S141

画面サイズ 14インチ
OS Windows 10 Professional
CPU Intel Atom x5-Z8350
ストレージ eMMC:32GB
メモリ容量 2GB
バッテリー駆動時間 5-8時間

軽くて高性能

GRAFU S141

14インチで重量1.3kgの軽量設計ノートPCです。携帯に便利な充電式の無線マウスが付属して、外でも大画面で作業ができます。最低限必要なソフトがひと通りインストールされているので、開封後すぐに使用可能です。

ストレージが32GBと少々心もとないですから、外部ストレージで対応したほうがいいかもしれません。この価格でOSはWindows 10 Professional、ライセンス認証済みのMicrosoft Office 2010もありますから、コスパは優秀であるといえるでしょう。

13位:HP Chromebook 11 G3

HP Chromebook 11 G3

画面サイズ 11.6インチ
OS Chrome OS
CPU Intel Celeron N2830
ストレージ SSD(eMMC):16GB
メモリ容量 4GB
バッテリー駆動時間 8時間

Chrome OSを搭載

HP Chromebook 11 G3

起動の速さが自慢のChrome OSを搭載したノートPCです。Windowsと比較すると一瞬ともいえる処理速度は、とにかく速さを求めるユーザーにピッタリではないでしょうか。

Windowsで使えるソフトとの互換性が少ないデメリットはありますが、普段からGoogleが提供するサービスを利用しているユーザーなら違和感なく使えます。ストレージ容量にこだわらず、サクサク動かせるノートPCが欲しい方におすすめです。

12位:Lenovo 80XF002AJP

Lenovo 80XF002AJP

画面サイズ 10.1インチ
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Atom x5-Z8350
ストレージ eMMC:64GB
メモリ容量 2GB
バッテリー駆動時間 11.3時間

スタイリッシュに持ち運べる

Lenovo 80XF002AJP

Lenovoが販売する2in1タブレットです。タブレットの状態では550g、キーボードを取り付けてノートPCにしても約1.02kgと軽量で、どんな場面でも常に携帯しておくことができます。

USB3.0 Type-Cポートを搭載しているため、他のタブレットやスマホとの接続もしやすいです。光沢のあるプラチナシルバーの本体は、鞄から覗くとかっこいいでしょう。

11位:ASUS E200HA-8350B/A

ASUS E200HA-8350B/A

画面サイズ 11.6インチ
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Atom x5-Z8350
ストレージ eMMC:32GB+MicroSD:32GB
メモリ容量 2GB
バッテリー駆動時間 9.5時間

サブマシンに最適

ASUS E200HA-8350B/A

過不足ない機能で、コスパが良好なノートPCです。約9.5時間のバッテリーで外への持ち出しに強く、大きめのタッチパッドがマウスがない状況でも作業を快適にしてくれます。

外出先での文書作成などに力を発揮するノートPCは、サブ用に持っておいても損はないでしょう。容量を拡張可能なメモリーカードスロットに加え、オンラインストレージの「ASUS Webstorage」が2年間無料で利用できます。

10位:Lenovo 80M3005WJP

Lenovo 80M3005WJP

画面サイズ 15.6インチ
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Celeron N3050
ストレージ HDD:500GB
メモリ容量 4GB
バッテリー駆動時間 4.6時間

家ではこの1台でOK

Lenovo 80M3005WJP

15.6型に必要な機能が詰まったノートPCです。DVDスーパーマルチドライブを搭載しているので、CDなども問題なく再生できます。メモリを最大8GBに換装できるため、動作が重たく感じても安心です。

大きさと重さから持ち運びには適していませんが、家でゆっくり作業をしたいユーザー向けのノートPCとしては、かなりの優等生といえるでしょう。Windows 10に最適なIEの後継ブラウザ「Microsoft Edge」も搭載されています。

9位:マウスコンピューター WN892V2

マウスコンピューター WN892V2

画面サイズ 8.9インチ
OS Windows 10 Home 32bit
CPU Intel Atom x5-Z8300
ストレージ フラッシュメモリ:32GB
メモリ容量 2GB
バッテリー駆動時間 5.75時間

超小型・超軽量

とにかく小さくて軽い2in1タブレットです。8.9型液晶ディスプレイにマルチタッチパネルを搭載しているため、Windows 10の操作感を最大限活かして使用できます。

本体約383gの超軽量ボディなので、家ではノートPC、外ではタブレットといったようにフレキシブルな使い分けができるでしょう。タブレットのみでは物足りなくて、ノートPCを持ち歩くのは疲れるという方におすすめです。

7位:ASUS X453SA-3050

ASUS X453SA-3050

画面サイズ 14インチ
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Celeron N3050
ストレージ HDD:500GB
メモリ容量 2GB
バッテリー駆動時間 5.3時間

DVDが見られる14型ノートPC

ASUS X453SA-3050

14型でDVDスーパーマルチドライブを搭載したノートPCです。この価格帯の14型でDVDドライブを備えたモデルは珍しく、DVDやCDの作成にも使えます。ストレージは500GBのHDDを備えているため、データの保存容量も十分でしょう。

ただ、メモリ容量が標準で2GBと心もとなくなっています。自分の腕では交換作業が難しいと判断した場合、他のモデルを探すほうが無難です。メモリを標準のままにして使用するなら、あまり複雑な作業はしないマシンと割り切って使ってください。

4位:ASUS T102HA-8350W

ASUS T102HA-8350W

画面サイズ 10.1インチ
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Atom x5-Z8350
ストレージ eMMC:64GB
メモリ容量 4GB
バッテリー駆動時間 12.6時間

指紋認証が可能

ASUS T102HA-8350W

セキュリティにも配慮された2in1タブレットです。Windows 10に内蔵された「Windows Hello」の機能に対応した指紋センサーを備えていて、パスワードを入力しなくても指でセンサーに触れることで安全なログインができます。

タブレットの状態でも自立するキックスタンドがあるので、キーボードを外して持ち歩いてもテーブルに置きやすいです。重量はキーボード込みで790gですから、手提げバッグに入れても腕が疲れないでしょう。

3位:Smart-Japan NP11-64-W

Smart-Japan NP11-64-W

画面サイズ 11.6インチ
OS Windows10 Professional
CPU Intel Atom Z3735F
ストレージ eMMC:64GB
メモリ容量 2GB
バッテリー駆動時間 3-6時間

普段使いなら問題なし

Smart-Japan NP11-64-W

到着してすぐ使えるノートPCです。Microsoft Office 2010などを主要なソフトがインストール済みで、一般的な用途には問題なく使えます。本体の一番薄い部分の厚みは7mmで、重量は750gと携帯性に関しては抜群です。

このモデルもメモリは2GBしか搭載していないので、普段使い以上のスペックを求める方には向きません。あくまでネットや単純作業用のマシンとして割り切りましょう。

2位:ASUS T101HA-GRAY

ASUS T101HA-GRAY

画面サイズ 10.1インチ
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Atom x5-Z8350
ストレージ eMMC:64GB
メモリ容量 2GB
バッテリー駆動時間 13.6時間

ゆとりある長時間バッテリー

ASUS T101HA-GRAY

スタミナたっぷりの2in1タブレットです。最大で半日以上駆動するバッテリーを使っているため、遠方への旅行中もバッテリー切れを心配しないで使えます。

明るいディスプレイにインターフェイスも充実しているので、さまざまな使い方ができるでしょう。タブレットとキーボードは180°反転させた状態でも接続できますから、どんどん使い方の発想が広がります。

まとめ

3万円台の格安ノートPCでも、選べる種類はたくさんあります。商品の傾向としては、やはり持ち運びに適したモデルが人気のようです。格安ノートPCも使い方によっては、値段以上の価値が得られるでしょう。

見た目で選んでもいいですし、自分が気に入った機能で選んでも大丈夫です。キーボードの仕様など、確認不足で自分が使いづらいモデルを選ばないようにしてください。

格安PCに標準でインストールされているオフィスソフトなどは、利用期間に制限が付けられていることがあります。もしライセンスを更新しない場合は、使用期限が近づいたらスムーズに移行できるように別のソフトを準備しておくと安心です。

時にはメーカー直販サイトでお得なセールを開催することもありますから、そこから掘り出し物を探してもいいかもしれません。低価格帯のノートPCも続々新製品が出ているので、CPUなどの世代の変わり目に型落ち品を探すのもいいでしょう。

今回は紹介していませんが、東芝のような有名メーカーの中古のノートPCに、新品のパーツを組み込んで販売しているモデルもあります。高性能のノートPCがお得に買えるので、コンディションを気にしない方にはおすすめです。

みなさんも3万円台格安ノートPCを使って、日常生活を便利にしてみてください。