【テプラの最強おすすめランキング】お名前シール作りに最適なテプラは?

テプラは、ラベルシールやお名前シールなどを作成する小型家電で、「ラベルライター」や「テープライター」と呼ばれることもあります。ボタンを押したり、現在はアプリなどを使用してラベルテープを作ることができるテプラもたくさん販売されています。幼稚園や小学校の入学時期などに活躍するテプラですが、テプラにはさまざまな種類があり、その機能も、テプラによって大きく違ってきます。

「キングジム」や「ブラザー」などの有名なメーカーからもたくさんのテプラが販売されていますが、テプラにはいったいどのような種類の物があるのでしょうか。今回は、テプラのおすすめ人気ランキングや、テプラの選び方について解説していきます。

テプラの選び方は?

ラベルテープを貼った瓶

テプラは、家電量販店や、Amazonなどの通販サイトでも、たくさんの種類が販売されていますが、たくさんの種類の中から、どのようなポイントを抑えてテプラを購入すれば良いのでしょうか。テプラの選び方について解説します。

絵文字やフォントの種類

テプラを選ぶ時には、絵文字やフォントの種類から選ぶことがおすすめになります。テプラでは、お子さんのお名前シールを作ることができたり、自宅の収納にラベルを貼って活用するなど、さまざまな用途に活用することができます。

絵文字やフォントの種類が豊富な場合、たくさんのバリエーションの中から文字や絵文字を選ぶことができるので、オリジナリティあふれるお名前シールを作ることができたり、可愛くおしゃれなラベルテープを作ったりすることも可能になります。

シンプルなラベルシールのみで満足という人は、絵文字やフォントの種類にこだわる必要はありませんが、可愛くおしゃれなラベルシールを作成したいという方は、絵文字やフォントの種類が豊富なテプラを選ぶことがおすすめになります。

テープの対応幅

ラベルテープ、リボンテープ

テプラは、ラベルテープを作成するための家電ですが、ラベルテープの幅もたくさんの幅があります。使いやすいメジャーなラベルテープの幅は、だいたい8mm~12mmくらいの幅のテープですが、小さなものにテープを貼りたい場合は、もっと文字ラベル幅の狭いラベルテープに対応している必要があります。

また反対に、ステッカーを作るなど、大きめのテープを使用する場合は、幅の広いテープに対応しているテプラを選ぶ必要があります。

テープの対応幅によって、作成できるラベルテープも違ってくるので、使用する用途や目的、作りたいラベルテープのデザインなどを考慮してテプラのテープ対応幅を選ぶことが大切になります。

本体の大きさ

テプラを選ぶ時には、本体の大きさから選ぶこともおすすめになります。テプラ本体の大きさは、コンパクトなタイプは片手で操作できるほどの大きさの物もありますが、大きなサイズの物の場合は、デスクの一角を占領するくらいの大きなサイズのテプラもあります。

オフィスなど、普段から日常的にテプラを使用する場合は、テプラ専用のスペースを設けることもあるでしょうが、たまに使用する程度なら、コンパクトで収納しやすいサイズのテプラを購入することがおすすめになります。

電源の種類

テプラを選ぶ時には、電源の種類から選ぶこともおすすめになります。テプラの電源の種類はさまざまで、ACアダプターから電源を確保するタイプのテプラや、USBから電源を確保するタイプ、または、電池式のタイプなど、さまざまな電源の種類があります。

電池式のタイプのテプラの場合は、コンセントの場所を気にすることなく使用することができる反面、日常的にテプラを使用する場合には、何度も電池替えの必要があるなど、面倒な側面もあります。

また、ACアダプターから電源を確保するタイプのテプラは、電池の減りを気にすることなくテプラが使用できる反面、コンセントの場所を考慮してテプラを使用する必要があります。

電源の種類によって、使用場所やランニングコストも違ってくるので、普段どのくらいの頻度でテプラを使用するのか、また、どんな場所でテプラを使用するのかなどをよく考慮して、テプラを選ぶことがおすすめになります。

オートカッター機能

テプラには、オートカッター機能という機能が付いたテプラがあります。オートカッター機能は、連続でラベルテープを印刷した時に、テープの幅を指定して、自動でテープをカットしてくれる機能のことです。

お名前シールを何十枚、何百枚と印刷する際には、このオートカッター機能がついていることで、何度もハサミなどでテープをカットする必要がなく、非常に便利です。

また、業務用でテプラを使用する場合も、このオートカッター機能がついてることで、大幅な手間と時間の短縮になるので、おすすめの機能になります。

テープカートリッジを購入できる場所

テプラを購入する時には、替えのテープカートリッジを購入できる場所も、事前に確認した方が良いでしょう。テープの替えが近くの家電量販店に無かったり、Amazonなどの通販サイトでも数が少ない場合は、必要な時に替えテープを購入することができず、非常に不便な思いをすることがあります。

そのため、テプラの購入前に、替えテープカートリッジを購入できるお店やサイト、替えのテープカートリッジの種類などもよく確認するようにしましょう。

スマホアプリやパソコンと連動できるかどうか

テプラの中には、スマホアプリやパソコンと連動して操作をできるタイプのテプラも販売されています。スマートフォンのアプリと連動することで、テプラの小さい画面で文字やフォント・絵文字などを確認する必要がなく、代わりに使い慣れたスマートフォンの画面でテープの出来上がりを確認することができるので、非常に便利でおすすめです。

また、スマートフォンのアプリから操作ができることで、思い立った時にテープのデザインを考え、保存しておくこともでき、移動中や外出時にテープのデザインを作成することもできます。

パソコンと連動することができるテプラは、パソコンの画面でラベルテープのデザインを作成することができるので、こちらも大きな画面で出来上がりを確認することができ、出来上がりのテープがイメージしやすくおすすめです。

印刷できるラベルの種類

テプラの中には、ラベルテープ以外にも、リボンやマスキングテープ、リボンテープなどに印刷することができるテプラも販売されています。リボンに文字や絵文字を印刷し、ラッピングの際に活用したり、マスキングテープに文字を印刷してメモ代わりにして使用するなど、さまざまな用途で使用することが可能です。

また、ラベルテープの中でも、カラーラベルが豊富なテプラもあるので、そういったテプラを使用することで、より華やかでオリジナリティがあるラベルテープを作成することができます。

テプラのおすすめ人気ランキングTOP10

テプラにはたくさんの種類がありましたが、家庭用や仕事用で使いやすいテプラは、どんなテプラがあるのでしょうか。テプラのおすすめ人気ランキングを紹介していきます。

10位「キングジム」 ラベルライター ラベルプリンター テプラPRO SR3500P

キングジム ラベルライター ラベルプリンター テプラPRO SR3500P

おすすめ度
テープ対応幅 4mm~24mm
オートカッター機能 あり
電源の種類 ACアダプター
他機種との連動 パソコン

パソコンと接続可能なバーコード印刷もできるテプラ

キングジム ラベルライター ラベルプリンター テプラPRO SR3500P

キングジム ラベルライター ラベルプリンター テプラPRO SR3500P

テプラのおすすめ人気ランキング第10位は、「キングジム」 ラベルライター ラベルプリンター テプラPRO SR3500Pです。USBを使用してパソコンと接続することが可能なテプラで、専用ソフトを使ってラベルテープのデザインを作成することができます。

バーコード印刷も可能なので、お店やオフィスなど、業務用の使用もおすすめのテプラになります。対応テープ幅も幅広く、さまざまなサイズのラベルテープを作ることができおすすめです。

デメリットとしては、Wi-Fiや、パソコン以外の機器に対応していないので、パソコンをお持ちの方しか使用できない点です。家庭用としては若干使い辛さがあるテプラになります。

9位「キングジム」キングジム テプラPRO SR5900P

キングジム キングジム テプラPRO SR5900P

おすすめ度 ★★
テープ対応幅 4mm~36mm
オートカッター機能 あり
電源の種類 ACアダプター
他機種との連動 パソコン・iPhone・スマートフォン・タブレット

パソコンと接続可能な多機能テプラ

キングジム キングジム テプラPRO SR5900P

キングジム キングジム テプラPRO SR5900P

テプラのおすすめ人気ランキング第9位は、「キングジム」キングジム テプラPRO SR5900Pです。USBやWi-Fiなどを使用してパソコンと連動することができるテプラで、パソコンで作成したデータを、テプラから印刷することが可能です。専用のラベルソフトがあるので、使い慣れたパソコンのキーボードを使用して簡単にデザインの作成を行うことができます。

また、専用のアプリをダウンロードすれば、スマートフォンやiPhone、タブレットなどとも連動することができ、非常に便利でおすすめです。

テープ幅も4mm~36mmと豊富で、ステッカーなどの大きなラベルテープを作成する際にもおすすめのテプラになります。マスキングテープやリボンなどにも印刷することが可能なので、さまざまな用途に使用することができます。

デメリットとしては、本体がかなり大きめで重く、ACアダプターの電源にしか対応していないので、持ち運びなどには向かず、設置スペースも設ける必要があることです。テプラを頻繁に使用する、オフィスなどでの使用がおすすめになります。

8位「ブラザー工業」 ラベルライター P-touch J100 スヌーピーライトブルー

ブラザー工業 ラベルライター P-touch J100 スヌーピーライトブルー PT-J100SL

おすすめ度 ★★
テープ対応幅 3.5m~12mm
オートカッター機能 なし
電源の種類 乾電池
他機種との連動 なし

スヌーピーデザインの可愛らしいコンパクトなテプラ

テプラのおすすめ人気ランキング第8位は、「「ブラザー工業」 ラベルライター P-touch J100 スヌーピーライトブルーです。スヌーピーのデザインの、可愛らしいテプラで、コンパクトなサイズで乾電池式なので、持ち運びにも便利なテプラになります。

従来の携帯電話「ガラケー」を操作するように使用することができるので、文字や絵文字の入力が簡単で、お子さんの使用もおすすめになります。

ミッキーマウス・スヌーピーなどのキャラクターのテンプレートラベルがあるので、ラベルテープのデザインも可愛らしく、お名前シール作りにぴったりです。本体はコンパクトですが、液晶画面は大きめなので、見やすく出来上がりもイメージやすくなっています。

デメリットとしては、電源の種類が乾電池のみなので、電池交換の手間があることと、機能がシンプルなので、大量にラベルテープを印刷する際にはおすすめできません。

7位「カシオ」 ラベルライター ネームランド エントリーモデル KL-P30GY

カシオ ラベルライター ネームランド エントリーモデル KL-P30GY

おすすめ度 ★★
テープ対応幅 3.5mm~18mm
オートカッター機能 なし
電源の種類 ACアダプター・乾電池
他機種との連動 なし

家庭用におすすめのコンパクトサイズのテプラ

カシオ ラベルライター ネームランド エントリーモデル KL-P30GY

カシオ ラベルライター ネームランド エントリーモデル KL-P30GY

テプラのおすすめ人気ランキング第7位は、「カシオ」 ラベルライター ネームランド エントリーモデル KL-P30GYです。家庭用におすすめの、コンパクトなデザインのテプラで、乾電池でも使用できるので、持ち運びにも便利です。

テープ幅は、3.5mmから対応しているので、小さいラベルテープを作りたいときにも活躍します。液晶画面は大きめでくっきりと文字が見えるので、使いやすく、お子さんの使用もおすすめになります。

また、グレーとブルーの2種類のカラーから選ぶことができるので、お好みのカラーのテプラを選ぶことができます。

デメリットとしては、機能性がイマイチで、オートカッター機能などは搭載していないので、主に家庭用での使用がおすすめのテプラになります。

6位「キングジム」ラベルライター テプラPRO SR670

キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR670

おすすめ度 ★★★
テープ対応幅 4mm~24mm
オートカッター機能 あり
電源の種類 ACアダプター・乾電池
他機種との連動 パソコン

オフィス向けスタンダードモデルのテプラ

キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR670

キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR670

テプラのおすすめ人気ランキング第6位は、「キングジム」ラベルライター テプラPRO SR670です。オフィス向けのスタンダードなモデルのテプラで、機能もシンプルで使いやすい、おすすめのテプラになります。

このテプラの最大の特徴は、印刷速度が速く、スピード印刷を行えることです。従来のテプラの2倍の速さでラベルテープを作成することができるので、より効率的にラベルテープを作成することができます。また、オートカッター機能を搭載しているので、大量にラベルテープを印刷する際にも便利でおすすめです。

USBを使用してパソコンとも接続することができ、パソコンのデータを反映させてラベルテープを作ることができるので、テプラの小さいキーボードが苦手という方にもおすすめになります。

このテプラのデメリットとしては、デザインが若干ダサいことと、上位機種のテプラに比べて機能がシンプルなので、文字の装飾などには向いていない点です。オフィスなどでの使用におすすめのテプラになります。

5位「カシオ」 ラベルライター メモプリ Wi‐Fi対応 ホワイト MEP-F10-WE

「カシオ」 ラベルライター メモプリ Wi‐Fi対応 ホワイト MEP-F10-WE

おすすめ度 ★★★
テープ対応幅 9mm~18mm
オートカッター機能 なし
電源の種類 ACアダプター
他機種との連動 iPhone・iPad・iPodTouch・パソコン・スマートフォン

iPhoneとの相性抜群のテプラ

「カシオ」 ラベルライター メモプリ Wi‐Fi対応 ホワイト MEP-F10-WE

「カシオ」 ラベルライター メモプリ Wi‐Fi対応 ホワイト MEP-F10-WE

テプラのおすすめ人気ランキング第5位は、「カシオ」 ラベルライター メモプリ Wi‐Fi対応 ホワイト MEP-F10-WE です。このテプラの最大の特徴は、Apple製品であるiPhoneやiPadなどとのダイレクトな接続が可能で、専用アプリを使用することで、iPhoneやiPad上で作成したラベルテープのデザインを印刷することが可能です。また、Apple製品のみならず、Wi-Fi環境がある場合は、パソコンやスマートフォンからも接続が可能になります。

一度印刷したラベルテープを記憶しているので、再度同じラベルテープを印刷することもでき、非常に便利でおすすめのテプラになります。カシオの独自開発テープで、何度でも貼ったり剥がしたりすることが可能なので、間違えて貼ってしまった場合や、スケジュール帳などにメモ代わりに張り付けるのもおすすめになります。

デメリットとしては、テープの対応幅が少ないので、小さな物や、反対に大きな物にラベルテープを使用したい場合には、対応できない点がデメリットと言えるでしょう。また、オートカッター機能などの便利な機能も搭載していないので、大量にラベルテープを印刷する際にも不便になります。

4位「ブラザー工業」 ラベルライター P-TOUCH CUBE PT-P300BT

「ブラザー工業」 ラベルライター P-TOUCH CUBE PT-P300BT

おすすめ度 ★★★
テープ対応幅 3.5mm~12mm
オートカッター機能 なし
電源の種類 ACアダプター・乾電池
他機種との連動 スマートフォン・iPhone

アプリ連動型のスタイリッシュなテプラ

「ブラザー工業」 ラベルライター P-TOUCH CUBE PT-P300BT

「ブラザー工業」 ラベルライター P-TOUCH CUBE PT-P300BT

テプラのおすすめ人気ランキング第4位は、「ブラザー工業」 ラベルライター P-TOUCH CUBE PT-P300BTです。特徴的なのはこのフォルムで、まるでスマートフォンやiPhoneのアプリのアイコンのような形をしている、スタイリッシュなデザインです。

実際にスマートフォンやiPhoneのアプリと連動させることができ、専用のアプリを使用してラベルテープのデザインを作成することができます。いつも使い慣れたスマートフォンやiPhoneでラベルテープの作成ができるので、テプラ特有の細かいボタンを使用することなく、簡単にラベルテープを作成することができます。

テープの色などもしっかりと識別してプレビューを作成することができるので、ラベルテープの出来上がりをイメージしやすく、テプラ初心者も使いやすいおすすめのテプラになります。

ただし、オートカット機能などの便利な機能は搭載していないので、業務用などでの利用はおすすめできません。

3位「カシオ」 ラベルライター ネームランド KL-TF7 スタンダードモデル

「カシオ」 ラベルライター ネームランド KL-TF7 スタンダードモデル

おすすめ度 ★★★★
テープ対応幅 3.5mm~24mm
オートカッタ―機能 あり
電源の種類 ACアダプター
他機種との連動 なし

テープ対応幅が豊富なテプラ

「カシオ」 ラベルライター ネームランド KL-TF7 スタンダードモデル

「カシオ」 ラベルライター ネームランド KL-TF7 スタンダードモデル

「カシオ」 ラベルライター ネームランド KL-TF7 スタンダードモデル

テプラのおすすめ人気ランキング第3位は、「カシオ」ラベルライター ネームランド KL-TF7 スタンダードモデルです。スタンダードなテプラですが、このテプラの最大の特徴は、テープ対応幅が豊富なことです。3.5mm~24mmのテープに対応しているので、さまざまな物にテプラで作成したラベルライターを使用することができます。

ファイルの背表紙などにはもちろん、幅が狭いテープを使用すれば、小さい文房具などにもラベルテープを貼ることができ、非常に便利です。

また、オートカット機能はもちろんのこと、ハーフカット機能が搭載されているので、テープを貼る時に台紙からはがしやすく、台紙からはがれにくいというイライラを解消することができます。

下位機種のテプラにはない便利な機能がたくさん搭載されたテプラで、使い勝手が良く、オフィスなどでの使用がおすすめのテプラになります。

2位「キングジム」ラベルライター「テプラ」PRO SR170

キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR170 SR170

おすすめ度 ★★★★
テープ対応幅 4mm~18mm
オートカッター機能 あり
電源の種類 ACアダプター・乾電池
他機種との連動 お名前タグメーカー

お名前タグが作れる機能性抜群なテプラ

キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR170 SR170

キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR170 SR170

テプラのおすすめ人気ランキング第2位は、「キングジム」ラベルライター「テプラ」PRO SR170です。スタンダードなモデルのテプラで、機能性重視のテプラになります。文字サイズや縦横の切り替えなど、よく使用する機能はワンタッチで切り替えることができ、使い勝手が良くおすすめです。

この機種の最大の特徴は、「お名前タグ」を作成できる点です。別売りのお名前タグメーカーを使用すれば、簡単にお名前タグを作ることができるので、お子さんの持ち物の管理にも非常に役立ちます。また、リボンカートリッジを使用すれば、リボンにも文字や絵文字を印刷することができ、お子さんが喜ぶ機能が満載に詰まったおすすめのテプラになります。

オートカッター機能も搭載しているので、たくさんのラベルテープを作成しても、カットの手間なく、手軽に使用することができ、お名前シールを大量に作成する際にも便利でおすすめです。カートリッジの交換も、テプラ表面のカバーを開けるだけで簡単に行うことができ、シンプルな構造で使いやすく、おすすめのテプラになります。

1位「キングジム」ラベルライター テプラPRO SR-GL1

キングジム ラベルライター テプラPRO SR-GL1 シェルピンク

おすすめ度 ★★★★★
テープ対応幅 4mm~18mm
オートカッター機能 あり
電源の種類 ACアダプタ・乾電池
他機種との連動 なし

可愛いフォントやフレームがたくさんのラベルライター

キングジム ラベルライター テプラPRO SR-GL1 シェルピンク

キングジム ラベルライター テプラPRO SR-GL1 シェルピンク

テプラのおすすめ人気ランキング第1位は、「キングジム」のラベルライターテプラPRO SR-GL1です。可愛らしいデザインのテプラで、女性やお子さんなどに特におすすめのテプラになります。

可愛らしいのはデザインだけではなく、ラベルテープに印刷することができる文字のフォントや、絵文字の種類も豊富で、フレームも豊富な種類あるので、自分の好みの可愛らしいお名前シールや、ラベルテープを作成することが可能です。使用できる絵文字も細部までこだわったデザインで、細かい線や点もしっかりと印刷でき、印刷品質も高くおすすめです。

また、「イニシャルマーク機能」を搭載しているので、簡単に自分のイニシャルをモチーフにしたマークを作成することができ、お名前シール代わりに自分の持ち物にテープを貼って楽しむことが可能です。

最大の特徴としては、「リボン」にも文字や絵文字などを印刷することが可能で、ラッピングに使用するリボンに文字や絵文字を印刷して装飾することが可能なので、さまざまな用途に活用することができます。

オートカッター機能も搭載しているので、連続印刷の際も、カットの手間がなく、使い勝手が良いおすすめのテプラになります。

テプラの活用方法は?

テプラにはたくさんの種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。テプラによって使い勝手も大きく違ってきますが、そんなテプラの中から自分に合ったテプラを購入したら、今度はテプラを活用することが大切になります。テプラにはいったいどのような活用方法があるのでしょうか。

お名前シール作りに活用

赤ちゃん、名前シール、名札

テプラの活用方法として、お名前シール作りに活用すると言う活用方法があります。一般的な活用方法で、主にこの目的でテプラを使用しているという人も多いでしょう。

特に、お子さんが幼稚園や小学校に進学すると、持ち物には何でも名前を書く必要があります。中でも面倒なのは、色鉛筆などの小さくて量の多い持ち物です。何個もお名前を書かなくてはいけないうえ、サイズが小さいので、手書きで書くのはとても大変になります。

そんな時にテプラが大いに活躍してくれます。小さい物にラベルテープを貼る場合は、テープ幅を狭い物にしたり、文字の大きさを調整することで、手書きでは書けないような、小さな文字でお名前シールを作ることも可能です。

また反対に、大きめの物にお名前シールを貼る場合や、お名前を目立たせたい場合は、幅の広いテープにお名前を印刷し、ステッカーのような形で使用することも可能です。

入学・入園シーズンの、お子さんの持ち物の名前付けに、ぜひテプラを活用してみてくださいね。

収納のラベルとして活用

テプラは、お部屋の片づけや収納にも活用することができます。中身の見えない収納ボックスにラベルテープを貼ることで、一目で中身を確認することができたり、散らかりがちな書類やプリントなども、ファイルに入れてテプラでラベルを作れば、収納や片付けもとても簡単になります。

また、物の場所をラベルテープを貼って示すことで、家族間で収納場所を共有することもできるので、誰かひとりだけではなく、家族みんなが片付けや収納をしやすい環境にすることもできます。

テプラを収納や片付けの際に活用して、お部屋をきれいな状態に保ってみてくださいね。

まとめ

今回は、テプラの選び方や、テプラの人気ランキング、テプラの活用方法などについて紹介・解説しました。テプラにはたくさんの種類がありましたが、それぞれのテプラで、機能や作成できるテープのデザイン、価格などが大きく違ってきます。

今回解説したテプラを選ぶポイントや、人気ランキングを参考にしていただき、使い勝手が良く、使用する用途に合ったテプラを選び、活用してみてくださいね。