乾杯に!ご褒美に!スパークリングワインのおすすめ人気ランキング20選

パーティーでの乾杯に、がんばった自分へのご褒美に、誕生日や結婚記念日のお祝いに、とさまざまなシーンで飲まれることが多いスパークリングワイン。プレゼントに贈っても喜ばれることが多く、最近はバルや居酒屋、焼肉屋、寿司屋など、たくさんの飲食店でも飲むことができるようになりました。

外食や飲み会だけでなく、毎日の食事のお供にもぴったりなスパークリングワインですが、自宅で楽しむならできるだけリーズナブルに、でも飲み飽きない味わいのものに出会いたいと思いませんか?

そこで今回は、スパークリングワインを選ぶときにチェックしてほしいポイントと、口コミ人気が高くインターネットで購入可能なアイテムをランキング形式でご紹介したいと思います。

ワイン好きの人も、そうじゃない人もこれを読んだらきっとスパークリングワインが飲みたくなりますよ!

スパークリングワインとは?

スパークリングワインとは

シュワシュワとした炭酸が最大の特徴であるスパークリングワイン。その名のとおり炭酸ガスが含まれた発泡性のワインの総称で、一般的には3気圧以上のガス圧を持ったものをスパークリングワインと呼びます。3気圧以下のものは弱発泡性ワインと呼ばれています。

スパークリングワインは普段の食事と一緒に、気軽に楽しめるのが魅力。食事中はもちろん、食前酒としても、食後のデザートと一緒に飲んでも相性抜群ですよ!

スパークリングワインには大きく分けて、ワインのボトルに充填後、瓶内で発酵、熟成した際に自然発生した二酸化炭素が溶け込んでいるものと、人工的に二酸化炭素を入れ込んだものがあり、つくりかたによって味わいや価格が変わってきます。

ワインなので、アルコール度数はビールなどより高めのものが多いですが、炭酸のシュワシュワとした軽い飲み口は、アルコールが得意ではない人や女性にも受け入れられやすく、近年国内産、外国産ともにアイテム数が増えています。

スパークリングワインとシャンパンの関係性

スパークリングワインとシャンパンの関係性

日本では、発泡性のワインの総称として「シャンパン」という単語が使われることがあり、スパークリングワイン=シャンパン、と思われている人も多いですが、これは間違い。発泡性のワインということで、シャンパンはスパークリングワインの一種、という位置づけです。

シャンパンという名称は、フランスのシャンパーニュ地方で作られ、かつ、決められた製造方法を守り、瓶内で二次発酵させるシャンパーニュ方式によって作られるなど、フランスの原産地呼称委員会が定めたAOC法の条件を満たしたスパークリングワインのみが正式に使うことができます。

ちなみに、高級品として知られている「ドン・ペリニヨン(通称ドンペリ)」や「モエ・エ・シャンドン」はシャンパンに分類されます。

シャンパン製法で作られていたとしても、シャンパーニュ地方以外の地域で作られたスパークリングワインがシャンパンと名乗ると違法になります。地域や製法を細かく規定することで品質を守っており、シャンパンはまさに最高級のスパークリングワインなのです。

【至福のひととき】スパークリングワインの選び方

スパークリングワインの選び方

おいしいスパークリングワインをどうやって選んだらいいか?それはワイン好きにとって、答えのない永遠のテーマではないでしょうか。それでも注目するポイントをしぼって選ぶと、その時々にふさわしいスパークリングワインをチョイスすることができるかもしれませんよ!

それではどんな点に注目して選んだらいいか、くわしくご紹介したいと思います。

製造方法をチェック

ワインを選ぶときには、まずラベルをチェックすると思います。ワイン世界各国で作られており、製造方法もさまざま。ラベルのどこを見たらいいか迷いますよね?そんなときに見てほしいのが商品名です。商品名を確認すると、ある程度の製造方法を知ることができます

シャンパンは、瓶内二次発酵をさせて、発酵後も熟成や澱引きをするなど、最も手間がかかる「シャンパーニュ方式」で作られたスパークリングワインだ、ということをご紹介しました。

そのため、シャンパーニュ地方以外の地域で、瓶内で二次発酵が行われるシャンパーニュ方式で作られたスパークリングワインは、比較的おいしいものが多いと言われています。

フランス産なら「クレマン(Cremant)」、イタリア産なら「フランチャコルタ(Franciacorta)」、ドイツ産なら「ゼクト(Sekt)」、スペインなら「カヴァ(CAVA)」と表示があるスパークリングワインは、シャンパーニュ方式で作られているので、一度は試してみるといいと思います。

甘口?辛口?アルコール度数も見逃せない

スパークリングワインは、炭酸の爽やかさもあいまって、食事に合わせて飲むのもおすすめです。さわやかな炭酸が料理の脂っこさをすっきり流してくれたり、繊細な味わいの和食にも合わせやすいスパークリングワインなど、さまざまなマリアージュが楽しめます。

そのため、味のタイプで選ぶのもおすすめです。ラベルに甘口、辛口などの表示があれば、合わせる料理の種類や好みの味わいを選ぶといいですし、フランス語の場合は「Brut・ブリュット(辛口)」「Extra sec・エクストラ セック(半辛口)」「Sec・セック(半甘口)」「Demi sec・ドゥミ セック(甘口)」「Doux・ドゥ(甘口)」といった表記がありますので、参考にして選んでみましょう。

また、アルコール度数も重要なチェックポイントです。デザートにはフルーティーで甘め、アルコール度数が低めのスパークリングワインがおすすめ。食事に合わせるならすっきりとした辛口の味わいで、11度から12度程度のスパークリングワインが相性が良いので、目安にしてみてくださいね。

シャンパングラスに注いだときの見た目も重要

スパークリングワインには発泡しないワインと同じように、赤タイプ、白タイプ、ロゼタイプがあります。グラスに注いだときの見た目も重要!インスタ映えを狙うなら色にも注目しましょう。それぞれの色によって味わいが異なりますよ。

赤のスパークリングワインは、通常あまり冷やさないで飲む赤ワインの味わいを冷やして飲むことができ、お肉料理にも合わせやすいです。白のスパークリングワインは、比較的軽い飲み口で、さっぱりした料理からこってりした食材まで、幅広く合わせやすいと思います。

ロゼのスパークリングワインは、赤と白の中間的な立ち位置なので万能と言えます。ロゼワインは見た目が華やかなので、パーティードリンクにもぴったり!合わせる料理やシーンによって選んでみるといいのではないでしょうか。

プレゼント?デイリー用?用途でチョイス

スパークリングワインには、コンビニで購入できるリーズナブルなものから、ドン・ペリニヨン、通称ドンペリのような高級なものまで、幅広いアイテムが数多くあります。そのため、味わいや見た目とともに、価格が重要になってきます。

プレゼントとして選ぶなら、少しだけ値が張るスパークリングワインを選ぶと、お祝い感が演出でき、その場の空気も華やぎますね。逆に自宅で飲むデイリー用ならコスパ重視!リーズナブルな価格のものでも十分においしいアイテムはたくさんありますので、スパークリングワインを飲むシーンや用途によって上手に使い分けましょう。

おしゃれに楽しむ!スパークリングワインのおすすめ人気ランキング20選

それではここから、選び方のポイントを踏まえたおすすめのスパークリングワインをランキング形式でご紹介します。

20位:蒼龍葡萄酒 スパークリング マディコンコード

蒼龍葡萄酒 スパークリング マディコンコード

原産国 日本
中口
アルコール度数 11%
赤タイプ
内容量 750ml

にごりタイプの赤スパークリング

米国ワシントン州で収穫されたコンコード葡萄果汁を原料にした赤タイプのスパークリングワインです。オリに含まれている旨味成分を最後まで引き出させるためににごりがあり、濃い赤紫色でフレッシュで深い味わいです。

思ったよりも甘みが強い、という口コミもありますが、酸化防止剤無添加で、女性やお酒が得意ではない人にも飲みやすい、口当たりが軽いスパークリングワインです。

19位:モマンドール ブリュット

モマンドール ブリュット

原産国 スペイン
辛口
アルコール度数 8.5%
白タイプ
内容量 750ml

日本人の好みに合わせて開発

フレシネとサントリーが共同開発したスパークリングワインです。日本人の味の好みに合った、軽やかでさわやかな口当たりが特徴の白タイプ。レモンを思わせる酸味と香りがあり、果実味そのままの味わいが楽しめるスパークリングワインです。

肉料理や魚料理、海鮮料理にも合わせやすく、和風料理にも◎。幅広い料理と相性が良いワインです。

18位:フレシネ セミセコ ロゼ

フレシネ セミセコ ロゼ

原産国 スペイン
やや辛口
アルコール度数 12%
ロゼタイプ
内容量 750ml

女子ウケ抜群!ロゼカラー

スペインを代表するカヴァのワイナリーのスパークリングワインです。フランボワーズやイチゴの香りと味が広がり、酸と甘みのハーモニーがちょうどいいバランス。フレッシュでフルーティーな味わいが好みの人におすすめのアイテムです。

スパイシーな料理や甘いソースを使った料理などに合わせやすい味で、見た目も華やかなスパークリングワインです。

17位:北海道ワイン おたる ナイヤガラスパークリング

北海道ワイン おたる ナイヤガラスパークリング

原産国 日本
甘口
アルコール度数 10%
白タイプ
内容量 720ml

国産ぶどう100%使用

フルーティな味わいが人気の「おたる」ナイヤガラワインのスパークリングタイプです。外国産ぶどう原料を一切使用せず、国産ぶどう100%で醸造しており、ブランドぶどう「ナイヤガラ」の華やかなマスカットの香りが広がります。

ワインが苦手な人にも飲みやすい甘口の味わい。北海道土産としても人気の逸品です。

16位:テタンジェ ブリュット レゼルヴ

テタンジェ ブリュット レゼルヴ

原産国 フランス
辛口
アルコール度数 12%
白タイプ
内容量 750ml

受賞歴多数の辛口タイプ

フランスのシャンパーニュ地方、テタンジェ社のシャンパンです。複数のヴィンテージをバランス良くブレンドして、セラーで最低3年間熟成。手間暇かけて作られています。エレガントでバランスの取れたフレッシュな味わいが特徴。

シャンパンの中では比較的リーズナブルで、記念日の乾杯用や手土産にも用意しやすい、という口コミが多く見られるアイテムです。

15位:カフェ・ド・パリ ブラン・ド・フルーツ ピーチ

カフェ・ド・パリ ブラン・ド・フルーツ ピーチ

原産国 フランス
甘口
アルコール度数 6%
白タイプ
内容量 750ml

ピーチのフレーバーが華やか

フランスのペルノ社の白タイプのスパークリングワインです。太陽の恩恵をたっぷり受けた6種のぶどうがブレンドされており、自然のものから抽出した完熟ピーチの濃厚なフレーバーとマイルドな口当たりで女性からの人気が高いアイテムです。

アルコール度数6%で程よい甘口のテイストだから、比較的軽い飲み口。前菜やデザートにも合わせやすく、お酒が苦手な人の乾杯用のスパークリングワインにぴったりですよ。

14位:マルティーニ アスティ・スプマンテ

マルティーニ アスティ・スプマンテ

原産国 イタリア
甘口
アルコール度数 7.5%
白タイプ
内容量 750ml

マスカットがさわやかな飲み口

イタリアで150年以上の歴史を持つ老舗ブランドの白スパークリングワインです。モスカート・ビアンコ種100%で作られており、芳醇な甘みとフルーティーでさわやかなマスカットの香りが楽しめます。しっかり冷やして乾杯用にぴったり。

すっきりとした甘さなので、食事をしながらでも飲みやすいと思います。気軽に飲めるパーティードリンクとしても人気があり、スーパーマーケットやコンビニでも比較的手に入れやすいアイテムですね。

13位:ローラン・ペリエ ブリュット L・P

ローラン・ペリエ ブリュット L・P

原産国 フランス
辛口
アルコール度数 12%
白タイプ
内容量 750ml

英国王室御用達シャンパン

英国王室御用達のシャンパンです。ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式の夜、チャールズ皇太子主催の晩餐会でこちらのシャンパンが招待客に振る舞われたそうです。シャンパンのスターンダードクラスでは珍しいレベルでシャルドネの比率が高く、シャルドネ50%、ピノノワール35%、ピノムニエ15%という配分で使用されています。

瓶熟期間も36ヶ月取っており、法定熟成期間の倍以上の時間をかけて作られています。フレッシュさとエレガントさがバランス良く感じられる辛口の味わいで、大切なひとや、特別なときのギフトにぴったりのアイテムです。

12位:シャンドン ブリュット

シャンドン ブリュット

原産国 オーストラリア
辛口
アルコール度数 12%
白タイプ
内容量 750ml

モエ・エ・シャンドン社の伝統を受け継ぐ

モエ・エ・シャンドン社の伝統を受け継いだオーストラリア産のスパークリングワインです。シャンパンと同じ品種、同じ製法で作られており、芳醇な味わいをリーズナブルに楽しむことができる、と人気があるアイテムです。

フレッシュシトラスのような、ピュアな果実味がさわやかな風味。トラディショナルな味わいなので、オードブルからシーフードのメイン料理まで、幅広い料理と相性抜群ですよ。

11位:タヴェルネッロ ランブルスコ ロッソ

タヴェルネッロ ランブルスコ ロッソ

原産国 イタリア
甘口
アルコール度数 8%
赤タイプ
内容量 750ml

リーズナブルな赤タイプ

イタリアのエミリア・ロマーニャ州で作られる微発泡ワインです。軽い甘さと赤い色合い、華やかなバラの香り、芳醇なベリーのフルーツフレーバーが女子ウケ必至!少し冷やして飲むとおいしいですよ。

1,000円以下で購入できるコストパフォーマンスの高さも◎。ピザやパスタにはもちろん、生ハムなどのアンティパストに合わせやすいスパークリングです。

10位:マンズワイン 甲州 酵母の泡

マンズワイン 甲州 酵母の泡

原産国 日本
辛口
アルコール度数 11%
白タイプ
内容量 720ml

酵母の泡を味わえるキューヴ・クローズ製法

山梨県産甲州種100%使用のスパークリングワインです。甲州種特有の上品な香りとやわらかい酸味のバランスが良く、タンクの中で二次発酵させるキューヴ・クローズ方式を採用して作られているので、長時間持続する、繊細できめ細やかな泡が特長。炭酸ガス注入式ではできない、口どけの良い泡が楽しめます。

日本産のスパークリングワインは和食との相性が抜群!白身の刺身や天ぷら、鍋料理にもぴったりです。

9位:モエ・エ・シャンドン ネクター アンぺリアル ロゼ

モエ・エ・シャンドン ネクター アンぺリアル ロゼ

原産国 フランス
甘口
アルコール度数 12%
ロゼタイプ
内容量 750ml

ボトルが光ってゴージャス演出OK

大人気モエ・エ・シャンドン社のロゼタイプのシャンパンです。フルーツの力強い香りとリッチな味わいは女性に人気が高く、深いコーラルピンクの泡は見た目にもキュートでインスタ映えしますよ!

こちらのボトルの底にはLEDライトがついているので、カッティングされたボトルが美しく輝きます。パーティーやお祝いの席でゴージャスな演出をしたいときにぴったりのアイテムですね。アウトドアのバーベキューにもおすすめです。

8位:ヴィッラ ヨランダ モスカート ダスティ

ヴィッラ ヨランダ モスカート ダスティ

原産国 イタリア
甘口
アルコール度数 5.5%
白タイプ
内容量 750ml

マスカットの甘い香りがクセになる

北イタリア産の微発泡性の甘口ワインです。マスカットで作られているので、マスカットのさわやかでフルーティーな風味が口いっぱいに広がります。アルコール度数5.5%だから、アルコール初心者や、お酒が苦手だけど少しだけ飲みたい、という人に人気の高いスパークリングワインです。

デザートやチーズなどに合わせるとおいしくいただけますよ。

7位:ロジャー・グラート カヴァ ゴールド ブリュット

ロジャー・グラート カヴァ ゴールド ブリュット

原産国 スペイン
辛口
アルコール度数 テキスト
白タイプ
内容量 750ml

リッチでバランスのとれた辛口

人気の名門カヴァブランドのスタンダードな白スパークリングワインです。ペネデス地区で収穫される3種類のぶどうから最高品質のもののみを厳選、贅沢に使用しています。数々の金賞受賞歴を誇り、世界中で幅広く親しまれています。

グラートカヴァロゼブリュットも人気が高いですが、こちらも日本国内でも圧倒的な人気を誇り、食前酒としても人気。洋食だけでなく、和食にもよく合う味わいです。

6位:ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット

ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット

原産国 フランス
辛口
アルコール度数 12%
白タイプ
内容量 750ml

名門の定番アイテム

フランス・シャンパーニュ地方のラグジュアリーブランドの名門ヴーヴ・クリコ社のシンボル的なシャンパンです。フルーティな香りと軽めのさわやかな味わいが特徴で、シーフードやスモークハム、サラダにもぴったり。肉料理などのこってりしたものも炭酸がさっぱりさせてくれるのでおすすめですよ。

プレゼントや特別な日にはもちろん、自分へのご褒美にこっそり開けたい1本です。

商品の詳細

5位:フレシネ コルドン・ネグロ カヴァ

フレシネ コルドン・ネグロ カヴァ

原産国 スペイン
辛口
アルコール度数 12%
白タイプ
内容量 750ml

手に入れやすいのも魅力

フレシネコルドンネグロは、フレシネの顔とも言えるブランドで、ブラックボトルがトレードマークのスパークリングワインです。瓶内二次発酵で作られたスペインを代表するカヴァで、柑橘系の香りとキリッとした酸味のさわやかな口当たりが特徴。グラスも一緒にキンキンに冷やして飲むとおいしいですよ!

リーズナブルな価格で、スーパーマーケットやコンビニでも手に入れやすいアイテムだから、お酒売り場で一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。普段の食事にも合わせやすく、デイリー用にも飲みやすい、という意見が多いスパークリングです。

4位:モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル

モエ・エ・シャンドンモエアンペリアル

原産国 フランス
辛口
アルコール度数 12%
白タイプ
内容量 750ml

お祝いに飲みたいシャンパン

270年以上もフランス・シャンパーニュ地方に君臨する最高級メゾンのシャンパンです。モエ・エ・シャンドンは自社畑を多く所有しており、そこで獲れた上質なぶどうを使って、長年培ってきたワイン造りのノウハウと近代的設備で高品質なシャンパンを作り続けています。

モエ・エ・シャンドンモエアンペリアルは、バランスの良いエレガントな味わいで、モエ・エ・シャンドンのアイコン的シャンパン。前菜からメイン、デザートまであらゆる料理と一緒においしくいただけます。プレゼントやお遣い物にすると喜ばれますよ。

3位:ヴィッラ サンディ プロセッコ DOC

ヴィッラ サンディ プロセッコ DOC

原産国 イタリア
辛口
アルコール度数 11%
白タイプ
内容量 750ml

イタリアンとご一緒に

イタリア産の果実味がほんのり感じられる辛口スパークリングワインです。独自の製法でよりフレッシュなスパークリングワインやスプマンテを製造しているブランドで、フルーティーですっきりとした飲み口が特徴です。

やわらかい泡の口当たりで、魚介系のパスタやピザに合わせると最高、という口コミが多く、食事に合わせやすい味わい。カジュアルなパーティーや飲み会を華やかに彩ってくれること間違いなしです!

2位:バロークス スパークリング缶ワイン 白

バロークス スパークリング缶ワイン 白

原産国 オーストラリア
辛口
アルコール度数 13%
白タイプ
内容量 250ml×24本

保管しやすい缶入りタイプ

ストックして置きやすい、世界初の缶入りタイプのスパークリングワインです。ワイングラス約2杯分、1缶250ml入りで飲みきりサイズ。常温保存可能で、グラスもコルク抜きも不要だから持ち運びもらくらくで、アウトドアやお花見、花火大会など、オープンエアーで楽しむのにぴったりです。

ワインの品質も◎で、オーストラリアのワイン銘醸地、ハンターバレー産の減農薬完熟ぶどうだけを使った良質のワイン。一度にはたくさん飲めないけど、スパークリングワインを飲むのは大好き、という人におすすめのアイテムです。

1位:サンテロ 天使のアスティ

サンテロ 天使のアスティ

原産国 イタリア
甘口
アルコール度数 8%
白タイプ
内容量 750ml

コスパが高いスパークリング

イタリアのスパークリングワイン生産者として世界中で大人気のサンテロの逸品。天使のアスティは、マスカットのさわやかな風味を持つ甘口のスパークリングワインです。さっぱりとした甘さのある味わいで、女性を中心に世界的にも人気の高いアイテムです。

ラベルデザインに天使が描かれているのが印象的で、1,500円以下で購入できるというお手頃な価格も高評価。アルコール初心者や、普段お酒をあまり飲まない人も飲みやすい、という意見が多くみられ、Amazonのスパークリングワインカテゴリでベストセラー1位常連の定番ワインです。

まとめ

いかがでしたか?気になるスパークリングワインは見つかりましたか?

普通の赤ワインや白ワインにも発酵、熟成の過程で微量の炭酸ガスが含まれるものもありますが、食事のはじめにシュワッと爽快な炭酸と軽い飲み口の求めるなら、スパークリングワインがおすすめですよ。

シャンパングラスにチェリーやイチゴを浮かべれば、リーズナブルなスパークリングワインもゴージャスに変身!インスタ映えすること間違いなしです。今回ご紹介したアイテムを参考にして、今夜のディナーのお供にスパークリングワインを選んでみませんか?